ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

2015年11月14日

関大で1万人参加の避難訓練


机の下に隠れる関西大学千里山キャンパスなどで13日、授業中にM7.6の大規模地震発生を想定した避難訓練「関大防災Day2015」があり、学生や教職員、地域住民など1万人以上が参加した。

経営学の授業が行われていた経済学部のE301教室では午前11時45分、地震発生を知らせる合図とともに、約100人の学生が机の下に。教員の誘導で悠久の庭へ避難し、安否確認シートを提出した。

今年で7回目。昨年からは関大の緊急連絡メールシステムに登録する関大生全員に、安否確認メールを一斉送信する訓練も行われている。【写真上・訓練で机の下に身を隠す関大生=13日、第2学舎3号館E301教室 写真下・配られた炊き出しを食べる女子学生】

2万9779人にメールが送られた2014年は、学内の安否確認シートやメールの返信で1万4951人の安否が確認できたが、メルアドを変えたなどで約1万通が未着。約5000人の関大生がメールを受信しながら返信しない犂読スルー畩態だった。

関西大学が学内に備蓄している非常食を使った炊き出し訓練も行われた。野菜とチキン、カレー3種類のシチューとクラッカー2000食が配られ、学生は「普通においしい」と喜んでいた。
【関連記事】関大の安否確認メール 4000人が既読スルー-2014年11月14日
炊き出し2

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site