ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

2014年09月29日

AKBのCD486枚詐取 関大生に懲役2年求刑


京都地裁アルバイト先の居酒屋で客のクレジットカード情報を盗み、AKB48のCD486枚(約48万9000円相当)をネット通販会社からだまし取ったとされる関西大学3年の男子学生(21)が29日、京都地裁での初公判(高橋孝治裁判官)で「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は懲役2年を求刑し、結審した。

起訴状などによると、男子学生は昨年4月、吹田市の居酒屋で会計の際に預かった客3人のカード情報を悪用し、リーダー格の大産大3年の男子学生(21)とともにAKB48のシングルCD「さよならクロール」を、暗証番号のいらないネット通販で不正購入したとされる。また、CDの受け取り先に指定した郵便局で、偽造した身分証を示した有印私文書偽造・同行使の罪にも問われている。

購入したCDはリーダー格の大産大生が握手券を抜き取り、京都府内の山中にビックリマンチョコ状態で不法投棄されていた。関大生は報酬をもらう約束だったが、もらえたのはCD特典の生写真400枚だけだった。握手券と投票券は、大産大生がすべて独占。推しメンのNMB48・西村愛華さんと、81分間もの長すぎる握手に及んだ。【写真・初公判が行われた京都地裁】

この日の公判では、検察官から「メンバーの女の子は応援されてうれしいと思うのか?」と問われ、関大生は「……うれしくないと思います」と答える場面も。イヤイヤもらった生写真400枚はネットオークションで売りさばき、約10万円をAKBのイベント参加費用に充てたという。

検察側は論告で「身勝手かつ短絡的な犯行で、巧妙で悪質。犯行当時未成年だったという点を考慮しても、刑事責任は重い」と指摘。弁護側は執行猶予付きの有罪判決を求めた。また、CDの不法投棄には別の関大生が関わっていたが、起訴猶予となっている。
【関連記事】関大生がAKBのCD486枚詐取 680枚不法投棄−2014年1月31日

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site