ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

2015年10月03日

道頓堀川に巨大回転寿司 関大生らが手がけた


ローリングスシー大阪市で始まったアートイベント・おおさかカンヴァス2015で、関大生と関西大学卒業生6人が手がけた作品・ローリングスシーが出展された。3日、発泡スチロール製直径3メートルの巨大な回転寿司オブジェ5皿が道頓堀川に流され、通行人や観光客の耳目を集めた。【写真上・道頓堀川に出現した巨大回転寿司=3日午前9時30分 写真下・ローリングスシーを手がけた坂彬光さん(左)と松場典幸さん】

携帯カメラのシャッター音が鳴り止まなかった。出展会場となった道頓堀川べりの遊歩道・とんぼりリバーウォークに、人が群がった。外国人観光客や子どもが嬌声を上げる。タグボートに曳かれたえび、まぐろ、たまご、サーモン、かっぱ巻が、川を回転寿司のレーンに見立て流れていった。

大阪の街をアーティストの発表の場とする同芸術祭で、展示8作品の中に選ばれた。関西大学の現役生・卒業生で設立したPR会社・Class株式会社が手がける。水の都と食の都・大阪を、回転寿司で表現した仰天パフォーマンス。松場典幸さん(24=商4)は「ただ、寿司が好きなだけなんですけど…。週3くらいで食べてます」と笑う。

同社社長の坂彬光さん(24=14年商卒)は、関大前で13、14年に行われたキャンドルナイトの発起人だ。約1カ月をかけ、真っ白な発泡スチロールの塊を色とりどりの5皿に変えた。「シャリのぶ厚さや、たまごに一番力を入れました。エビのしっぽは、慎重に扱わないともげそう。川に浮いた瞬間、周りから拍手が湧いた」と苦労を振り返った。

9月に道頓堀川で行った試験走行の様子が、ツイッターやフェイスブックで話題になった。日本だけでなく海外でも拡散され、ニュースサイトで「台風の影響で道頓堀川に回転寿司が流された」と報じられた。坂さんは「SNSからこんな風に派生していくんだとびっくりした。話題をつくる会社なので、プロジェクトを発展させていきたい」と、ローリングスシーをどんどんネタにしていく。

10月4日、17日は午前9時から、とんぼりリバーウォーク付近で再び展示。17日は夜10時にも同地で回転寿司が流される。松場さんは「大阪の大学のいてまえ魂と言いますか、関大は関関同立の中でも勢いがある。関大生でなければできなかった。同志社には落ちましたが、関大で良かった。これからも熱い思いを背負っていきたい」と、道頓堀川で関大魂を見せつけた。
寿司4

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site