ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

コーチ

2016年01月21日

山口高志さんが関大野球部投手コーチに


岩田選手・山口コーチ関西大学が、プロ野球・阪神の1軍投手コーチだった山口高志さん(65=73年社卒)を体育会野球部の臨時投手コーチとして招聘することが21日までに、大学関係者の話で分かった。

元プロ野球選手が学生野球を指導するためには、学生野球資格の回復が必要。山口さんは昨年12月、千里山キャンパスで行われた研修を終えており、来月にも母校野球部のコーチ就任資格を得る。

山口さんは社会学部マス・コミュニケーション学専攻(現・メディア専攻)出身。野球部ではエースとしてリーグ通算46勝を記録し、72年(昭和47)にはチームを全日本大学野球選手権、明治神宮大会制覇に導いている。【写真・関大野球部の100周年記念式典に出席した山口高志さん(左)と阪神・岩田稔投手=2015年1月24日】

パ・リーグの阪急(現オリックス)で投手として活躍。現役引退後は阪神、オリックスで投手コーチを務めた。阪神スカウトとして、後輩の岩田稔投手(32=06年経済卒)を見い出した。野球部のレジェンドが、関大投手陣を指導する。
【関連記事】夢の球宴!?関大野球部100周年記念式典-2005年1月26日
boomsports at 10:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年06月21日

織田信成さんが関西大学スケート部コーチに


織田信成さん講演会3今年3月に関西大学大学院を修了した織田信成さん(28)が、関西大学アイススケート部のコーチに就任したことが21日、分かった。大阪府高槻市の関西大学ミューズキャンパスで行われた講演会後、ブームスポーツの取材に織田さんが明らかにした。【写真・講演会でフィギュアスケートのジャンプやステップを実演する織田信成さん=6月21日、関西大学ミューズキャンパス】

織田さんは以前から、母で同スケート部コーチの織田憲子さん(68)の下でアシスタントを務めている。「先月、アイススケート部のコーチに就任させていただきました。まだ母の下で子どもたちを教えるのが中心ですが、ゆくゆくは大学生を教えることもある。フィギュアスケートに育ててもらったので、恩返ししたい。一緒にキスアンドクライに座れる日が来たら」と、後進育成への思いを口にした。

この日行われたミューズキャンパス祭では、90分間講演した。トークショーなどの出演経験はあるが、意外にも一般向けの講演会は初めてだという。「自分がしゃべり倒すタイプでもないですし…。関西大学限定です。講演活動をするなら、スケートのレッスンに時間を割きたい」と母校愛をのぞかせる。

440枚用意された入場整理券は、午前10時のキャンパス祭開始とともに即予定枚数を終了。アイスショーで共演する羽生結弦選手が移動バスの隣にいつも座ってくる話や、好きなアニメ「おじゃる丸」で盛り上がった話を披露した。壁ドンの写真が話題になったが「(羽生選手とは)皆さんにお見せできないような写真はいっぱい撮ってます」と話し、会場を大いに沸かせた。

「母校で講演をやらせてもらってうれしかった。4年間で自分のこれだけは負けないぞ、というものを見つけてほしい。それがある人は、もっと磨いてほしい。僕の場合は、それがスケートだった」と、本紙を通じて関大生にメッセージを送った織田さん。タレントとしても多忙な日々を送るが、軸足は母校のリンクに置いている。
【関連記事】織田信成さん会見3「コーチという形で関大に」-2015年3月25日
boomsports at 20:05|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年03月25日

織田信成さん会見1「修了できてうれしい」


織田信成さん修了式−大学院を修了しての気持ちは
「支えてくれた人に感謝したい。無事に修了できてうれしい。関西大学にはリンクを造っていただいたし、多大なるサポートをしてくれた。感謝しても感謝しきれない。関大生としてオリンピックにいけたし、アイススケート部で友人にも恵まれた。職員の方も本当によくしてくれた。そういったところの環境は、すごく思い出にもなりましたし、これからもお世話になっていくと思うので、大切にしていきたい」【写真・学位記を手渡される織田信成さん】

−きょうはご家族も来ている
「僕が寝坊してギリギリになりました(笑)妻も修了できてよかったねと言ってくれた。この一年、修士論文を提出するのにほんろうされていた。夜中までかかったが、妻がコーヒーとか入れてくれたりして、本当に陰でたくさんサポートしてくれていたので…感謝しています」

−修士論文のテーマは?
「フィギュアスケートにおける精神的強靭さを育成するための教育的観点におけるコーチングです。何人かのトップのコーチ、スケーターの方にインタビューをしました。こういう機会がないと、トップのコーチとかはインタビューはおろか、書き起こすという作業はしないので…」

−どういった内容ですか
「精神的強さ…僕は強いといえる方ではなかったので、反面教師としてコーチとして生かしていきたいです。僕は練習でよくできて、試合で失敗するタイプ。なぜ五輪まで行けたのかよくわかっていないので。自分がなれるなら、他の子でもなれる。どういうコーチングをしたら夢を叶えてあげれるのか。本当に修士論文というのは、今後自分がコーチとして勉強していく上で、参考になる、いい一年だったと思います」
【関連記事】【織田信成さん会見2】「負けないようにしたい」-2015年3月25日
boomsports at 04:48|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

織田信成さん会見3「コーチという形で関大に」


織田信成さん号泣−入学時は英語の先生を目指していました
「最初はその気持ちで英文学に進んだんですが、ゼミの先生から爐まえは絶対無理やから瓩噺世錣譴謄侫ギュアのコーチを目指すようになりました」

−なぜ無理だったんですか
「ダメというわけではなくて、フィギュアがあるのになぜおまえはそんなところを目指すんやって感じで先生にご指導していただいたので。そうですね……(涙があふれ、言葉に詰まる)その時そう言ってくださった先生が数年前に亡くなられたので…。僕自身フィギュアのコーチとして頑張れと先生に言っていただいたので、頑張れるよう努力していきたいと思います」

−いろんな人に支えてもらった
「本当に家族もですけど、温かい言葉をかけてくれた先生にも支えていただいて、きょうという日を迎えられたことを誇りに思っています」

−社会人としての抱負を
「学生を終えて社会人になるので、家族も養えて、支えていけるように社会人として頑張りたいと思う。やはりフィギュアのコーチになることが夢なので、夢に向かって少しずつ勉強していけたら。関西大学を代表する佐藤信夫コーチのような厳しく温かい素晴らしいコーチになりたい。選手としては伊藤みどり選手、浅田真央選手を尊敬しているので、山田満知子コーチのようなユニークなコーチにもなりたい」

−コーチとして教え子がメダルを獲ってほしい?
「もちろん五輪で金メダルを獲ってくれたら嬉しいけど、フィギュアスケートの楽しさを伝えられたらいい。最後やめる時に楽しかった、と言えるようになってくれれば」

−キャスターやタレントとしての活動は
「今はいろんな活動をさせていただいて、今しかできないこともあるので、それを精一杯、今を生きるということ。でも長く続くとは限らないし、この先何があるかわからない。やはりフィギュアスケートという自分が大好きな分野を大切にしたい。最終的にはコーチという形で、関西大学に貢献できるように、精進していければ」【写真・会見途中に号泣した織田信成さん】
boomsports at 03:46|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site