ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

2015年04月18日

関大前に関大生運営新スペース「まち関」開設


まち関関西大学が関大前通りりそな銀行ATM横の空店舗に、新しいコミュニティスペース「街中コミュニティ関大前(まち関)」を建設することが正式に決まった。空店舗は喫茶店が入居していた2階建の物件で、今月着工予定。早ければ来月中にもオープンする。

環境都市工と政策創造、商、社会学部の4学部で、まちづくりを研究する関大生がまち関を運営。「ご近所さん×関大前」をコンセプトに、関西大学と関大前の住民や地元の店をつなぐ施設づくりを目指す。

堀井登文さん(21=環境都市工4)は千葉県出身ながら、幼い頃に遊びに来ていた関大前が好きすぎて、上智大を蹴ってわざわざ関大に入学した。「関大生に、関大前という街を知ってもらう場にしたい。歴史や関大前の良さを発信したり、学生と地域の人が一緒に参加できるイベントができたら」と話し、開設に向けミーティングを重ねている。

関西大学が関大前通りに施設をつくるのは初の試み。まち関にはスタッフの学生が常駐する。堀井さんは「穴場の店を教えたり、地域住民が関大生への苦情を言いに来てもいいです」と、関大前のコンシェルジュ的な役割を担う。

ミーティング場所やフリースペースとしても使用可能。関大前でのイベント開催を考える関大生にとっては、かなり使える場所になりそうだ。【写真上・開設に向けミーティングを重ねる関大前プロジェクトのメンバー 写真下・まち関が建設されるりそな銀行ATM横の店舗】
ナレッジ


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site