ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

2005年09月29日

美姫獲りも?関大がリンク建設正式発表


 関西大学は28日、高槻キャンパスに通年型アイススケートリンク「アイスアリーナ」を建設することを正式に発表した。10月中に着工され、来夏に完成する予定。日本で唯一の“大学リンク”となる。
 以前は強豪だったアイススケート部も、最近では低迷続き。フィギュアの世界ジュニア選手権を制した織田信成さん(18=文1)が入学した際「低迷スケート部建て直す」と書くスポーツ紙もあったほど。体育会の競技で唯一、練習設備のないスケートリンクの必要性を訴える意見が以前から出ていた。
 建設するスケートリンクには観客席のほか、宿泊施設も設けられるという。過去、大学がリンクを所有する例はあったが、維持費の高さや競技人口の減少などから手放している。建設費用が5〜8億円かかるうえ、氷の維持費だけでも年間3千万円以上。公営や民間のスケートリンクが財政難から閉鎖に追い込まれている。
 そんな中、強豪選手をコーチ丸抱えで入学させるなど、スケート競技に巨額の資金を注入する関大。他大学の関係者からは「次は安藤美姫でも獲るんじゃないの」とのやっかみの声も聞かれ始めた。関係者は「可能性はまったくゼロではない」と話す。
 安藤美姫さんのコーチを3月まで務めていた佐藤信夫さん(60年スコーバレー、64年インスブルッグ冬季五輪に出場)は、関大スケート部の出身。安藤さんは現在、中京大の付属高校3年生だが「村主章枝のように、付属の高校から上の大学に行かなかった例もある」(前出の関係者)。関大には海外にスポーツ留学する学生に、特例としてネットで単位を取ることが認められていることも“追い風”となる。
 創立120周年の来年は、偶然にもトリノ五輪が開催される。ミキティが入学を決めれば、これ以上ない話題になるが…。
 
 
boomsports at 02:18│Comments(0)TrackBack(0)ニュース 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site