ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

2005年09月19日

関大のアイドル馬「ハギノリアルキング」はいま…


 元中央競馬の競走馬で、関大馬術部の乗馬として活躍したハギノリアルキングが、大阪府内の乗馬クラブで第3の人生…ならぬ“馬生”を送っていることが分かった。
 千里山にあった馬場が、高槻キャンパスに移転。高齢もあってか昨年までに関大から退厩し、鶴見緑地近くの会員制乗馬クラブに。同クラブのHPによると「のんびりとすごしています」という。
 ハギノリアルキングは90年4月14日、父リアルシャダイ・母サウンドの子として産まれた。牡馬だったが、気性の荒さで後にせん馬(去勢された馬)となった。95年2月の目黒記念で重賞初制覇。同年4月の春の天皇賞に武豊騎乗で出走し、3着に入った。96年の日経新春杯も制し98年に引退。3億2千万円の賞金を稼いだ。
 競走馬時代はぬいぐるみやトレーディングカードにもなり、馬術部の乗馬になってからも全国から競馬ファンが千里山キャンパスに見学に訪れていた。【ブームスポーツ夏号の記事から】
boomsports at 04:54│Comments(0)TrackBack(0)ニュース 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site