ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

2015年06月16日

ミスター&ミス関大候補が商店街で投票呼びかけ


ミスキャン商店街回り関西大学のミスキャンパス・ミスター&ミスキャンパス関大2015の候補者が、JR吹田駅前の7つの商店街などを練り歩き、投票を呼びかけた。【写真上・JR吹田駅前の商店街を練り歩き、お店の人と交流するミスター&ミス関大の候補者=6月9日、錦通商店街 写真下・この日JR吹田駅前で選挙活動をした候補者=JR吹田駅】

8日から同商店街や関大前通りの対象店舗で、お買い上げ500円ごとに投票券が1枚配られる。買い物客は男女10人ずつの候補者から1人ずつの推しメンを選び、商店街やお店に置かれた投票箱に投票する仕組みだ。
 
候補者は主催団体・吹田クリエイティブムーブメンツのスタッフとともに、昭和のにおいがまだまだ残る商店街の店舗を回り狎兇1票瓩鯀覆┐拭

「いや〜べっぴんさんやなあ」「兄ちゃんイケメンや」と、練り歩く候補者に声をかけるお店やお客のオバちゃん。「エントリーナンバー○番の○○です。よろしくお願いします」と、すかさずアピールする立候補者もたくましい。

約1時間かけての遊説を、グループに分かれて日に何度も繰り返す。22日の投票締め切りまで、ほぼ毎日行われる商店街回り。同商店街を地盤とする浪花のエリカ様も顔負けのドブ板選挙だ。

2012年から続く初夏の選挙活動。ミス候補の西村里々佳さん(21=政策3)は「なかなか来る機会がなかった。もっとみんなを誘いたい」と、商店街の雰囲気が気に入ったようす。山本史緒里さん(21=商3)も「ミス関大として商店街のお店に立って、何か物を売りたいです」と笑顔を見せた。

関大のミスキャンは、地域活性化のための発信力なども問われる。ミスター候補の大和寛明さん(20=文2)は「からあげやパンがおいしかった。商店街の魅力をツイッターでどんどん広めていきたい」と思いをめぐらせる。

玉置祐哉さん(20=商3)は「いろんなイベントを開いて参加を呼びかける」と意気込む。林裕一朗さん(18=経1)は「ミスター関大になったら、友だちをいっぱい連れて商店街で食べ歩きをします」と公約した。
【関連記事】関大でも総選挙 ミスター&ミス関大投票始まる-2015年6月9日
ミスキャン商店街2
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site