ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

2010年05月01日

関大前のマクドナルドが閉店した理由


583cc76a.JPG3月にアップした「吉野家関大前から撤退」http://www.boom-sports.com/archives/51810590.html
で「あのチェーン店も撤退?」と書きましたが、マクドナルドの関大前店が4月30日、閉店した。関大前では珍しい24時間営業の飲食店で、この日深夜も関大生が閉店を知らせる貼り紙を見て「マジか!」と驚いていた。学生に愛されていた人気チェーン店の閉店劇には、ドナルドもびっくり、スマイルゼロな理由が隠されていた。【写真・閉店を知らせるお知らせが貼られたマクドナルド関大前店=5月1日未明、関大前】

うわさは2月ごろから流れていた。テキサスバーガーやニューヨークバーガーといった期間限定のハンバーガーがバカ売れしていた裏に、閉店話が首をもたげていた。関大前のマクドナルドは、ナムコが運営していたゲームセンター「キャロット」の閉店後、01年3月にオープン。連日関大生を中心ににぎわっていたが、一番の理由は関大前のマクドナルドが「狭い」ことだという。

マクドナルドは新デザイン店舗への転換を進めており、キッチンが狭くフルメニューを提供できない店舗を次々と閉鎖している。キッチンに十分な場所が取れなかった関大前店も、閉鎖の対象になった。それだけの理由で、学生でにぎわう店を潰すのも驚きだが、マクドナルドは09年12月連結決算で過去最高の売上高を記録。強気の決断だったようだ。

吉野家、マクドナルドといったチェーン店が撤退し、伝説のすた丼やらーめん亀王といった新興勢力が新たに出店。関大前通りの街並みも徐々に変わりそうだ。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 鳩山ルーピー由紀夫   2010年05月01日 11:36
当地ではジャンクフードであるマクドナルドを歩きながら食べて、袋やポテトスティックの容器を道に捨てて公道を汚していく輩がいるので、持ち出しを禁止してほしいと日本マクドナルドにメールを入れたが梨のつぶて。
日本マクドナルドが業績不振で倒産することを待ち望んでいる。 社会的な責任を果たせない企業が存続してはならない。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site