ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

2013年02月10日

関大生が淀川大掃除 ヤバいモノも拾った?


獲ったど〜関大生約600人が9日、大阪市淀川区の淀川河川公園一帯で「第2回淀川大掃除〜みんなの力で輝く淀川」と題した清掃ボランティア活動を行い、約90分でなんと6.8トンのゴミを回収した。【写真・獲ったど〜6.8トン!清掃ボランティアに集まった関大生=大阪市淀川区の淀川河川公園】

淀川河川公園の清掃ボランティアは、関西大学ボランティアセンターが、学生にボランティア活動を体験してもらおうと2007年より実施。同センターの学生スタッフも1カ月に一度のペースで清掃を行っており、2011年には国土交通省近畿地方整備局淀川河川事務所から「淀川サポーター」に認定されている。

大規模な清掃活動は11年8月以来で、この日は関大と連携協定を結んでいるスポーツ用品メーカー・ミズノの社員30人も参加した。気温3度の寒空の下、体育会の学生を中心に空き缶やビンを拾い上げ、ゴミ袋153個分のゴミが集まった。

学生スタッフ代表の岸拓郎さん(20=経2)は「前回はなにわ淀川花火大会の翌日でしたが、その時を超える予想外の量に驚いている。何かしてみたいという学生もいる。今回参加してもらって、他のボランティアにもつなげていけたら」と、関大生による淀川清掃ボランティアの広がりを期待していた。

河川敷のゴミとなると、どうしても家に置いておけないエロ関係のものを連想してしまうが…。普段はバーベキューの残骸が多く、この日回収されたゴミの中にはポットや鍋、カメラの三脚、古タイヤなどもあった。

ボランティアセンターの学生は「ふだんは注射器も多いですね。なぜか車や船のエンジンとか…。意味深なフロッピーディスクの束が捨ててありました。どんなものが入っているかと思って見てみましたが、さすがに見られませんでした」と話していた。










boomsports at 04:50│Comments(0)TrackBack(0)ニュース 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site