ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

2015年10月27日

関大で233の模擬店対抗「MOGI-1GP」開催!


模擬店速報211月1日に開幕する関西大学統一学園祭で、233の模擬店を対象にした模擬店ナンバーワン決定戦「MOGI-1(モギワン)グランプリ」が開催される。

今年の統一学園祭では、パンフレットとともに、模擬店マップを無料配布。来場者はマップ付属のシールで、お気に入りの店に投票するシステムだ。優勝団体は4日の後夜祭で表彰。賞品とともに犂愨膾廼模擬店瓩両旅罎贈られる。

ご当地グルメナンバーワンを決めるB-1グランプリのいわば模擬店版。統一学園祭実行委員会模擬店局の三木恵太さん(20=化学生命工3)は「味だけではなく、大学生らしい接客態度や客引きを見て欲しい」と力を入れる。

三木さんらのまとめでは、今年は昨年よりも多い233のサークル・団体が参加。最多はフランクフルトの模擬店でチュロス、焼き鳥と続く。学園祭前半の1、2日に模擬店を出すサークルが多いという。【写真・MOGI-1とエコトレイ容器をPRする統一学園祭実行委員会模擬店局の三木恵太さん(右)と、関西大学エコトレイプロジェクトの渡邊拓也さん】

関大の学園祭は、12年の後半日程から模擬店で使われる紙皿や紙コップにリサイクル可能なエコトレイ容器を導入。13年から他大学に先がけ、すべての模擬店で使用が義務化された。4年目の今年は、割り箸のリサイクルも始まる。

関西大学エコトレイプロジェクトの渡邊拓也さん(22=化学生命工4)は「割り箸6膳がA4サイズの紙2〜3枚になる。できることから、エコなことをやっていきたい」と意気込む。

4日間で約10万個のエコトレイ容器が使われる。分別や啓発を行うボランティアスタッフも、4年前の8人から114人まで増えた。渡邊さんは「実際にエコトレイ容器のフィルムをはがすと気持ちいい感触がある。関大の学園祭で実際に体験して、エコを広めてほしい」と呼びかけた。 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site