ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

2012年03月13日

ちょい足しで冷凍麺が超ウマ!関大発スゴい研究


冷凍うどん関西大学化学生命工学部の河原秀久准教授らの研究グループが、カイワレ大根から抽出される不凍タンパク質を発見。共同研究者のカネカ(本社・大阪市、菅原公一社長)から販売されることになった。河原准教授によると、不凍タンパク質は氷の結晶の成長を妨げ、微量を添加するだけで食品を冷凍した際の品質や味の低下を防ぐことができ、特に麺類に効果があるという。遺伝子組み換え技術を使わない不凍タンパク質の商業販売は世界初。

千里山キャンパスで12日、記者発表会が行われ、実際に不凍タンパク質を使ったうどんの試食会も行われた。カネカによると、すでに大手冷凍麺メーカーのうどんやそば、中華麺に採用されたという。今後、米飯や卵や魚の加工製品といった用途にも展開を進め、2020年度に約30億円の売上を目指す。【写真・カネカのカイワレ大根抽出不凍タンパク質「クリスタキープS−1」と、添加された冷凍うどんのサンプル=千里山キャンパス】

関西大学の楠見晴重学長(58)は「大学は教育だけでなく、社会貢献を非常に強く意識している。研究の最前線と共同研究を行い、世界で初めての結果を出していくのは大きな柱のひとつ」と話した。


boomsports at 01:54│Comments(1)TrackBack(0)ニュース 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 睫擴軆   2015年06月21日 22:35
テレビ 夢の扉 拝見しました。
凍らない物質の研究 興味深く、期待して見守りたいと思っています。
参考になりますかどうか?
我が家では、秋田のお味噌を纏めて買って冷凍庫で保存していますが、凍らなく、味も落ちないので、何故、お味噌は凍らないのか不思議に思っています。味噌を構成している菌にも、凍らせない部室があるのではと思いました。

     東京都  高木雅春

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site