ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

2014年11月29日

2014年11月

ガンバが好きすぎて 関大に来た英国人留学生

トーマスさん2ガンバが好きすぎて、関大に来ちゃいました。関西大学文学部に通う英国バーミンガムからの留学生トーマス・バーチさん(21)が、関大生やJリーグ・ガンバ大阪サポーターの間で話題になっている。【写真・ガンバ愛を語るトーマス・バーチさん=関西大学南千里国際学生寮(撮影・金洋秀)】

Youは何しに日本へ?テレビ番組風に聞いてみると「ガンバのために来た。ガンバの全部が好き」と即答した。9月に来日後、なんとG大阪の公式戦19戦のうち15戦を生観戦。11月22日の浦和戦は、サポーターの車に乗せてもらい寮のある吹田〜埼玉スタジアムを往復した。26日の天皇杯準決勝・清水戦は、千里山キャンパスでの授業後に新幹線で味の素スタジアムに直行。翌日飛行機で寮に帰阪する強行スケジュールだ。

もともと関西や大阪に興味があった。ひいきのチームを作ろうと、ネットで見たガンバの試合に心を奪われた。在学する英国イースト・アングリア大の教授に、ガンバの本拠地にキャンパスがある関西大学への留学を直訴。新スタジアムへの建設募金にも、5万円寄付したという。「ゴール裏の雰囲気は最高。応援の仕方やチャント(選手・チームへの応援歌やコール)。ガンバ大阪のサポーターはやっぱり熱いと思いました。プレミアリーグの応援よりも熱い」と語気を強めた。

青い目には、青と黒の戦士がまぶしく映っている。「攻撃的なサッカーが好き。藤春廣輝、佐藤晃大のプレーも好き。内田達也がすごく好きだけど、見に行った練習試合で…」と、左膝を負傷したMFを気づかう。授業がない日は、万博グラウンドでの練習も見学。“好き”という日本語を連発して、ガンバへの愛を表現する。

関大に留学に来てから、G大阪はナビスコ杯Vを決めた。リーグ優勝、天皇杯制覇との3冠も視野に入る快進撃。トーマスさんは長谷川健太監督(49)にも顔を覚えられるラッキーボーイとなっている。逆転勝利を決めたナビスコ杯決勝は、埼玉スタジアムのスタンドで涙を流したが「思ったより泣きませんでした。でも、リーグ優勝したら泣くと思う」と、チームの奇跡を信じている。
トーマスさん

2014年11月27日

2014年11月

関大前最大約3メートルのクリスマスツリー登場

クリスマスツリーでかっ!フタバボウル関大前店4階のボウリング場に、関大前最大!?となる高さ約3メートルのクリスマスツリーが登場した。【写真・フタバボウルに飾られている高さ3メートルのクリスマスツリー】

毎年、11月下旬からクリスマス当日まで設置されている。2010年には1階エレベーター横に飾られていたツリーが、忽然と姿を消す盗難の憂き目にも遭った。今年は20日にお目見え。早くも関大生がツリーをバックに写真を撮る姿が多く見られた。

同店2階のカラオケプラス前には、空気で膨らんだサンタが煙突から飛び出すムービングサンタも。フタバカラオケプラス店長の北尾真智子さん(41)は「動画を撮るお客様もいらっしゃいます。関大前のクリスマスムードがもっと盛り上がれば」と、クリスマス装飾で学生街のムードを高めている。

2014年11月25日

2014年11月

チャレンジャー閉店 関大前からゲーセン消滅

チャレンジャー2関大前唯一のゲームセンター・チャレンジャー関大前店が、24日の営業をもって閉店した。同店は1982年(昭和57)にオープン。32年にわたって関大生に親しまれてきたが、最近はソーシャルゲームの台頭で学生のゲーセン離れが顕著に。今年4月の消費税増税が追い打ちをかけた。

最後の夜となった24日は、午前中から閉店を惜しむ常連客が多く詰めかけた。関西大学経済学部出身で、同店で遊ぶうちにバイトから店長になった高橋芳彦さん(32)は「関大生の頃から客として通っていて、軽く車が買えるくらいお金は使っている。10年来の居場所というか、遊び場がなくなる。今は実感がないですが、関大前にふらっと来て、入口や何もない店内を見たら喪失感を感じるのかな…」と表情を曇らせた。

最盛期8軒あった関大前のゲーセンが、すべて消滅。フタバボウルのゲームコーナーを残すのみとなった。ゲーセンの閉店は全国的な現象で、高橋さんは「学生がアーケードゲーム(ゲーセンや遊園地などのゲーム)をやらないというか、学生街にゲームセンターがあることの意味がなくなっている。通信ゲームが主体になってコストも増加し、消費税のアップ分を料金に上乗せできなかった」と、ゲーム業界の厳しさを説明する。

かつては早朝まで営業するゲーセンが乱立し、ネオンのまぶしさから不夜城と呼ばれた関大前。回収した100円玉を載せた軽トラが、重みでパンクしたという伝説もある。【写真上・最終日に多くの客が詰めかけたチャレンジャー関大前店 写真下・閉店時刻の午前0時を越え、32年の歴史に幕が閉じられた】

最新ゲームがいち早く集まることから、ゲーマーの間でも有名だったチャレンジャー。「ここがなくなったら、もうアーケードゲームをやらないと思う」と話す高橋さんの背中は、やはり寂しそうだった。
【関連記事】チャレンジャー閉店 関大前からゲーセン消える-2014年11月9日チャレンジャー

2014年11月21日

2014年11月

ハロウィンデー優勝者は魔女っ子コスプレ

大森万梨乃さん優勝賞品関西大学統一学園祭2日目の11月2日に行われ、仮装した関大生約150人が参加した「関大ハロウィンデー」の仮装コンテスト優勝者に、魔女っ子コスプレで参加した大森万梨乃さん(19=社会2)が選ばれた。【写真上・サンタのコスプレをしたハロウィンデー代表の清水直哉さん(左)から賞品を受け取る大森万梨乃さん 写真下・赤いGショックを腕に付ける大森さん】

大森さんは、ミスター&ミスキャンパス関大の候補者10人で参加。関大ハロウィンデー公式ツイッターにアップされた画像のお気に入り数で、断トツの数を集めた。「最初は恥ずかしいと思ったが、いざ始まるとすごく楽しかった。仮装した人だらけで、大学が異空間だった。浴衣デーみたいに、毎年の恒例行事になればいい」と笑顔。優勝賞品の赤いGショックを、さっそく腕にはめていた。

統一学園祭実行委員会によると、ハロウィンデー効果で11月2日に模擬店でコスプレをする学生が増えたという。代表の清水直哉さん(18=政策創造1)は「最初は来てくれるかどうか不安だったが、いろんな人の協力もあり、思った以上に仮装してくれる人がいて楽しかった」と振り返る。

一部からは“なんで11月にハロウィン!?”という声もあったが、清水さんは「10月30日に仮装して授業に出ていた関大生が教授に“出て行け”と怒られたということもあった。授業がある時に着替えるのも大変。来年も学祭期間中にやりたい」と、あくまで統一学園祭の名物企画としての定着を目指す。

悠久の庭で行われる予定だった記念撮影が、雨のため急遽凛風館に変更。連絡が行き届かず、集合に参加できなかった仮装者が多数いた。それでも約60人が、歴史的な1枚の写真に残った。来年は100人…いや、それ以上のコスプレイヤーがフレームに収まる。
【関連記事】関大ハロウィンデー コスプレ関大生奇跡の集合ー2014年11月3日
大森万梨乃さん優勝

2014年11月20日

2014年11月

高橋大輔さん体育授業で先生に 今後も語った!

高橋大輔さん授業高橋大輔さん(28=文院2)が19日、大阪市内のスケートリンクで中学生200人にスケートを教えた。関西大学顧問の森本靖一郎さん(82)が理事長を務める大阪府スケート連盟が、市立築港中と連携して体育の授業にスケートを導入。競技人口の拡大と、将来のメダリスト発掘を目指す。

この日は高橋さんをはじめ、関西大学アイススケート部コーチの長光歌子さん(63)、本田武史さん(33)ら豪華すぎる指導陣がボランティアで集結。約2時間の授業で、同校の全校生徒にスケーティングの基礎を教えたほか、高橋さんは生徒の前で華麗な模範演技を披露した。【写真・市立築港中学校の生徒200人を前に、スケーティングを指導する高橋大輔さん=撮影・金洋秀】

10月の引退表明後、初めて公の場に現れた高橋さんは、授業後の会見で今後について「これからもスケートというものに関わっていきたい」と話した。また、フィギュアのGPシリーズ中国杯でアクシデントに見舞われた羽生結弦選手にも触れ「棄権してもいい。ゆっくり休んでほしい」と気にかけた。

ブームスポーツでは、高橋さんの会見を一問一答形式で掲載する。
【関連記事】高橋さん会見1 「スケートに関わっていく」ー2014年11月20日
高橋さん会見2 羽生選手に「ゆっくり休んで」ー2014年11月20日
高橋さん指導

高橋さん会見1「スケートに関わっていく」

高橋さん授業2ー中学生を指導するのは
「教えたことはないですね。やっぱり元気ですね〜。楽しかったし、いろんな中学校を訪問して、触れ合っていく機会があればいいし、いろんな人にスケートを楽しんでほしい。僕も最初は怖かったけど、滑ってみるとすぐに時間が過ぎる。リンクに足を踏み入れてほしい」

ー自身が中学校の時に、こんな指導をされたという思い出はありますか?
「思い出…いやあ、こういう授業はなかったので。こういう授業があるだけでも違うなぁ。きょう(生徒と)話してみると、みんなフィギュアのことを結構知っててくわしい。いろんな人が見てくれている。そういうところも(昔とは)違う」

ー指導者の道は?
「コーチってやっぱり大変だと思う。年齢で教え方も違うし、ぼくも昔教えられて不満もあったし、向こうにも葛藤があったと思う。そう思うと、コーチへの尊敬の念が深まるというか…。僕はコーチする覚悟が持てるのかなと思う」【写真上・模範演技で華麗なスピンを披露する高橋大輔さん 写真下・授業中は高橋先生の周りに自然と生徒の輪が=撮影・金洋秀】

ー引退表明後初の活動になりますが
「僕自身、あれからちょっとで、まだ先が決まっていない。仕事はたくさん入れず、最低限ゆっくり過ごして考えていこうかな。12月にアイスショーがあるので、そこへ向けてまずは。今後は決まっていないが、スケートというものに関わっていこうかなと思う。スケートを中心にとりあえずは動いている」

ーアイスショーのプログラムは?
「考え中です。できる範囲で徐々に。2カ月いっこも動いていなくて、筋肉が衰えてしまっている(笑)」

ーいまこれをやっている、ということは
「今後がはっきり決まるまでは、進んでこれをやっているというものは特に今はないです。あんまり次に向かって何をしなくちゃいけないのかな、というのではなく、アイスショーが12月、1月、2月と続くので、そこに向けて」
【関連記事】高橋さん会見2 羽生選手に「ゆっくり休んで」ー2014年11月20日
高橋さん授業3
boomsports at 09:56|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

高橋さん会見2 羽生選手に「ゆっくり休んで」

高橋さん授業ー引退表明してからのアイスショーですが、意識は違いますか
「引退してから初めて滑るので、プロフィギュアスケーターという意識がまだ難しい中で、あえて。みんな引退したと思っているので“こんなものか”と思われないようにしたい」

ーGPシリーズは見ていますか
「GPシリーズは見ずに、自分の中で世界のスケートを見ているので、あえて見ていない。後で結果を知って喜んでいたりしているけど…。次に向かっていきたいので、こうだというのはない」

ー後輩の町田選手についてはどんな言葉をかけてあげたいですか
「日本を背負っていく選手だから、自分のやりたいことをしっかりやっていければ。まあ、彼はブレないですけど(笑)」

ー羽生選手については?
「今までいろんな場面を見てきて、あれはどちらもぶつかったので、どっちが悪いとかではない。見極める目を養わないと。周りに気をつけながら、自分の世界をどうつくれるか。いい経験になった…という言い方はどうかと思うけど、ケガをすると自分も困るし、元も子もない。くわしい状態はわからないけど、ゆっくり休んでほしい。棄権してもいい。大事なのは五輪だし、次の五輪までまだある。しっかり治さないと、あとでガッと来る時がある」

ー大学院は来年修了できそうですか
「いやぁ、う〜ん…(笑)」
【写真上・笑顔を見せながら今後を語る高橋大輔さん 写真下・右手薬指には現役時代にはしていなかった?指輪が】
指輪

2014年11月19日

2014年11月

高橋大輔さんが先生に 中学生にスケート指導

高橋大輔選手高橋大輔さん(28=文院2)が19日、大阪市内のスケートリンクで市立築港中の全校生徒約200人にスケートを実技指導した。大阪府スケート連盟と同校が連携して“世界一受けたい授業”が実現。この日は高橋さんを指導した関西大学アイススケート部コーチの長光歌子さん(63)、本田武史さん(33)ら豪華指導陣が集結。フィギュア人口の拡大と、将来のメダリスト発掘を目指す。

女子生徒の目がハートマークになった。午前10時、ジャージ姿でリンクに姿を現した高橋さんに、黄色い歓声が沸いた。「僕も教える方は初心者。ゆっくり楽しみたいと思います」。マイクを持ちながら身ぶり手ぶりを交えて、基礎からスケーティングを教えていった。華麗なスピンを披露すると「おぉ〜」というどよめきが起こった。【写真上・中学生を指導する高橋大輔さん。自然と周りに輪ができていく 写真下・授業後、記者の質問に答える=写真・金洋秀】

ボランティアで先生役を買って出た高橋さんは「コーチも大変だと思った。年齢によって教え方が違うし、僕も不満や葛藤があった。コーチをする覚悟が持てるのかな…と思った。でも、いろんな人にスケートを楽しんでほしいし、リンクに足を運んでほしい。こういう授業があるだけでも違う」と、継続しての指導を約束する。

10月に現役引退を発表。12月にアイスショーを控える。今後については「仕事をたくさんいれず、ゆっくり過ごして考えて行こうと思う。プログラムは考え中。スケートを中心にとりあえず動いているし、これからも関わっていこうかなと思う」と前を向いている。

フィギュアの中国杯でアクシデントに見舞われた羽生結弦選手については「集中すぎると見えなくなる。周りに気をつけながら、いかに自分の世界をつくるか。いい経験になったという言い方はどうかと思うけど、ケガをしては元も子もない。これで終わりじゃないので、ゆっくり休んで欲しい。(NHK杯を)棄権してもいい。今は大丈夫でも、後でドッと来ることがある。次の五輪までまだある」と休養を勧めた。
高橋大輔さん2

関大前で新感覚chillイベントあす開催

チルイベントあす11月20日午後6時から10時まで、関大前のカフェバー・AGOOで新感覚のchill(チル)イベント・KDB chill infinityが行われる。関西大学のストリートダンスサークル・Soul Beat Crew(SBC)に所属する河原響さん(23=環境都市工院2)らが中心になって開催。当日はAGOOの2階が、DJスペースに変身。1階の飲食スペースも使った立体イベントになる。【写真上・イベントを主催する河原響さん。当日はAGOOの2階が広いDJスペースに 写真下・KDB chill infinityのフライヤー】

チルイベントって何?河原さんは「chillとは友達とゆったり遊ぶとか、のんびりしたりとか、ゆったりとしたストレスフリーな空間を指す英語のスラングです。踊ってもいいし、飲んでもいい、音楽を楽しんでくれてもいい、ナンパしてもいい。心地良い、自由な空間をつくりたい」と、要は各自の楽しみ方に任せたゆる〜いイベントのようだ。

DJをクラブシーンなどで活躍するm0nm0iが担当。フリースタイルラップのDonaldがMCを務める。河原さん自身も、海外のブレイクダンス大会で優勝経験がある凄腕だ。「ダンスとかに無関係な人とか、ラップに興味があるけどクラブとか怖いし高い…と思っている人が気軽に来てくれたら。5限終わりにフラッと立ち寄れる空間にしたい」と、料金も1ドリンク・1フード付1000円に設定。関大生に新たな遊び場所を提供する。

SBCのメンバーが200人を超え、夜の凛風館周辺でダンスバトルや練習に励む関大生も多い。海外の有名ストリートダンサーが来阪した際は、千里山キャンパスを訪れるほど関大のダンスシーンは日本の大学屈指だ。2年前の10月に開催された関大前の音フェス・KANMAE FESTAにも参加した河原さんは「新しい友達や、新しいものを見つけられるイベント。関大前がいろんな側面で楽しめる街であってほしい」と、学園祭後でちょっと閑散とした学生街に刺激を与える。
フライヤー

2014年11月16日

2014年11月

神宮球場が紫紺一色!関大1500人大応援団

神宮球場【明治神宮大会・大学の部準々決勝】学生野球の聖地で関大パワーが結集した。関西地区第1代表の関西大学は16日、神宮球場で創価大と対戦。1死満塁から始まる延長タイブレークの10回裏、石田光宏投手(20=経済3)が創価大の1番正木健太郎内野手に右越えサヨナラ打を浴びた。

阪神投手コーチの山口高志さん(64=73年社会卒)を擁して優勝した1972年(昭和47)第3回大会以来、42年ぶりの夢舞台。約1500人の大応援団から、惜しみない声援と拍手が送られた。

延長10回表、1死満塁で始まるタイブレークで、関大は3番西田尚寛内野手(21=人間健康3)からの打順を選択したが、続く4番藤嶋宏俊外野手(21=人間健康4)とともに連続三振に倒れる。

10回裏、石田投手が創価大の先頭打者に投げた113球目は、ライトの頭上を大きく越えた。エース右腕は「最後はスライダー。しっかり投げ切れなかった。また神宮に帰ってこられるようしっかり練習したい」と唇をかんだ。

早瀬万豊監督(はやせ・かずとよ、56=82年経済卒)は「タイブレークは初めての経験。もう少し4回生にいい思いをさせたかった」と、ラスト試合になった最上級生を思いやった。

社会人野球の日本生命で3度優勝経験がある指揮官は今年1月1日の就任直後、全部員に「全国制覇」と大きく書かれた「野球部執行方針」を配った。【写真上・神宮球場の応援台に立った関西大学応援団団長の黒澤花衣さん 写真下・紫紺一色に染まった神宮球場の一塁側スタンド 】

心が動いて、体が動く、本物を目指すー。練習と試合前に一人を指名して読ませ、意識の統一を図った。95年(平成7)以来、39季ぶりの関西学生リーグVに導いた“早瀬イズム”。全国制覇の目標は成し遂げられなかったが「中身が詰まったいい試合ができた。しっかり守れたのが財産。成長したという感じです」と、就任1年目で長足の進歩をしっかり感じている。

一塁側スタンドは、紫紺一色。関大からもこの日朝、大阪を出発したバス7台250人が“弾丸ツアー”で神宮に駆けつけた。楠見晴重学長(61)は、関関同立の学長懇談会出席のあと、急きょ飛行機を使って球場入り。「野球部は、よくここまで来れた。タイブレークは紙一重。十分頑張ったと褒めてあげたい」と健闘をたたえた。

歴史ある神宮の応援台に立った関西大学応援団の女性団長・黒澤花衣さん(22=法4)は試合終了後、球場の片隅で人知れず泣いていた。「やっぱり、勝たせられなかった無念が残る。私自身、悔しさがある。応援台から、球場に駆けつけてくれた多くの人の顔が見えた。そんな関大を誇りに思うし、関大生であることも誇りです」と、声を振り絞った。羽織袴を脱ぐ黒澤さんは、関大職員に内定。来年4月からは違う形で関大生の学生生活を応援する。

池内啓三理事長(71)は、スタンドを見つめながら「卒業生も多く集まった。何しろ42年ぶりのこと。本当に素晴らしいことです」と相好を崩した。“ホーム”の創価大に比べ、数倍規模の大応援。試合には敗れたが、熱気のこもった関西大学学歌が神宮に響き渡った。
一塁側スタンド


関大前に3000本のキャンドル 5000人が集まる

子どもも関大前のキャンドルナイト・BRIGHT UP KANDAI STREET2014が15日に行われ、店先に置かれた約3000本のキャンドルが点灯。約5000人がろうそくの炎に彩られた関大前通りを訪れた。【写真上・店先に置かれたキャンドルを見つめる子どもの姿も 写真下・関大前通りには約3000本のキャンドルが置かれた=撮影・金洋秀】

午後5時、スタッフの関大生の手によってキャンドルが灯されると、家路に急ぐ人も思わず足を止めた。セブンイレブン関大前店の駐車場では、イベントのキャラクターをかたどったモニュメントも。吹田市の井上哲也市長(57)も訪れ、ろうそくに火をつけた。

30人を超える関大生ボランティアスタッフが、今年7月から準備を進めてきた。主催団体・BRIGHT UP KANDAI STREET実行委員会代表の亀山昇汰さん(21=外国語4)は「関大生に関大前での思い出を作ってほしい、そして地域のみなさんや他大学の学生に関大前に来て欲しいという思いから、イベントを開催しました」と、関大生としての最後の年をイベントに捧げた。

2度目の開催となったキャンドルナイト。2012年に千里山キャンパスで開かれた「関大生1万人の笑顔展」を手がけ、化学生命工学部在学中に24歳で早世した山本祥司さんへの思いから始まった。亀山さんは「3年、5年…そして10年と続いていき、関大前の恒例行事になっていけばと願っている」と胸中を語る。関大前冬の風物詩となったイベントには、亡き友への鎮魂の思いも込められている。
【関連記事】関大前キャンドルナイトに5000人-2013年12月16日
関大前キャンドルナイト2014

2014年11月14日

2014年11月

関大前であす3000本のキャンドル点灯

関大前キャンドルナイト関大前のキャンドルナイト・BRIGHT UP KANDAI STREET2014が15日、午後4時から8時まで関大前通り一帯で開催される。今年は約3000本のろうそくが、関大前通りの店舗の軒先で点灯。キャンドルのモニュメントも作られる。

キャンドル作り体験などのイベントも開催。関西大学統一学園祭でのK.U.ROCK FEVERで優勝した林青空さん(20=政策創造2)や、関大お笑い王に輝いた漫才コンビ・ピンチパーマのライブも行われる。【写真・昨年のキャンドルナイトは約5000人がいつもと違う関大前を楽しんだ】

BRIGHT UP KANDAI STREET2014実行委員会代表の亀山昇汰さん(21=外国語4)は「関大前をキャンドルの温かい光で灯します。関大生にとっても、普段とは違う関大前の雰囲気を味わえる素敵な日になることを約束します。関大前のグルメやサービスに触れてみてください」と呼びかける。

昨年12月14日に行われた第1回は、2000本のろうそくが学生街を照らし、約5000人がゆるやかな光に包まれた学生街を通り抜けた。冬の風物詩になりつつある関大前キャンドルナイト。今年は8000人の動員を目指す。
【関連記事】関大前キャンドルナイトに5000人-2013年12月16日

関大の安否確認メール 4000人が既読スルー!?

安否確認不着1万通10月21日に行われた避難訓練「関大防災Day2014」で、関西大学が関大生2万9779人に一斉送信した安否確認メールのうち、メールアドレスの変更などで約1万通が未着だったことが分かった。【写真上・訓練で悠久の庭に避難する関大生 写真下・訓練参加者に配られた安否確認シート】

学内の安否確認シートや、メールの返信で安否が確認できた関大生は、約半数の1万4951人。単純計算で約4000人の関大生が、メールを受信しながら返信しない“既読スルー”をしたことになる。

関大は「地震などが起こった際の安否確認に必要なシステム。今後、学生に緊急連絡メールシステムの登録内容を確認させるなどの対処が必要と考えている」としている。

緊急連絡メールシステムは、ほぼ100%に近い関大生が登録。2009年の新型インフルエンザ発生時にも運用されたが、全員へのメール送信が完了するまでかなりの時間がかかった。今年になって3万人にメールを同時送信できるシステムが完成。通学の途中やキャンパス外にいる学生の安否確認を想定した訓練が行われたが、今後に課題を残した。
【関連記事】避難訓練で関大生3万人にメール一斉送信ー2014年10月22日
安否確認シート

2014年11月13日

2014年11月

Brooklynが30日に“アカペラ紅白”開催

ブルックリン関西大学千里山キャンパス唯一のアカペラサークル・Brooklyn304(ブルックリンさんまるよん)が11月30日、大阪府松原市の松原市文化会館で「ADULT」と題したウインターライブを開催する。【写真上・学生アカペラの本気魅せます!ライブをPRする磯部裕美子さん 写真下・学園祭で3日間に渡る学内ライブを成功させたBrooklyn304】

当日は部内審査で250人から厳選された小春日和、algorythm、マルコポーロ、土曜のドリア、雌鹿、Campus、マイカープランの7バンド39人が出演。最新曲から洋楽、懐メロから歌謡曲、ジブリアニメのテーマ曲などをアカペラで披露する。幅広い世代に向けた、さながら“アカペラ紅白”の雰囲気だ。

Brooklyn304は95年に発足。大会場での年2回のライブや、ストリートを中心に活動。凛風館やKUシンフォニーホール裏などで練習し、千里山キャンパスに華麗なハーモニーを響かせている。学生のアカペラ熱の高まりを受け、部員数は関大でも最大規模。統一学園祭では3日間のライブ開催のほか、各学部のステージから出演依頼が殺到する人気ぶりだ。

ライブのプロデューサーを務める同サークル副代表の磯部裕美子さん(20=社3)は「サークルが20周年を迎え、人間なら成人式。もうひと段階うまくなろう、成長しようという意味を込めてタイトルをつけました。照明や音響にもこだわったプロ仕様のライブ。学生アカペラの本気を魅せます!」と自信をのぞかせる。磯部さん自身も4人組バンド・小春日和の一員として、古き良き洋楽を熱唱する。

500人以上が収容できる大会場での公演に、磯部さんは「音楽ライブとしても見応えがありますし、アカペラに興味がある人、来ていただいたお客様すべてを楽しませます。千里山キャンパスや関大前からも意外に近いですし、ひみつのプレゼントやサプライズもあります」と来場を呼びかける。200人による全体合唱も披露。情感のこもった歌声が、あなたの鳥肌を立たせる。

Brookyn304ウインターライブ2014「ADULT」は11月30日(日)、松原市民会館で午後4時30分開演。チケットは500円。チケット予約は https://ssl.form-mailer.jp/fms/87fb9f5a323103
詳しくは同団体のFacebook https://m.facebook.com/br304circlelive?ref=bookmark
twitter @Brooklyn304WL まで
ブルックリン304
boomsports at 12:09|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年11月12日

2014年11月

岡山県知事と関大生がぶっちゃけトーク60分

県知事関西大学が12日、岡山県と就職支援に関する協定を結び、千里山キャンパスで調印式を行った。同県出身の学生が地元に戻るUターン就職、同県出身以外の関大生が岡山県で働くIターン就職を、関大と同県産業労働部などが相互に連携・協力して支援する。

岡山県出身の関大生は現在、約370人が在籍。今年3月の卒業生のうち、岡山県内の企業・団体に就職した関大生は57人だった。関大が都道府県と就職支援に関する協定を結ぶのは、四国4県と広島、鳥取県に次ぎ7県目。【写真上・伊原木隆太岡山県知事(写真左から4人目)との“岡山トーク”に関大生も笑顔 写真下・調印式に臨んだ楠見晴重学長(右)と伊原木知事】

調印式に出席した岡山県の伊原木隆太知事(いばらぎ・りゅうた=48)は「将来の岡山県の発展に必要な人が、情報が伝わらないことで地元に戻るというオプションを手放してしまうことを残念に思っていた。県出身者にタイムリーな情報を提供し、いろんな人生の選択ができるようにしていきたい」と話し、楠見晴重学長(61)と固い握手を交わした。

岡山出身の関大生14人と伊原木知事が、同県特産のシュークリームやヨーグルトを食べながらの懇談会も開かれた。関大生から「どうして県知事になったんですか」「岡山県に住むメリット・デメリットは」「県庁に入るには地元の大学の方が有利なんですか」とのガチ質問に、伊原木知事がひとつひとつ答えていた。

伊原木知事は「いろいろ話せてうれしかったし、関大生には前向きな、しっかりした学生が多かった。県外で鍛えられて、それでも岡山のために尽くしたいという人材は県として大歓迎です」と、同県での就職を考える関大生にメッセージを送った。

同県玉野市出身の三宅将太さん(21=経3)は「知事が岡山の魅力を教えてくれて、行ってよかった」と笑顔。小崎健矢さん(21=商3)も「知事があんなフランクな人だとは思わなかった。地元発展のためにも岡山で就職したい」と“岡山愛”をのぞかせていた。
岡山県との調印式

2014年11月09日

2014年11月

チャレンジャー閉店 関大前からゲーセン消える

チャレンジャー関大前の老舗ゲームセンター・チャレンジャー関大前店が、今月末で閉店することが分かった。閉店日は未定だが、今月25日をめどに約30年の歴史に幕を閉じる。【写真・閉店するチャレンジャー関大前店】

昨年12月には、約18年営業していたヴァンティアンが閉店。フタバボウルのゲームコーナーをのぞくと、チャレンジャーが唯一のゲームセンターだった。最盛期8軒あったゲーセンが、関大前からすべて姿を消すことになる。

急な閉店決定に、同店関係者は「ソーシャルゲームの影響もあってか、学生がゲーセンでゲームをやらなくなった。機械の高騰もあるし、やはり4月の消費税増税が大きかった。ゲーム1回100円というワンコインのイメージが強く、消費税アップ分を料金に転嫁できない」と話す。

ゲームのロケテスト(市場調査)がひんぱんに行われ、稼働前のゲームがいち早く集まることからゲーマーの間でも有名だったチャレンジャー。かつてはネオンキラキラのゲームセンターが乱立。朝まで営業していることから、関大前は不夜城と呼ばれていた。本屋やCDレンタル店が、時代とともに消えていった学生街。ゲーセンも、同じ道をたどってしまった。
【関連記事】消えゆく関大前のゲーセン 最盛期の8分の1にー2014年2月12日

2014年11月07日

2014年11月

関大前に北摂初のカキ小屋がオープン

かき小屋2関大前通りに、なんとかき小屋が!関大前を拠点にする宅配バーベキューのでりでりバーベQが11日、ランジス関大前屋上(カフェバーAGOO4階)に「カキ小屋 カキ市場」をオープンする。

ビルの谷間にある階段を上ると、海辺の小屋をイメージしたテント張りの店があった。広島や赤穂、三陸などから直送されたかきを炭火で焼く。ハマグリやホタテ、エビやイカ…。魚介類好きには、たまらない空間だ。【写真上・関大前にまさかのかき小屋が 写真下・新鮮な魚介類を、その場で炭火焼!】

運営する株式会社ウッドビレッジ代表取締役の木村友亮さん(31)は「冬といえば、やはり牡蠣。冬場のお祭りとして、関大前以外からも人が集まったら。雰囲気があるお店が欲しいという方にも楽しんでもらえる。いいかきと魚を焼いて食べてください!」と、味と新鮮さに自信を見せた。

関大生に、気軽に食べに来てもらいたい。木村さんは「かき小屋に行ったことがない学生がほとんど。3000円もあれば食べて飲んで、おなかいっぱいになります」と、大学生の財布に優しい店を目指す。同社初の業態店だけに、いろんな要望を聞かせてほしいと訴えた。

店長の臼田雅哉さん(23)は「かき飯や、〆のかきとキノコのみそ汁も売りです。焼きガキは経験したことのない人が多いと思うので、何でも質問してください!女性のお客さんなどはスタッフが焼きます」と、初心者でも安心な店を心がける。

営業時間は午後5時から午後10時まで(同9時半ラストオーダー)。来年3月31日までの限定営業で、年末年始以外は無休の予定だ。最大8人まで座れるテーブルが6卓。電話や千里山キャンパス社会学部横のでりでりバーベQでも予約を受け付ける。電話は06ー6170ー3811。
かき小屋1

2014年11月05日

2014年11月

後夜祭に2000人 女性応援団長最後の大舞台

エンディング2第37回関西大学統一学園祭が4日、4日間の日程を終了した。最終日はラストを飾る後夜祭が行われ、中央ステージに約2000人が集結。夜の千里山キャンパスに学歌を響かせた。【写真上・後夜祭のエンディングでは、花火が上がった 写真下・関西大学応援団の女性応援団長、黒澤花衣さんが最後の大舞台に=撮影・金洋秀】

関西大学応援団初の女性団長・黒澤花衣さん(21=法4)が、団長として区切りのステージに立った。「関大が好きか!一生関大を思い続けようではないか!」と絶叫した。黒澤さんは「最後の大きなステージで4年間やって来たことをすべて出し切りました。きょうでひとつの区切りです」と声を枯らした。

12月の幹部交代で羽織袴を脱ぎ捨てチアリーダー部員に戻るが、野球部が42年ぶりの出場を決めた明治神宮野球大会には団長として、神宮球場のスタンドで応援に臨む。「野球部にとっても、私にとっても夢舞台。しっかり夢の舞台をつくっていきたい」と最後の大舞台に挑む。

統一学園祭実行委員会・常任委員会委員長の山本大遥さん(20=社3)は“夢の集まる場所”をテーマに、一般学生への企画募集などを積極的に進めた。約700人の学園祭実行委員を代表してあいさつした山本さんは「関大に恩返ししたかった。学祭実行委員の頑張りでたくさんの夢を集めてもらった。何十年も何百年も、関大生にとって、素晴らしい学園祭であり続けて欲しい。僕はできると思う」と涙ながらに話した。

夢が集まる場所をテーマに、無事完走した学園祭。関大生の多くの夢が集まった。雨に見舞われた初日オープニングセレモニーで、“みんなのパワーで雨雲を吹き飛ばしてほしい”と話していた黒田勇学生センター長所長・社会学部教授(63)は、晴天の後夜祭舞台に「学園祭を盛り上げてくれた。4日間無事に、仲良く元気よくやってもらった。大学として御礼申し上げます」と参加者、そして学園祭実行委員の頑張りに応えた。
団長


関大お笑い王にピンチパーマ

ピンチパーマジャルジャルを目標にする法学部1回生コンビが、関大お笑い王に輝いた。関西大学のお笑いNo.1決定戦・LAUGH&PEACE〜No Laugh No Dream〜お笑い王決定戦2014が4日、千里山キャンパスのBIGホール100で行われ、初出場の漫才コンビ・ピンチパーマが優勝。予選を突破した9組の頂点に立った。

場内の爆笑を誘った仲良しコンビは、受賞の瞬間ステージ上で大号泣した。山根蘭丸さん(19=法1)は「大学に入って、ここでナンバーワンになりたかった」と、相方の植松遼平さん(18=法1)と抱き合った。植松さんは「この舞台に賭けていた。山根が誘ってくれたコンビ。一緒に夢を達成できた」と“夢の集まる場所”がテーマの学園祭で目標を達成した。【写真上・受賞の瞬間、2人で抱き合った 写真下・大号泣した山根蘭丸さん(右から2番目)と植松遼平さん(左端)=撮影・金洋秀】

関大一高からの同級生。プロの道を志す山根さんが、植松さんにコンビ結成を誘った。「漫才をするなんて考えていなかったが、どんどん楽しくなっている」と話す植松さんは、ジャルジャルの2人と同じ同高ラグビー部出身。先輩と同じWボケ・ツッコミのコンビを目指す。

優勝特典の後夜祭ステージでは、決勝で披露したテレビショッピングのネタを披露。約2000人の観客からアンコールが巻き起こった。進行の都合上“もう一回”はならなったが、山根さんは「こうなったら4年間ずっと、後夜祭のステージに立ちます!」と意気込む。植松さんも「アンコールは来年、応えます。ポケット六法があれば優勝できます!」と公約。ピンチパーマが、千里山キャンパスのお笑いシーンを席巻する。
ピンチパーマ2






2014年11月04日

2014年11月

テラハ宮城大樹さんが関大生を応援!

宮城大樹さんフジテレビ「テラスハウス」の元レギュラーメンバー・Dykiこと俳優の宮城大樹さん(24)が3日、関大前の辛口料理スズメバチ関大応援店に来店。トークショーを行ったほか、自らよそった店自慢のスズメバチカレー100食を無料配布し、関大生を応援した。【写真上・関大前でトークショーを行った宮城大樹さん 写真下・宮城さん自らカレーを配り関大生を熱烈応援】

学園祭でにぎわう関大前通りに、大きな歓声が飛び交った。午後1時半からのイベントにもかかわらず、午前8時半から整理券を求めて客が列をつくった。宮城さんからカレーを受け取った関大生は異口同音に「テラスハウス見てました!」と興奮気味に話す。9月に番組は終了したが、“テラロス”にあえぐ熱いファンがかけつけた。

宮城さんは、関大生の熱気に驚きながらも「うれしかった。関大生の皆さんには自分の決めたことを、貫いてやってほしい。応援しています!」と、ブームスポーツを通じて関大生にメッセージを送った。

同店では定期的に、関大前でイベントを開催する計画だ。辛口料理ハチ代表取締役の柴田一正さん(33)は「いつも関大生の方にお店に来ていただいている。その恩返しとして開かせていただいた。喜んでもらいたいし、こんな形で応援させていただければ」と“関大応援店”と名付けられた屋号と同じ思いを語った。
スズメバチ2

2014年11月03日

2014年11月

関大ダンスナンバーワンにGuR!Co3rd

ダンスバトル【2014関西大学統一学園祭〜2日目】参加10チームで争われた関西大学のダンス頂上決戦「KANDAI DANCE FESTIVAL2014~関大ダンスNo.1チームはどこだ!!」が2日、千里山キャンパスの有鄰館多目的ホールで行われ、唯一のダブルダッチチーム・GuR!Co3rdが熱戦を制した。

雨のため、中央ステージで行われる予定だった決戦舞台が屋内に変更。観客でぎっしり埋まった会場で、2本のロープが織りなすスゴ技がうなりを上げた。優勝トロフィーと副賞のスピーカー、そして後夜祭への出演権をゲットした。【写真・KANDAI DANCE FESTIVAL2014を制したGuR!Co3rd=撮影・金洋秀】

関大のダブルダッチサークル・mixpackage(ミックスパッケージ)を母体にしたGuR!Co3rdはOBの藤本祐之介さん(23)、井川裕貴さん(23)と石元一弥さん(21=商4)、来田健太郎さん(21=経3)、松本大司さん(20=商3)の5人組。井川さんは経済学部3年生だった2012年のミスター&ミスキャンパス関大で、ミスター関大にも選ばれている。

井川さんは「ただただ嬉しい。ミスが多くて勝てないと思っていたけど、ダブルダッチというものを評価してもらえたことに感謝しています。次は後夜祭、ノーミスで観客全員を沸かします」と、後夜祭での完璧な演技を誓った。
ダンスバトル2

関大ハロウィンデー コスプレ関大生奇跡の集合

ハロウィンデー集合【2014関西大学統一学園祭〜2日目】コスプレ祭だ!関大生有志による「関大ハロウィンデー」が2日、千里山キャンパスで行われ、思い思いの仮装に身を包んだ関大生約150人が参加した。

ちょっと遅めのハッピーハロウィン!?悪魔と天使、巫女さんと悪霊、マリオとルイージ、悟空とピッコロ、幼稚園児とオタク大学生、NOMORE映画泥棒、ただのドロボー、ミニスカポリスと囚人、ジバニャン…。妖怪ウォッチもビックリのゲラゲラポーな関大生たちが、学内の視線を集めた。

悠久の庭で行われる予定だった記念撮影が、雨のため凛風館に変更。連絡が行き届かず集合に参加できなかった仮装者もいたが、それでも約60人が歴史的な?1枚の写真に収まった。【写真上・なんでもありの仮装で記念写真に収まる参加者 写真下・凛風館に続々とコスプレ関大生が集まった=撮影・金洋秀】

経済学部学園祭実行委員会が、フェイスペイントのサービスを行い後方支援。同学部内に更衣室も用意された。企画に賛同したサークルのメンバーも、図書館前などでPRした。七夕に行われた関大浴衣デーでもスタッフだった清水直哉さん(18=政策創造1)が、学園祭での企画募集に応募。「すべてスムーズにいったわけではないが、たくさんの人に支えられて実現できた。初の試みで、ここまで集まると思っていなかった」と驚きの表情を見せた。

参加者の写真はツイッターに随時アップ。お気に入りの数やスタッフの意見も取り入れ、全関大仮装大賞を決定。優勝者にはGショックが贈られる。清水さんは「ハロウィンデーの影響で、今年は模擬店でコスプレしている学生が増えたと言われた。これから何年も、ずっと続くイベントにしたい」。ハロウィンデーを学祭名物として、浴衣デー、防災Dayに次ぐ“関大三大デー”にする決意だ。
ハロウィンデー4

関大生のこだわりカフェが今年も復活!

うたかたコーヒー1昨年の関西大学統一学園祭後半に2日間限定で営業し、コーヒー300杯を売った関大生によるカフェ「Utakata coffee」が、今年も関大前通りのイベントスペース・GARDEN関大前店の店頭で11月3、4日に開店する。コーヒーにこだわりを持つ関大生が集結。その場で豆を挽き、ドリップしたこだわりのコーヒーをスイートポテトとのセットで、300円で販売する。【写真上・関大前のUtakata coffeeにご来店ください!井関円香さん(左)と中尾亮佑さん 写真下・こだわりのコーヒーを提供する=撮影・金洋秀】

当日はテイクアウトのほか、GARDEN店内でも飲食が可能。大阪・昭和町にあるバリアッソコーヒーから豆を調達し、関大前通りに深みのある香りを漂わせる。スタバでバイト中だという井関円香さん(22=社4)は「コーヒーにはホッとする力がある。心が暖まってもらいたいし、気持ちのこもったコーヒーをたくさんの人に飲んで貰えたら」と、思いを込めた一杯を提供するつもりだ。

接客に興味がある中尾亮佑さん(22=社4)は、コーヒーに開眼したばかり。「いつもを飲んでいる人にも、苦手な人にも、おいしいと思ってもらいたい。飲めない人は苦さや味が濃いことが理由。さっぱりあっさりしているコーヒーで、好きになってくれるきっかけになれば」と意気込む。

昨年Utakata coffeeを立ち上げた徳山博紀さん(21=社4)、湊知央さん(22=社4)と岸本佳緒里さん(22=文4)を合わせた5人がスタンバイ。屋号に“うたかた”とあるように学祭限定、2日間の限定営業となる。実家の台所を2日間占領し、スイートポテトの大量生産に挑む井関さんは「料理が好きでよくおいしいと言ってもらえるが、買ってもらえるのはまた別。買ってでも食べてもらえるものを作りたい」と、自慢のスイーツ完売も目指す。
うたかたコーヒー2

2014年11月02日

2014年11月

KUロックフィーバー 林青空さんが優勝

林青空さん1【2014関西大学統一学園祭〜初日】音楽活動を行う関大生のナンバーワン決定戦「K.U.ROCK FEVER 12th」が1日、千里山キャンパスの中央ステージで行われ、関大生シンガー・ソングライターの林青空さん(はやし・あおぞら、20=政策創造2)が優勝。応募19組、本選出場6組の頂点に立った。

雨模様のステージを、青空一色に変えてみせた。オリジナル曲で勝負する音楽バトル。決勝では代表曲「秋風」を、ギター1本で情熱的に歌い上げた。林さんは「うれしいという気持ちでいっぱいになった。いろんな人が声をかけてうれしかった」とキュートな笑顔を爆発させた。

堺市のライブハウスを活動の拠点にする20歳。路上や第1学舎前の広場でも、ストリートライブを行っている。“あすかの庭の歌姫”は「関大生に知ってもらえる機会になった。学生の間にしかできないことや、つながりを大事にしていきたい」と、千里山キャンパスに歌声を響かせる。

音楽の道に進みたい。胸に秘めた思いを両親に言いだせずにいたが、高校生時代にレコード会社が主催したオーディション大会でファイナリストに。東京・赤坂BLITZのステージも踏んだ。「結果を残したことで、家族も応援してくれるようになった。必死に応援してくれて、私の歌を好きと言ってくれる両親に報告したい」と声を弾ませる。

優勝特典として社会学部三浦文夫教授の手によるレコーディングに臨む。タワーレコード梅田マルビル店で、本選出場6組の音源を収録したコンピレーションCDも配られる。ゲストライブを行ったKIDSや音楽フェス主催者、ラジオ局関係者などの審査員をうならせ、つかんだ栄冠。「就活は大きな壁ですね。音楽一本に絞る自信がない。“音楽をやっていきたい”と言葉にするのは怖い。何かひとつ結果を残したい」と大会前に話していた林さん。心を覆っていた雲が、すっきり晴れたに違いない。【写真上・やった!受賞の瞬間、両手を天に突き上げた林青空さん 写真下・ギター1本で、千里山キャンパスに歌を響かせる=撮影・金洋秀】
林青空さん2

2014年11月01日

2014年11月

関大出身片貝さん所属・KIDSが学祭に凱旋

KIDSの片貝さん【2014関西大学統一学園祭〜初日】関西大学出身のドラマー・片貝直也さん(24=13年社卒)が所属する4人組バンド・KIDSが1日、中央ステージで開催された関大No.1音楽決定戦「K.U.ROCK FEVER 12th」でゲストライブを行った。

KIDSは同大会で2度優勝。2012年には乃木坂46、かりゆし58らと中央体育館で学園祭ライブを行った。2年ぶりの凱旋舞台で、ボーカルの奥野涼さんが「片貝直也が関西大学に帰ってきました!」と絶叫。関大生から大きな拍手が起こった。

片貝さんは「思い出の舞台に呼んでもらって本当にうれしい。K.U.ROCKに優勝したことが関大生時代の思い出。みなさんの思い出に残るようなステージにしたい」と笑顔で話した。【写真・K.U.ROCKFEVERでゲストライブを行ったKIDSの片貝直也さん=撮影・金洋秀】
boomsports at 12:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

関西大学統一学園祭が開幕 4万人以上が来場へ

_MG_9084【2014関西大学統一学園祭〜初日】関西大学の統一学園祭が1日、4日間の日程で開幕した。午前10時から千里山キャンパスでオープニングセレモニーが開かれ、中央ステージには約700人の学生が集まった。

統一学園祭実行委員会常任委員会委員長の山本大遥さん(20=社3)は「学園祭を夢の集まる場所にするために、必死に1年間頑張って来た。夢であふれる学園祭を感じ、夢を見つけて帰ってもらいたい」とあいさつ。黒田勇社会学部教授・学生センター長(63)は「みなさんの日頃の行いが悪いのか雨になってしまったが、みなさんの熱気で雨と雲を吹き飛ばして欲しい」と話した。

1日はタレントの河北麻友子さん(22)が来学。2日開催の俳優・玉木宏さんのトークショーは、チケットが即日完売した。3日はスガシカオ、9nine(ナイン)のライブが中央体育館で行われるほか、お笑いライブや講演会も開かれる。期間中はサークル、ゼミなどが227の模擬店が並び、昨年の約4万人を超える来場者を見込んでいる。【写真・オープニングセレモニーで、ジェット風船が飛んだ中央ステージ】
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site