ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

アルハラ

2016年04月07日

なくせアルハラ未成年飲酒 学生有志が啓発活動


飲酒啓発1関西大学の学生有志や職員が7日、千里山キャンパスで未成年飲酒の防止や、成年学生への飲酒強要などアルハラ(アルコールハラスメント)をなくす啓発活動を行った。

大雨の中、学園祭実行委員を中心とする学生有志が声を張り上げた。「未成年者の飲酒防止に、ご協力をお願いします」「飲みたくない人には強要しないでください」。午前8時すぎから適正飲酒を啓発するチラシ3000枚を配った。

今年で6度目の実施。大阪府小売酒販組合吹田支部の協力で、毎年新歓シーズンに呼びかけを行っている。【写真・関大生有志が雨の中、未成年飲酒防止を訴えるチラシ3000枚を配った】

学生有志代表で、統一学園祭実行委員長の久保俊一朗さん(20=社3)は「新入生にとって、大学はまだ未知の場。強要されるんじゃないか…とか、お酒のことで不安をかかえている学生も多いと思う。誰しもトラブルに巻き込まれたくない。気持ちが浮わつく時季なので、学生が呼びかけるほうが響く」と、雨に濡れながら関大生に呼びかけていた。

90年初頭まで、関西大学では新歓や学園祭シーズンになると、急性アルコール中毒になった学生を運ぶ救急車が、数珠つなぎになる光景がよく見られた。

関西大学学生センター所長の黒田勇社会学部教授(64)は「飲んで大騒ぎする、という光景は劇的に無くなりました。日常的に注意を喚起しているので、危険性は減っている」と、地道な啓発活動の効果を強調した。
【関連記事】壁ドンでストップ未成年飲酒 関大生が啓発活動-2015年4月9日
boomsports at 11:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2013年04月11日

関大生が未成年飲酒防止を呼びかけ


飲酒啓発行事関西大学の学生有志ら50人が11日、千里山キャンパスで未成年飲酒やイッキ飲み、アルハラ(アルコールハラスメント)防止の啓発チラシを配布した。1限開始前の午前8時20分ごろから、大学職員や警察官、国税庁職員とともに、登校する学生に「STOP未成年飲酒! STOPアルハラ!」と書かれたチラシ約3000枚を手渡した。

正門には「お酒は20歳になってから」と書かれた横断幕も掲げられ、学生が「未成年による飲酒は法律で固く禁じられています。関大生としてのマナーとモラルを守りましょう」と、声をからして訴えていた。

大学職員が関大前の飲食店を訪れ、年齢確認の徹底や「飲み放題」を選んだ成年学生に対し、店側が飲み過ぎを注意するよう協力を要請する。【写真・登校する関大生に啓発チラシを配る学生有志=11日・千里山キャンパス】

2011年の新歓シーズンに始まった啓発行事は、今年で3回目となる。大学関係者は「より多くの人に認識してもらうよう、チラシも年々増えている。他大学での飲酒事故を他人事と思わないでほしい」と話していた。


boomsports at 10:37|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site