ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

フィギュア

2016年07月17日

宮原選手会見1「華やかに、色っぽい感じに」


田村先生-きょうの感想は
「演技自体はよくなかったけど、最初田村(岳斗)先生との共演で始まったので楽しく滑れました」

-関大のリンクで練習してきてよかったことは
「中学の頃から今まで練習させていただいて、練習時間も確保できて、すごくいい環境で滑ることができているのでここまで来られた。このリンクで練習してきてよかった。このリンクのおかげです」

-来季に向けては
「大きく変わることはないんですけど、ジャンプの質を上げるということと、プログラムをしっかり滑り込んで、試合に向けて練習しています。ジャンプとスピンと、スケーティングとか、表現とか。どの部分を取ってもうまいなと思ってもらえるような総合力のある選手になりたいです」

-来シーズンの目標は
「来シーズンは昨シーズン以上に、滑りを向上させることが一番の目標。毎回の試合をきっちりこなして、グランプリファイナルと世界選手権に出場するように頑張りたい」

-リオ五輪はどの部分に注目していますか
「とても楽しみにしています。五輪なので、どのスポーツもしっかり応援したい。特に体操が楽しみ。内村(航平)選手が楽しみです。体操はよく見たりするので、団体戦・個人、男子・女子とも楽しみです」

-体操が楽しみなのは、フィギュアと同じ採点競技だからですか
「そういう意味もあります。アクロバティックな、迫力ある種目が多くて、それを見るのが好き。自分はすごいことが言えないんですけど、それぞれの選手が自分のベストが出せるように頑張ってほしい」
宮原さん高槻-今回のエキシビションはすごくセクシーな感じですが、表現力の部分で磨いてきたことは?
「昨シーズンのSPを滑ってきたということでなんとなく、そのひとつ前のシーズンに比べて表現力…思い切り滑るというか、楽しさが分かってきた感じがしている。人に見せるというのを意識するように」

-なにかに刺激されるということはありましたか
「衣装もできるだけ華やかに、色っぽい感じにしたいなと思って、今回の衣装になったんですけど、動きも気持ちも全部曲に乗せて、ただ単に振り付けされた動きをしていると思われないように滑りたいと思って、振り付けしていただいている時から、どういう風に肩を動かしたらいいかなとか気にして」

-表現という部分で新たなチャレンジは?
「バレエは今までやって来たんですけど、これから必要になって来ると思う。バレエのレッスンは頑張ってやらないといけないと思っている。機会があったらいろんなダンスをやってみたい。海外に行った時に、ダンスレッスンを合宿でできたので。顔の表情はもちろん、体の動きからも表現できるようにしたい」
【2に続きます】宮原選手会見2「フリーは宇宙な感じ」-2016年7月17日
boomsports at 02:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

宮原選手会見2「フリーは宇宙な感じ」


宮原知子さん高槻【1から続きます】
-平昌五輪へ向けては
「今シーズンは昨シーズンに続いて、自分のできることをしっかりやるだけかなと思うので、試合で新しい技を入れたりとかはしないんですけど、気持ちとしてはどんどん挑戦していきたいという気持ちで頑張りたい」

-4月から大学生になりましたが、大学生になって変わったことは?
「大学の授業では、たくさん友達もできて、高校では受けられない授業とかあって、こういう場所なんだ…というのを感じた。あんまり遊びに行くことはないんですけど…新しい友達ができたことが、大学生になってよかったことだと思います」

-きょうは参院選の投票日でしたが、18歳ということで選挙には行った?
「朝家族で行きました。すごく難しくて、こういう形で選挙ってするんだと思って。ニュースを注意して見ようかなと思いました。もうちょっと政治のことも勉強しないといけないと…」
宮原さん高槻3-今年ショート、フリーの新プログラムについて教えてください
「ショートプログラムはラ・ボエーム。オペラの曲の、その中のワルツの曲。すごくバレエの要素が多くて明るい曲。フリーは、宇宙な感じのイメージで、テーマはビーナスというギリシャの神様。平和と愛がテーマなんですけど、曲自体は惑星とジュピターとスター・ウォーズが混ざって作られた曲なんですけど、少し難しい感じで、今までにないような世界観が出せるんじゃないかなと思って、作り込んできたい。振り付けの先生が選曲してくれて、3曲くらい混ぜて編曲している」

-エキシビションは
「ヘルナンデス・ハイダウェイです。女の子が気取っている感じというか、男性の方を召使いというか、執事みたいに扱っている感じで、男性の方は女性に付いていくというイメージで、だんだん滑りはじめていくと、自分にしかわからない秘密の場所に男性を連れて行くイメージです」

-ラ・ボエームはどういった感じで選ばれたんですか?
「最初はローリー(ニコル)先生が爐海龍覆一番いいかな瓩噺世辰討い燭世い督阿い振福いくつか曲は聴いたんですけど、なんとなく一番最初に聴いたのが良かったかなというので、この曲にしました」

-どういった世界観を出していきたい?
「すごく笑顔が大事なプログラムになるので、最初から最後まで笑顔で滑り切れるような、はつらつとした感じのプログラムにしたいと思っている」
【関連記事】真凜選手会見1「来年も世界ジュニアで優勝」-2016年7月18日
boomsports at 02:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

真凜選手会見1「来年も世界ジュニアで優勝」


本田さん1-きょうの感想は
「昔からお世話になったリンクでエキシビションを滑らせていただいて、ふだんずっと練習しているリンクで…変な感じだったけれど、楽しかったのですごく良かったです」

-リオ五輪に興味はありますか
「(伊藤)美誠ちゃんとすごく仲良くて、ついこの間2人で遊びに行った。頑張って欲しいと思っている。前から連絡を取っていたんですけど、違う種目なので会う機会があまりなくて、2週間前くらいに初めて会って、すぐ仲良くなって、4日前に遊びに行った」

-来季へ力を入れていることは
「来シーズンは大切なシーズンにしたいと思っているので、あまり自分に期待しすぎないようなシーズンにできたらいいなと思っている」

-伊藤美誠選手にかけたい言葉は?
「住んでいる所が大阪ですごく近くで、この前はずっと食べまくっていました。卓球のことは詳しくわからないし、テレビで見たことがあるくらい。同じスポーツをやっている選手として、尊敬している選手でもある。優勝目指して頑張って欲しい」

-一緒にいて気づかれないですか
「気づかれます。でも話しかけてこない。爐△叩瓩澆燭い福
本田選手2-きょうは選挙の日ですが、本田選手にとってこの夏の犖約瓩魘気┐討ださい
「コウヤクってなんですか?」(笑)

-これだけはやり遂げたいと思うこと
「夏……あんまりないです。1年通しては…12月までの今年目標は(ジュニアグランプリ)ファイナルに出て、優勝したいなというのが今年の目標で、それが終わったら、来年も世界ジュニアで優勝したいなとすごく。今年からずっと準備していて、世界ジュニアが終わってからずっと思っているので、それだけは絶対に達成したいなという気持ちです」

-世界ジュニアを優勝して、気持ちの変化とかはありますか
「ジュニアの1シーズン目で世界ジュニアの金メダルを獲りたいとか思ったことがなくて、次の年で獲りたいと思っていたので、去年のことは全部忘れて、今年のことだけに集中していきたい」
【2に続きます】真凜選手会見2「印象に残るプログラムに」-2016年7月17日
boomsports at 00:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

真凜選手会見2「印象に残るプログラムに」


本田選手4【1から続く】
-ショートプログラム「スマイル」の手応えは
「苦手だなと思っていたので、ショートばっかり練習していた。やっと自分の曲らしくなってきたかな、と思っているので、次はフリーを頑張っていかないといけない」

-こだわりはありますか?
「フリーはロミオとジュリエットなんですけど、使いたいなと思っていて、年齢的にぴったりの年になって、やっと使えたんです。前から使いたくて、先生に却下されていて、やっと使える年齢になって。たくさんの選手が使っているので、少しでも印象に残れるようなプログラムにしたい」

-使っていた選手で印象的なのは
「羽生選手です。世界選手権の時のロミジュリが一番印象に残っている。絶対に超えられはしないと思っているんですけど、印象に残るプログラムになればいいなと思っている。まだそこまで滑りこなせていないんですけど、シーズンが始まるまでに完成形にできればいいなと思っている」

-どんなことをイメージして滑っている?
「全然イメージできていない。ここにロミオがいると考えている、というのはあります。たぶんジュリエット(をイメージしている)と思います。衣装もできてすごく気に入っていて、早く着たいと思っている。その分滑りこなせていないと。曲がBGMにならないように、曲がついてくるシーズンにしたい」

-関大リンクでの思い出はありますか
「最初は先生が怖かったことしかない。濱田先生も同じリンクでずっと怖いなぁ…と思っていて、まさかこのチームに来るとは思っていなかった。ずっとびびっていました」

-関大のリンクは他のリンクと比べて何が違いますか
「やっぱりすごく環境がいいのと、選手も大ちゃん織田くん宮原さんとかと同じ練習時間で練習してきて身近にいるので、刺激というか毎日勉強するところがある。ずっとここで滑っていたい。ジャンプも表現もステップも、それぞれの選手に違う良さがあるし、ほとんどの選手が揃っている」
本田選手3-SPが「スマイル」に決まったいきさつを教えて下さい
「最初マリーナさん(マリーナ・ズエワ)さんのところに振り付けに行った時に、10曲くらいから選ばしてもらったんですけど、たぶんマリーナさんの中ではもう決まっていた。私はスマイル以外なら何でもいいですと言ったんですけど、マリーナさんが爐垢瓦自信があるから瓩噺世辰燭里妊好泪ぅ襪砲覆辰拭最初から2分50秒でおかしいなと思っていたんですけど…」

-きょうやアイスショーで滑ってみて、改めてどうですか
「任せたらいいプログラムになると思っていたんですけど、最初は難しくてどうしようと思っていた。アイスショーで曲を重ねていって、まだまだ滑りこなせていないと思うんですけど、自分の曲にはなってきました」

-関大リンクは10周年なんですが、真凜選手は10年後、こういう風になっていたいというのはありますか
「25歳…?スケート続けているかどうかわからないんですけど、自分が満足するまでしっかりスケートを頑張っていきたい。一番下の妹がすごくうまくて、シニアに上がってくるまでに辞めたいなと思っています(笑)」
boomsports at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年02月26日

関大で撮影!宮原知子さん×大島紬 美のコラボ


宮原さん記事24月から関西大学文学部に進学するフィギュアスケート女子の宮原知子さん(みやはら・さとこ=17)が、鹿児島県奄美大島に伝わる「大島紬(つむぎ)」で作られた衣装を着用して、関西大学高槻キャンパスのアイスアリーナの氷上に立った。

広告代理店・電通が、伝統工芸の新たな価値を世界に発信する「good JAPAN innovation」プロジェクトの一環。「伝統工芸×デザイン」をテーマに、優れた日本のものづくりと電通のアートディレクターがコラボして作品を制作している。

大島紬は約1300年の歴史を誇る絹織物で、手で紡いだ絹糸を泥染めと呼ばれる染色方法で染め、手織りした織物。電通関西支社のアートディレクター・市野護さん(34)が、大島紬の絣(かすり)模様の緻密さと、フィギュアの繊細な美しさを結びつけた。

市野さんが、関西大学と宮原さんの所属事務所を通じてオファー。四大陸選手権を目前に控えた超多忙なスケジュールの中、撮影が行われた。【写真・関西大学高槻キャンパスのアイスアリーナで撮影を行った宮原知子さん(撮影・行友重治)】

大島紬の衣装に身を包んだ宮原さんが滑走する姿は、まさに美のコラボ。「思っていたより軽くて動きやすかった。着心地も良かったです」と笑顔を見せた。

フィギュアスケートのファンという市野さんは「衣装はエキシビションなどで実際に着てもらえればうれしい」と話した。制作した衣装は、東京都港区の電通本社ビルエントランスホールで展示される。

電通のウェブサイト「Web電通報」で、撮影の様子を写真や動画で紹介している。アドレスはhttp://dentsu-ho.com
【関連記事】宮原知子さん高校卒業式で号泣 春から文学部生-2016年2月14日宮原さん記事1
boomsports at 10:32|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年02月18日

宮原知子さんに直撃1「四大陸優勝したい」


宮原さん7−高校生活を終えられて
「きょうまでの高校生活が短く感じて、卒業したという実感がないですね」

−高校の思い出は
「高校に入ってからは、中学に比べてスケート中心の生活をしていたと思うんですけど、その中でもできる限り学校にも行って、勉強頑張れたんじゃないかなと思います」

−卒業式はどんな感じだった
「みんなで楽しく写真を撮ってワイワイしました」

−成長できたところは?
「すぐに思い浮かぶものはあんまりないんですけど…。勉強も大変な時があったんですけど、あきらめずにしっかり頑張れたことが、一番頑張ってきたことだと思うので、頑張り続ける姿勢みたいなものは…成長したのかな」

−大学生活での抱負は
「大学に入ったら、高校とは全く違う生活になると思うんですけど、英語の勉強をしたいと思っているので、もっとスラスラ話せるようになれるくらい頑張りたいと思います」

−関西大学には有名なアスリートがいるが
「高橋選手や織田選手のように、関西大学に入ってからもしっかり結果を出して、スケートもこれからもっともっと頑張っていかないと…と思っています」

−在学中に平昌五輪を迎えるが、宮原さんの中での位置づけは
「絶対出場したいと思っている試合なので、それが実現できるように、これからひとつひとつの試合を大事にしていきたい」

−自分が五輪代表に選ばれる自信はある?
「まだこれから四大陸選手権、世界選手権が残っているんですけど、今シーズン自分の自信になるような試合があった。去年は世界選手権で2位になれたので、自分が思っているよりも、もっと自信を持っていいのかな、と思っています」

−これからどういった選手になりたいか
「中学・高校とやり通してきたように、スケートだけじゃなく勉強もしっかり頑張って、自分を引き締めて、気持ちをしっかり引き締めながら、しっかり頑張っていきたいと思っています」

−他の同級生とギャップを感じることはあった
「みんなが勉強しているぶん、自分はスケートをしていて、なんか好きなスケートをここまでやってくることができたのは本当に幸せなことだと思うんですけど、みんな受験で大変だった時に…今もそうなんですけど、自分は全然何もしていないような感覚になって、もっと頑張らないといけないという気持ちになりました」

−高校の思い出はありますか?
「試合が多くて、あまり学校行事に出ることができなかったんですけど、体育祭・文化祭の準備はできたのでみんなといろいろしたのでそういう思い出はたくさん残っています」

−四大陸選手権に向けては
「準優勝がこれまで多いので、優勝目指して頑張りたいと思っています。四大陸選手権では、しっかり自分のできることを思う存分発揮できるように頑張りたいと思っているんですけど、四大陸選手権をうまく終わって、結果を世界選手権につなげられるように、これから2戦とも頑張りたいと思っています。両方ともいい演技をするというのが一番いいと思っているので、自分の実力をしっかり出すことに集中したい」

−中・高6年間を過ごしたキャンパスのお気に入りの場所は?
「図書室が好きです。中学生の時はけっこう行けたんですけど、高校になるとあんまり行けなくなったんですけど、授業に使うこともあったので、落ち着く雰囲気が好きでした。この一冊というのはパッと思い浮かばないんですけど、いろんな本を読みました。先生に勧められた本とか、友達から教えてもらった本とか…」

−学校で同級生に声をかけられることは?
「おめでとう、とかテレビで見てたよと言ってくれることが多くて、その時はすごくうれしかったです」

−一緒のチームの本田真凜選手や白岩優奈選手から刺激を受けることはある?
「自分では足りないところが、年下の選手にすごくあったりするので、一緒に練習することで、頑張らないといけないと刺激になる。白岩選手には(ユース五輪への出発前に)頑張って来てねっていう感じで、いってらっしゃいと言いました。みんなすごく仲が良くて年齢に関わらず、よくチーム内ではしゃべる。本田選手、白岩選手とも他のチームメートともすごく仲はいいです」

−最後のホームルームはどんな感じだった?
「最後に一人ずつあいさつするんですけど、その時泣いちゃいました。スケートばっかりしてたので、本当にクラスのこと何もできなくてごめんね…と言おうとして泣いてしまった。何を言っているかわからなかった感じで…」【2に続きます】
【関連記事】宮原知子さんに直撃2「3回転半跳びたい」−2016年2月18日
boomsports at 13:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

宮原知子さんに直撃2「3回転半跳びたい」


宮原さん卒業証書【1から続きます】−学校行事には参加出来た?
「修学旅行は行っていないです。体育祭と文化祭は…高校では2回くらいです」

−図書室ではどんな過ごし方
「いろんな小説があるので、おもしろい本とか新刊や雑誌もあるので友達とみたり、授業でも使うことが多くて」

−勉強は大変だったですか
「テスト期間は勉強をつめて直前にやってたので、練習を早く終わらせて帰ってから3〜4時間くらいはしました。英語の成績がよかった時は、校内で6番くらいでした」

−文学部では何を勉強したいか
「英語です。英米文学英語学専修ですが、2回生から選ぶので決定ではないです」

−大学で英語を勉強したいと思ったきっかけは
「英語はわかるんですけど、会話はかんたんな英語でしか話せなかったりする。英語力があるので、しゃべれるようになったら将来英語が生かすことができるんじゃないかと思って、英語の勉強をしたいと思いました。ショーや試合で、海外選手と友達になれるし、海外の記者会見を英語で全部話せるようにしたいなと思います」

−高校で論文があったようですが
「オリンピックに魔物はいるのかというテーマなんですけど。織田選手や田村先生とか、いろんな先生方に協力していただいて、インタビューしました」

−話を聞いて思ったことは
「五輪は他の試合と違う雰囲気がある、と話を聞いた方全員がおっしゃっていました。どんなすごいところなんだろう…と想像がふくらみました」

−2年後に五輪を迎える
「いまずっと調子がいいので、このまま毎回の試合できっちりできれば、チャンスがあるんじゃないかと思うので、このまましっかり頑張っていきたいと思っています」

−論文でインタビューした人からエールはあった?
「これからも頑張ってや、とか言われました。直接聴いたのは織田選手と田村先生なんですけど、荒川静香さんにもメールで質問しました」

−将来は考えている?
「ずっと悩んでいて、五輪が終わるまで…スケートが終わるまでスケートのことしか頭が回らなくて、全然考えていない」

−五輪での目標は
「まず出場することが一番なんですけど、次、次の五輪じゃなくても、またその次出場できるチャンスがあると思うので、優勝できるよう頑張っていきたいと思います」

−高校生のうちに世界大会で優勝したい?
「高校のうちにという限定はないんですけど、四大陸選手権は2回準優勝で、また準優勝…という感じなので、今度こそは優勝したい」

−四大陸選手権、世界選手権に向けて力を入れてきたことは
「構成は変えていないですけど、プログラムの曲をかけて練習したり、ジャンプの練習をしたり、今まで通りしっかり練習するようにはしています」

−浅田真央さんが四大陸選手権を欠場したことは気になりますか
「まったく気にはしていないです」

−五輪まで2年を切ったが、それまでのビジョンは描いていますか
「今のフリーの構成は絶対跳べるようなジャンプ中心の構成になっているんですけど、もう少し挑戦できる構成に変えられたらいいと思っているので、練習が必要だと思っている。まだまだ全然できないんですけど、トリプルアクセルを跳べるように頑張りたい。みんな跳んでくるジャンプになってくると思うので、そうなってくると必要になってくるかなと思っています。まだ具体的ではないですけど、跳びたいなという気持ちはあります。練習ではまだおりたことはないです」

−関大生になってどんなことをやりたい?
「大学生でしかできないことがたくさんあると思う。ちょっとオフな時期にいろいろ試したり、大学の勉強をしっかり頑張りたい。その時その時いろんな発見をして、体験できたらなぁと思っています」
【関連記事】宮原知子さん高校卒業式で号泣 春から文学部生−2016年2月14日
boomsports at 12:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年02月14日

宮原知子さん高校卒業式で号泣 春から文学部生


宮原さん卒業証書フィギュアスケート女子の宮原知子さん(みやはら・さとこ=17)が13日、高槻市で行われた関西大学高等部の卒業式に出席した。4月から関西大学文学部総合人文学科に進学。2回生で迎える18年平昌五輪に向け「絶対出場したいと思っている。優勝できるよう頑張っていきたい」と金メダルを誓った。

笑顔で卒業証書を手にした宮原さんだが、級友を前にしたホームルームでの挨拶では大号泣したという。「泣いちゃいました。スケートばっかりで、クラスのことができなくてごめんね…と言おうとして泣いてしまった。自分でも何を言っているかわからなかった」とはにかんだ。【写真・卒業証書を手にする宮原知子さん 卒業式では特別表彰を受けた】

関大高等部には、大学のような卒業論文の提出が義務づけられている。宮原さんが選んだテーマは「五輪には魔物がいるのか」。同大アイススケート部コーチの田村岳斗さん、織田信成さんの協力を得て1万2000字を書き上げた。
 
荒川静香さんを含む全員が犖淮悗砲和召了邱腓箸楼磴κ薫狼いある瓩畔崚したという。「そんなすごいところなんだ…と想像が膨らみました」と、トリノ五輪メダリストの金言に心を躍らせた。

大学進学後も、関西大学高槻キャンパスのアイスアリーナを拠点にする。2年後に控える夢舞台へ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)習得を目指す。「跳んでくる選手が増えてくると思うので、必要になってくると思っている」と自らに課題を課した。

18日開幕の四大陸選手権(台北)、世界選手権(3月30日開幕・米ボストン)では、銀メダルが続く。「また準優勝…という感じなので、今度こそは優勝したい。両方ともいい演技をして、自分の実力を出すことに集中したい」と頂点を見据える。

世界選手権出場のため、4月1日の関西大学入学式には出席できない。高橋大輔さんや織田さん、町田樹さんら偉大な先輩と同じ学部を選んだ宮原さんは「大学に入ってからもしっかり結果を出したい。スケートをもっともっと頑張らないといけない」と、関大生スケーターとしての抱負を語った。
【関連記事】フィギュア宮原知子さんが関西大学進学へ-2016年1月12日
宮原さん11
boomsports at 15:43|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年01月12日

フィギュア宮原知子さんが関西大学進学へ


宮原知子さんフィギュアスケート女子の宮原知子さん(みやはら・さとこ=17)が4月、関西大学へ入学することが分かった。今月中にも正式発表される。

関西大学は今年、創立130周年とアイスアリーナ開設10周年を記念したエキシビションが開かれる。14、15年の全日本選手権を連覇した女王が花を添える。

高等部3年の宮原さんは、文学部に進学予定。高橋大輔さんや織田信成さん、町田樹さんも同学部を卒業している。

浅田真央さんや錦織圭さんが所属するマネジメント会社とも契約。関大生スケーターとして、世界を目指す。【写真・関西大学に進学する宮原知子さん】

boomsports at 12:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年06月21日

織田信成さんが関西大学スケート部コーチに


織田信成さん講演会3今年3月に関西大学大学院を修了した織田信成さん(28)が、関西大学アイススケート部のコーチに就任したことが21日、分かった。大阪府高槻市の関西大学ミューズキャンパスで行われた講演会後、ブームスポーツの取材に織田さんが明らかにした。【写真・講演会でフィギュアスケートのジャンプやステップを実演する織田信成さん=6月21日、関西大学ミューズキャンパス】

織田さんは以前から、母で同スケート部コーチの織田憲子さん(68)の下でアシスタントを務めている。「先月、アイススケート部のコーチに就任させていただきました。まだ母の下で子どもたちを教えるのが中心ですが、ゆくゆくは大学生を教えることもある。フィギュアスケートに育ててもらったので、恩返ししたい。一緒にキスアンドクライに座れる日が来たら」と、後進育成への思いを口にした。

この日行われたミューズキャンパス祭では、90分間講演した。トークショーなどの出演経験はあるが、意外にも一般向けの講演会は初めてだという。「自分がしゃべり倒すタイプでもないですし…。関西大学限定です。講演活動をするなら、スケートのレッスンに時間を割きたい」と母校愛をのぞかせる。

440枚用意された入場整理券は、午前10時のキャンパス祭開始とともに即予定枚数を終了。アイスショーで共演する羽生結弦選手が移動バスの隣にいつも座ってくる話や、好きなアニメ「おじゃる丸」で盛り上がった話を披露した。壁ドンの写真が話題になったが「(羽生選手とは)皆さんにお見せできないような写真はいっぱい撮ってます」と話し、会場を大いに沸かせた。

「母校で講演をやらせてもらってうれしかった。4年間で自分のこれだけは負けないぞ、というものを見つけてほしい。それがある人は、もっと磨いてほしい。僕の場合は、それがスケートだった」と、本紙を通じて関大生にメッセージを送った織田さん。タレントとしても多忙な日々を送るが、軸足は母校のリンクに置いている。
【関連記事】織田信成さん会見3「コーチという形で関大に」-2015年3月25日
boomsports at 20:05|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年04月08日

高橋大輔さん留学前ラスト演技! 胸中語った


高橋さん演技会1フィギュアスケートのチャリティー演技会「東日本大震災チャリティー演技会2015〜復興の街、神戸から〜」が7日、神戸市のポートアイランドスポーツセンターで行われた。【写真・チャリティー演技会のオープニングであいさつする高橋大輔さん】

3月に関西大学大学院を中退した高橋大輔さん(29=08年文卒)、振付師の宮本賢二さん(36)が中心となって立ち上げた演技会は、これまでで約1億2300万円の募金を集め、経費を除いた収益金を日本赤十字社に寄付している。

今年で5度目の開催。高橋さんや織田信成さん(28=15年文院修了)ら17人のスケーターが2583人の前で演技を披露。募金活動も行った。

高橋さんは米国留学前のラスト演技で、映画「思い出のマーニー」の主題歌を初披露。今後についても胸中を語った。高橋さん、織田さんの会見での一問一答を掲載する。
【関連記事】高橋大輔さん1「ひと区切りをつける前の最後」-2015年4月8日
boomsports at 07:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

高橋大輔さん1「ひと区切りをつける前の最後」


高橋さん演技会2ーチャリティー演技会は5回目なんですけど、どんな思いで滑りましたか
「僕自身も次のステップに向かっているので、ただ、チャリティー演技会というものは続けていきたいと思っているので、次のステップに行く前に、また来年も続けていけたらなと思っている。自分自身も無理のないように、続けていけることができれば」

ー留学前最後ということで、複雑な思いでしたか
「気持ちの面ではこれが最後だなと思いながら…ひと区切りをつける前の最後だな、と。ただ演技として、最高のものが届けられたと思う」【写真・映画「思い出のマーニー」の主題歌・Fine on the Outsideを観客前で初披露した高橋大輔さん】

ー1曲目は思い出のマーニーの曲(Fine on the Outside)
「どこかでしたいな、と思っていたので、このタイミングが1番ベストだと思った。もうひとつ(I'm Kissing You)は、ソチ五輪が終わって初めて人前で滑った曲。次に向けて、明るいところで滑りたかった」

ー留学に向けては
「基本語学をメーンに。期待よりは不安が大きいですね。もう勉強漬けで。早めに習得できるように、集中してやっていきたい」

ースケートとは今後、どう関わっていく?
「スケートと関わっていくのが一番いいことだと思っているけど、本当に自分自身がやりたいことを考えて…それが何年になるのかわからないけど、本当にやりたいことができたら。最終的にそれがスケートだったら、今まで応援してくださった方への恩返しかなぁ。今は自分がやりたいことだけを考えて、もっとワガママを言っていいかなと思う」

ーファンへのメッセージを
「ファンの皆様にはとりあえず行ってきますって感じで。あえて何も言わずに、行ってきたいと思います」

ー被災地にはどんな思いを
「僕自身が被災地に協力できればいいな、と。思いを届けるつもりはない…といえばおかしいんですけど、気づかれなくても、知られなくても、続けていければと思っています。届けるというよりも勝手に協力できることはしたい。そういう気持ちでずっといます」

ープロスケーターになって、アイスショーで滑る気持ちは変わりましたか?
「プロスケーターという意識自体があまり持てなくて…気持ちが僕の中で定まっていない。フィギュアスケーターとしては滑っていますけど。そういう意味では現役の時と変わらない。ただ、アメリカに行って帰ってきて、もう一回滑るとなったら変わっているかもしれない」

ーエキシビションではどんな気持ちで滑っている?
「その時できる精一杯のこと…ちゃんとできるかどうかは別として、気持ちとしては精一杯を心がけて、お客さんに楽しんでもらえるということを心がけています。そういう意味では今までと変わらないと思う」
【関連記事】高橋大輔さん2「自分のために生きたい」-2015年4月8日
boomsports at 07:13|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

高橋大輔さん2「自分のために生きたい」


織田信成さん演技会2ー来年も(演技会を)続けていきたいと話していましたが、これからの1年を通じて得たものを、来年どういった形にして出したいですか?
「(演技会を)やりたいなと今は思っている。僕としては続けていきたいですけど、実際、できないと思えばできない。中途半端な気持ちでやるべきではないと思っている。するためにどうの、という気持ちでアメリカには行かないので。今はなんとも言えない。スケートのために生きているというよりは自分のために生きたい。スケートへの気持ちよりも…難しいんですけど、今は自分のわがままをやるべきかなぁ、と。それがなくなって、結局スケートを続けていければ…。きょう終わって、まっさらな気持ちです」

ーFine On The Outsideは人前で滑るのは初めて?
「撮影以外では初めてです」【写真・演技会終了後、織田信成さんとともに募金箱を持つ高橋大輔さん(左)】

ー思い出のマーニーを牋貶眛Г濬个考Φき瓩搬えていましたが
「僕は一歩踏み出したと思っている。(CMコラボの)話をいただいた時と自分のタイミングが合った。行動しないと次には行けないと思うので。あの映画の評価はいろんな解釈ができて難しいと思うんですけど、次に行くためには人を助けなきゃいけないし、助けてもらってばかりなんですけど…」

ースケートを通じて学んだことは
「スケートを通じて学んだことしかない。いろんな人に会うことができて、意見を聞くことができて、目標を見つけてくれたし、世界を見ることもできた。スケートをしなかったら感じない思いもありましたし。それが全てかな」

ー留学はいつ行っていつ帰る?
「(行くのは)今月くらい…ですね」

ー国別対抗戦に向かうチーム・ジャパンに向けてメッセージを
「国別もチームがすごく変わって、次の時代が来たのかなと思う。新しいチームをつくっていくことが日本の強化につながるので、思いっきり、精一杯、たくさんコミュニケーションを取って、優勝してください」
【関連記事】織田信成さん「高橋さん、宮本さんに感謝」-2015年4月8日
boomsports at 06:31|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年03月19日

卒業式も…町田樹さん「いち学生に戻ったので」


町田さん卒業式関西大学の平成26年度卒業式があす20日、千里山キャンパス中央体育館で行われる。13学部の卒業生6192人が、午前と午後の部2回に分かれ出席予定。新たな門出を迎える。

昨年12月28日のフィギュア全日本選手権で、現役引退を表明した町田樹さん(25=文4)も卒業。町田さんは1月15日、大阪府高石市で行われた講演会に登壇。同月19日に関西大学博物館を訪れて以来、ほとんど公の場に姿を見せていない。

卒業式に注目が集まったが、町田さんから関西大学の関係者に、卒業式欠席の連絡があった。大学院を修了する織田信成さん(27=文院2)とともに会見を開くプランもあったが、大学関係者は「いち学生に戻ったので、そっとしておいてください、とのことなので…」と話す。

全日本選手権終了後「皆さまには今後とも静かに見守ってくださいますなら幸いです」などと書かれたあいさつ文を読み上げた町田さん。氷上の哲学者は、ブレていなかった。

織田信成さんは、23日に行われる大学院の学位授与式に出席予定。約10年間の関大生生活に別れを告げる。高橋大輔さん(29=文院2)は、4月から米国に留学する予定だ。【写真・関西大学卒業式を欠席する町田樹さん】
boomsports at 03:33|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2014年11月20日

高橋大輔さん体育授業で先生に 今後も語った!


高橋大輔さん授業高橋大輔さん(28=文院2)が19日、大阪市内のスケートリンクで中学生200人にスケートを教えた。関西大学顧問の森本靖一郎さん(82)が理事長を務める大阪府スケート連盟が、市立築港中と連携して体育の授業にスケートを導入。競技人口の拡大と、将来のメダリスト発掘を目指す。

この日は高橋さんをはじめ、関西大学アイススケート部コーチの長光歌子さん(63)、本田武史さん(33)ら豪華すぎる指導陣がボランティアで集結。約2時間の授業で、同校の全校生徒にスケーティングの基礎を教えたほか、高橋さんは生徒の前で華麗な模範演技を披露した。【写真・市立築港中学校の生徒200人を前に、スケーティングを指導する高橋大輔さん=撮影・金洋秀】

10月の引退表明後、初めて公の場に現れた高橋さんは、授業後の会見で今後について「これからもスケートというものに関わっていきたい」と話した。また、フィギュアのGPシリーズ中国杯でアクシデントに見舞われた羽生結弦選手にも触れ「棄権してもいい。ゆっくり休んでほしい」と気にかけた。

ブームスポーツでは、高橋さんの会見を一問一答形式で掲載する。
【関連記事】高橋さん会見1 「スケートに関わっていく」ー2014年11月20日
高橋さん会見2 羽生選手に「ゆっくり休んで」ー2014年11月20日
高橋さん指導
boomsports at 18:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

高橋さん会見1「スケートに関わっていく」


高橋さん授業2ー中学生を指導するのは
「教えたことはないですね。やっぱり元気ですね〜。楽しかったし、いろんな中学校を訪問して、触れ合っていく機会があればいいし、いろんな人にスケートを楽しんでほしい。僕も最初は怖かったけど、滑ってみるとすぐに時間が過ぎる。リンクに足を踏み入れてほしい」

ー自身が中学校の時に、こんな指導をされたという思い出はありますか?
「思い出…いやあ、こういう授業はなかったので。こういう授業があるだけでも違うなぁ。きょう(生徒と)話してみると、みんなフィギュアのことを結構知っててくわしい。いろんな人が見てくれている。そういうところも(昔とは)違う」

ー指導者の道は?
「コーチってやっぱり大変だと思う。年齢で教え方も違うし、ぼくも昔教えられて不満もあったし、向こうにも葛藤があったと思う。そう思うと、コーチへの尊敬の念が深まるというか…。僕はコーチする覚悟が持てるのかなと思う」【写真上・模範演技で華麗なスピンを披露する高橋大輔さん 写真下・授業中は高橋先生の周りに自然と生徒の輪が=撮影・金洋秀】

ー引退表明後初の活動になりますが
「僕自身、あれからちょっとで、まだ先が決まっていない。仕事はたくさん入れず、最低限ゆっくり過ごして考えていこうかな。12月にアイスショーがあるので、そこへ向けてまずは。今後は決まっていないが、スケートというものに関わっていこうかなと思う。スケートを中心にとりあえずは動いている」

ーアイスショーのプログラムは?
「考え中です。できる範囲で徐々に。2カ月いっこも動いていなくて、筋肉が衰えてしまっている(笑)」

ーいまこれをやっている、ということは
「今後がはっきり決まるまでは、進んでこれをやっているというものは特に今はないです。あんまり次に向かって何をしなくちゃいけないのかな、というのではなく、アイスショーが12月、1月、2月と続くので、そこに向けて」
【関連記事】高橋さん会見2 羽生選手に「ゆっくり休んで」ー2014年11月20日
高橋さん授業3
boomsports at 09:56|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

高橋さん会見2 羽生選手に「ゆっくり休んで」


高橋さん授業ー引退表明してからのアイスショーですが、意識は違いますか
「引退してから初めて滑るので、プロフィギュアスケーターという意識がまだ難しい中で、あえて。みんな引退したと思っているので“こんなものか”と思われないようにしたい」

ーGPシリーズは見ていますか
「GPシリーズは見ずに、自分の中で世界のスケートを見ているので、あえて見ていない。後で結果を知って喜んでいたりしているけど…。次に向かっていきたいので、こうだというのはない」

ー後輩の町田選手についてはどんな言葉をかけてあげたいですか
「日本を背負っていく選手だから、自分のやりたいことをしっかりやっていければ。まあ、彼はブレないですけど(笑)」

ー羽生選手については?
「今までいろんな場面を見てきて、あれはどちらもぶつかったので、どっちが悪いとかではない。見極める目を養わないと。周りに気をつけながら、自分の世界をどうつくれるか。いい経験になった…という言い方はどうかと思うけど、ケガをすると自分も困るし、元も子もない。くわしい状態はわからないけど、ゆっくり休んでほしい。棄権してもいい。大事なのは五輪だし、次の五輪までまだある。しっかり治さないと、あとでガッと来る時がある」

ー大学院は来年修了できそうですか
「いやぁ、う〜ん…(笑)」
【写真上・笑顔を見せながら今後を語る高橋大輔さん 写真下・右手薬指には現役時代にはしていなかった?指輪が】
指輪

boomsports at 09:32|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年11月19日

高橋大輔さんが先生に 中学生にスケート指導


高橋大輔選手高橋大輔さん(28=文院2)が19日、大阪市内のスケートリンクで市立築港中の全校生徒約200人にスケートを実技指導した。大阪府スケート連盟と同校が連携して“世界一受けたい授業”が実現。この日は高橋さんを指導した関西大学アイススケート部コーチの長光歌子さん(63)、本田武史さん(33)ら豪華指導陣が集結。フィギュア人口の拡大と、将来のメダリスト発掘を目指す。

女子生徒の目がハートマークになった。午前10時、ジャージ姿でリンクに姿を現した高橋さんに、黄色い歓声が沸いた。「僕も教える方は初心者。ゆっくり楽しみたいと思います」。マイクを持ちながら身ぶり手ぶりを交えて、基礎からスケーティングを教えていった。華麗なスピンを披露すると「おぉ〜」というどよめきが起こった。【写真上・中学生を指導する高橋大輔さん。自然と周りに輪ができていく 写真下・授業後、記者の質問に答える=写真・金洋秀】

ボランティアで先生役を買って出た高橋さんは「コーチも大変だと思った。年齢によって教え方が違うし、僕も不満や葛藤があった。コーチをする覚悟が持てるのかな…と思った。でも、いろんな人にスケートを楽しんでほしいし、リンクに足を運んでほしい。こういう授業があるだけでも違う」と、継続しての指導を約束する。

10月に現役引退を発表。12月にアイスショーを控える。今後については「仕事をたくさんいれず、ゆっくり過ごして考えて行こうと思う。プログラムは考え中。スケートを中心にとりあえず動いているし、これからも関わっていこうかなと思う」と前を向いている。

フィギュアの中国杯でアクシデントに見舞われた羽生結弦選手については「集中すぎると見えなくなる。周りに気をつけながら、いかに自分の世界をつくるか。いい経験になったという言い方はどうかと思うけど、ケガをしては元も子もない。これで終わりじゃないので、ゆっくり休んで欲しい。(NHK杯を)棄権してもいい。今は大丈夫でも、後でドッと来ることがある。次の五輪までまだある」と休養を勧めた。
高橋大輔さん2
boomsports at 12:17|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年08月18日

3選手も全面協力!関大フィギュア展に1万2千人


展示8月関西大学千里山キャンパスの博物館で5月17日から開催されていた特別展「世界を魅せたトップスケーター 高橋大輔選手 織田信成選手 町田樹選手 栄光の軌跡」が、8月4日に終了。70日間で破格の1万1990人を動員した。

衣装やメダル、スケート靴など30点が、まさに国宝級扱いを受けた。博物館は重要文化財の土器を別の場所に移動し、各選手の“お宝”を重要文化財用の展示ケースに。博物館関係者は「関大にとっては衣装やメダルも重要文化財です」と、事もなげに話した。

3選手も協力を惜しまなかった。関大は4月に行われた学長表彰式で、衣装やメダルなどの提供をオファーした。町田樹さんはその日のうちに、フィギュア世界選手権のメダルを自宅から持参。織田信成さんの母親・憲子さんからも、段ボールいっぱいの思い出の品々が送られてきた。

高橋大輔さんの展示衣装が期間中、2度変わった。アイスショーにサプライズ出演するため、一時返却せざるを得なかったが、高橋さんは「代わりの衣装をすぐに送ります」。展示に穴を空けることなく、別の衣装が間髪入れず届いたという。

北海道や東京、九州などからもファンが殺到した。「この特別展だけのために、遠方から来られた方もいた。短い期間にこれだけ人が来るのは、なかなかないこと。またぜひ、やりたいと思う」(博物館関係者)。スタッフと3選手、ファンの情熱が、大きな輪となったフィギュア特別展。また4年後にー。【写真・開催最後の2日間で特別展に約2000人が集まった=関西大学博物館】
boomsports at 04:25|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年05月26日

大輔&樹が感謝の舞い 臨スポで御礼イベント


高橋さん会見2関西大学での応援感謝会で、来季休養を表明した高橋大輔さん(28=文院2)が25日、高石市の大阪府立臨海スポーツセンターで行われた「臨スポ目標達成御礼フェスティバル」に出演。ソチ五輪でのエキシビション以来、91日ぶりに公の舞台で演技を見せた。

新プログラム・映画ロミオ&ジュリエットの「Kissing You」を披露。3回転ジャンプも決め、午前・午後合わせて1040人の観客を熱狂させた。右ひざは治療中だが、かつての練習生として“感謝の舞い”を見せ「リンクが存続してうれしい。これからもできることは何でもする」と全面支援を約束した。

町田樹さん(24=文4)は「ここの氷は昨シーズンの僕の喜怒哀楽を一番よく分かっている。来季も臨海の氷とともに歩んでいくし、ずっと歩んでいく」と、自らを五輪舞台へ導いた練習拠点への思いを口にした。町田さんは21日に大阪府の松井一郎知事を訪問。同センターのスケートリンクを国際規格に拡張するよう要望している。

廃止危機だった府立臨海スポーツセンターは、匿名女性からの1億3千万円を含む1億5千万円の寄付が集まり存続が決定。すでに耐震・老朽化対策工事が始まっている。募金目標達成への御礼イベントとして行われたこの日のフェスティバルには鈴木明子さん(29)、村上佳菜子さん(19)も出演。演技に感謝の思いを込めた。【写真・フェスティバル終了後、囲み会見に応じる高橋大輔さん=25日・大阪府立臨海スポーツセンター、撮影・金洋秀】
【関連記事】高橋さん会見1「年齢の壁越えていけたら」ー2014年5月26日
boomsports at 05:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

高橋さん会見1「年齢の壁越えていけたら」


高橋さん1ー臨スポを復帰場所に決めた理由は
「このイベントの前に、アイスショーに出ようかと思っていましたが、なかなか気持ちと足の具合が合わずにちょっと厳しいかな…というところまで考えて。タイミング的にも自分自身だいぶ上がってくる時期で、復帰をするならこのフェスティバルで、久々に皆様の前で滑ることができたらなと思い参加させていただきました。久々に滑ったので緊張感もありましたし、滑りこむことがなかなかできない部分もあった。満足できる演技ではなかったと思うんですけど、2回目は気持ちよく滑ることができたと思う」

ー右ひざの経過を教えてください
「これからアイスショーも始まっていくので、これを機に…大丈夫だと思います。あまり焦らず、気持ちの方と相談しつつ、あとは足の状態を相談しつつやってきた。プランを立ててというよりは一日の感じを見て滑ってきたという感じです」【写真・臨スポ目標達成御礼フェスティバルで久々の演技を披露し、笑顔を見せる高橋大輔さん=撮影・金洋秀】

ー後輩へのメッセージを
「リンクが無くならずに済んだという気持ちを忘れずにやっていってもらえればありがたい。どんどん成長して、僕らがやってきたことを引き継いでくれたら。大げさに言ってしまうかもしれないけど、あきらめずにやってくれば形になるんじゃないか。いろんなことに挑戦して、いろんな失敗をして、あきらめずにやってもらえたらいいなと思う」

ーどんな演技を見せたいと思いますか
「現役をどうするかで、迷っているところではあるので、それが決まるか決まらないかで変わってくると思うんですけど、気持ちさえあれば年齢は関係ないということを見せられたら、それは自分にとって最高のことじゃないかと思います。年齢の壁を越えていけたらと思っている」
【関連記事】高橋さん会見2「プライベートは何もない」ー2014年5月26日

boomsports at 03:14|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

高橋さん会見2「プライベートは何もない」


高橋さん2ーリンクの拡張など臨スポの支援については
「これからもできる限りのことはやっていきたい。大阪はリンクの数はあるんですけど、選手として練習できる場所はそんなに数が多くない。樹くんが練習しているが、試合に行くには国際基準だったりとか調整が難しいと思うので、この場所でできればもっと選手が世界へ羽ばたいていける。何ができるのかわからないが、協力できることはやっていきたい。臨スポだけではなく、他のリンクでも」

ーきょうの演技はどうでしたか
「緊張しすぎて失敗しまくって。ジャンプではなかったですけど、2回目一番盛り上がるところで失敗して恥ずかしかった。(kissing youは)もともと中庭健介君の曲。すごく好きでやりたいなと思っていたし、普段からずっと聴いていた。本当にしたい曲をしようかなと思って決めました。スローだし速い曲はまだまだ難しい。4月で、振付は宮本賢二さんです」

ージャンプの練習はしていますか
「練習であまりやっていない。最近ですね。ひざはやっぱり腫れたりする。完璧には治っていない。休養すると決断して気が抜けたところがある。練習に行こうと思っても、きょうは無理だなと思うときもありました。リハビリしたりとか、気持ちが盛り上がらない部分もあったので。でも、今あまり無理してもダメだなと思ったので、したい時にして……という風にしている」

ー今こんなことをしたい、というのはありますか
「貪欲にもなりたくない。自分でこれしたいなと思ったらして。気楽にやっていけたらなぁと思う。プライベートは…?特に何もないですね。言わないですよ(笑)」【写真・ソチ五輪エキシビション以来の演技を見せた高橋大輔さん=撮影・金洋秀】
【関連記事】高橋さん会見3「人生で初めての決断」ー2014年5月26日

boomsports at 03:07|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

高橋さん会見3「人生で初めての決断」


高橋さん3ー取り組みたいことはありますか
「スケートは二の次、という言い方はおかしいですけど、メーンではない。ダンスも好きだし、他にも出てきたらやろうかなと思っている。何かが一番で、スケートはその次という感じ」【写真・臨スポの練習生から花束をもらう高橋大輔さん=撮影・金洋秀】

ー選手が来季へ向けて練習しているのを見て、さびしさはないですか
「今のところはないですね。頑張っているなぁ…頑張れ!と思って見ている。試合が始まったら出たいと思うかもしれない。ケガをして休んでいる時はありましたけど、自分で決めて休んで見るシーズンは初めて。どういう風になるか楽しみ。(試合を)すごく見ちゃうかもしれないし、見ないかもしれない」

ー1年休養と決めたが
「期限を決めているわけではなくて、とりあえず1年くらいは。その後のことは決めていない。自分がやりたいと思えば戻ってくるだろうし覚悟もいる。他のことに気持ちがいくのであれば、他のことをするだろうし。ある意味そういう決断をするのが人生で初めて」

「物心ついたことからスケートしてて、いろんな人に助けてもらって、すごくいい道をつくってもらって、それに乗ってきた。そういう道を歩んできて五輪が終わって、世界選手権出ないとなった時に、自分の人生を自分で決めていないなぁと思って。ターニングポイントなのかなと思うので、もう少し考える必要があると思っている。心の底からやりたいことをやっていきたい。今までやりたいことをやってきて幸せな人生を送ってきたので、同じ人生を送りたい」

ー幼なじみの青山敏弘選手がサッカー日本代表に
「サッカー、スケート関係なく、それ以外のことでも仲が良かった。同学年としても特別な意味合いがあるし、刺激も受けてきた。離れてみて、いい意味でライバルみたいな感じがあった。一度Uー18でやっているところを見かけて、あれ!?そうちゃうかな!?と思ったけど、声をかけられなかったことが…(笑)」
【関連記事】町田さん会見1「来季に向け危機感」ー2014年5月26日
boomsports at 02:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

町田さん会見1「来季に向け危機感」


町田さん臨海2ー臨スポへの思いを聞かせてください
「みんな毎日朝6時から夜遅くまで頑張ってますし、とても充実していますし…。たくさんの皆さんの支援のおかげで、僕も含め毎日毎日スケートをやれる幸せというのをこういう機会でより感じることができる。みんなもまたそういう気持ちを忘れずに、頑張ろうという気持ちになる。今回素敵なフェスができて、僕もうれしく思います」

ー後輩達にメッセージを
「彼らの代表…というのは恐縮なのですが、一仲間としてしっかり活躍できたらなと思う。お手本になるように…というのも恐縮なのですが、何かヒントであったりインスピレーションを与えられるような演技や練習をしていけたらなぁと思っている」

ー大阪府知事にリンクの拡張を要望したが
「まず大前提として、氷がずっと続いていくということがリンク拡張よりも大事。それを踏まえた上で、リンク拡張ができたら幸せなことはない。一番大事なのは今のサイズでも、リンクがずーっとあることが大事なことだと思います」

ー来季に向けては
「やっとショーラッシュから帰って、日常に戻って来た感じ。そしてまた来月から始まって…という感じですね。正直、来シーズンに向けては危機感を持っている。しっかり腰を据えて練習ができていなかったので、今の自分の状態は危険だと思います。危機感を持って練習することが大事だし、来シーズン新しい自分というものをさらに見せていきたいので、創意工夫をしながらやっている感じです。こんなジャンプの入り方おもしろいんじゃないか、とかこんなスピン開発したらおもしろそうだとか、日々考えてトライしている。新しい発見があって、充実した毎日を送っています」【写真・来季へ危機感をつのらせる町田樹さん=撮影・金洋秀】
【関連記事】町田さん会見2「新しい自分を出せたら」ー2014年5月26日
boomsports at 02:47|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

町田さん会見2「新しい自分が出せたら」


臨スポ町田さん1ー来季のプログラムは
「2つがしっかり完成するのは8月末。非常に危機感を覚えている。すごく遅くてこんなこと異例なので。自覚してやっていかないといけない。“町田君昨シーズンだけ成功したの?”と言われちゃうので、それは言わせたくない。また成長したというスケートをしたい」

ープログラムづくりは海外で?
「海外でやると思う。ショートは来月、フリーは8月くらいになる。ルールがふわふわ不安定で、演技時間も論争があるし、困っています。ショートとフリー、どちらも(フィリップ)ミルズさんの所で」【写真・来季のプログラムについて言及した町田樹さん=撮影・金洋秀】

ー新エキシビションの「Je te veux」については
「2作目ということで緊張した。1作目をある程度評価してもらって、期待も高まっている状態。2作目はそれ以上のものを提供しないといけない。どんな職業でも2作目は難しい。そういう意味でも恐怖感はあったが、怯えていてもしかたがないし、また新たな作品を創ろうと思って。日本人誰もが、曲名は知らなくてもCMやカフェで聞いたことがあると思うし、世界を見渡しても、あの曲で滑った選手はいないと思う。難しかったし難航しましたが、新しい自分が出せたらと思ったし、そこを自分がやろうという思いもありました」
【関連記事】町田さん会見3「いただきますと一緒」ー2014年5月26日
boomsports at 02:43|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

町田さん会見3「いただきますと一緒」


臨海町田さん3ールール変更については
「ジャンプの判定は気にしていない。ルールを議論したり決定するのが遅すぎる。ルールの決定の遅さというのは、選手に準備期間を与えないわけですよ。プログラムも中途半端になったり、準備不足になっていい演技が競技会でできなくなる。質も下がるし、フィギュアのクオリティが下がったと思われかねないし、人気も低迷する。ルール決定から適用まで1年あってしかるべき。五輪後に変えたいのであれば五輪シーズンに議論をして、五輪が終わった瞬間に提示しておくべき。選手もだし、振付もだし、スケートに従事している人はやっぱり困りますよね」

ー臨海のリンクで演技前、氷を触っていましたが
「最近よく聞かれるんですが、いつもやってて、まずは氷に感謝。氷を造ってくれる人に感謝。いただきますと一緒です。きょうは僕を昨シーズン支えてくれたので、すべてに感謝というか、五輪も世界選手権も無事に戦えて、いい演技ができました、ありがとうございました、という思いで行動しました」【写真・笑顔を見せる町田樹さん=撮影・金洋秀】
boomsports at 02:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年04月14日

関大フィギュア3選手を学長表彰


20100402_045関西大学は14日、フィギュアスケート男子の高橋大輔さん(28=文院2)と町田樹さん(24=文4)、現役引退を発表した織田信成さん(27=文院2)の活躍を称え、学長表彰を授与すると発表した。

高橋さんと織田さんは、バンクーバー五輪直後の2010年4月にも学長表彰を受けた。21日に千里山キャンパスで行われる学内行事で、楠見晴重学長(60)から表彰される。学内行事では3選手がそろい踏みしてのトークイベントも予定されている。【写真・2010年にも学長表彰を受けた高橋大輔さん、織田信成さん=2010年4月2日】
boomsports at 22:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年04月03日

高橋大輔さん胸中明かす 神戸で演技会


演技会終了後jpgフィギュアスケートの慈善演技会「東日本大震災チャリティー演技会〜復興の街、神戸から」が2日、神戸市のポートアイランドスポーツセンターで行われた。

今年で4度目の開催。兵庫県スケート連盟が主催し、高橋大輔さん(28=文院2)と振付師の宮本賢二さん(35)を中心に企画された。【写真・総立ちの観客に応える出演者=ポートアイランドSC】

右ひざの故障で、3月の世界選手権を欠場した高橋さんは、リンク上での進行役として出演。浅田真央さん(23)、織田信成さん(27=文院2)らが演技を披露し、演技会後は募金活動を行った。

2500人の観客から大声援を受けた高橋さんは、進退について「ゆっくり考えていけたら。現役を続けるとなると次の五輪を目指してしまうし、相当な覚悟が必要。辞めるは辞めるで難しい。何がいいことなのかわからない」と胸中を明かした。
【関連記事】高橋大輔さん会見1「お客さんの温かさ感じた」ー2014年4月3日
boomsports at 09:51|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

高橋大輔さん会見1「お客さんの温かさ感じた」


高橋大輔さん進行役ーきょうのイベントを終えての感想は
「ケガもなく無事に終了することができて、そこが一番良かった。今回で4回目になるんですけど、4回ともお客さんが温かい雰囲気を作って下さった。お互いきょうは楽しく終われたと思います」【写真・演技会の進行役を務めた高橋大輔さん】

ー復興への思いを聞かせてください
「地震から丸3年経ちますけど、メディアを通してだったり知り合った人から、いろんなことを目にしたり耳にしたりして、本当にまだまだ傷が癒せなかったり時間がかかる。できることは微力ですけど、こういった形でしかできないですが、長く続けていければという気持ちがある。長く続けられるのは足を運んでくれるファンの方や、スケーターみんなの気持ちがあるからこそ。僕一人の力では何もできない。同じ気持ちの方が集まっているからこそではないかと思う」

ー東北の方へは
「東北の方もやっていることを知らないかもしれませんが、お金とか、恩着せがましくすることなく、少しでもという気持ちで。(チャリティー演技会は)手作り感満載で、どう伝わっているかわかりませんが、少しずつ、やっていることを知ってもらえれば」

ー浅田真央さんも参加した
「きょうは素晴らしい演技を見せてくれた。僕達もターニングポイントの時期であると思うんですけど、本当に大変なスケジュールの中、力を貸してくれた。スケーター仲間として本当にうれしく思っているし、肌で感じられたことは特別なことだと思う」

ーきょうは見る立場でしたが
「本当ならジャンプなしでも滑りたかったが、まだまだスケートを続けていきたいと思っているのでひと休み。きょうは苦手なしゃべりで参加させてもらいました。なかなか見る機会はなく、中身を見ることができて、今まで以上にお客さんの温かさを感じました」
【関連記事】高橋大輔さん会見2「続けるには相当な覚悟」ー2014年4月3日
boomsports at 09:46|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

高橋大輔さん会見2「続けるには相当な覚悟」


高橋大輔さん募金活動ーソチから帰ってきてリンクへは
「そこを聞きますか(笑)。まったく何もしていません。滑りたくなるまでというのもありましたし。筋トレはしていたし、滑れる準備はしていましたが、スケートはしていない。10年ぶりくらいに好きな時間を過ごそうと思いました」【写真・ファンの激励に応える高橋大輔さん】

ー足の具合はどうですか
「休めば治るという話は、ケガをした当初から聞いていたので何もしていない。水がたまっていることもないし、痛みもない。今後についてや先のことは3月中には何も考えず、したいように過ごそうと。4月くらいからアイスショーもある。スケートに向き合いながら、ゆっくり考えていけたらと思う」

ー現役生活を続けるにしろ辞めるにしろ、必要な気持ちがあると思うがいまはどんな感じですか
「続けるにあたっては、本当に続けるとなると1年、2年ではなく次の五輪を目指してしまうので、それには相当な覚悟が必要となる。勢いで決められるものではない。今までみたいな考えや態度、生活の送り方ではできない。覚悟を持つなら現役を続けたいし、そこを自覚しなければならない。辞めるは辞めるで難しい。僕自身で何がいいことなのかわからない」

ー世界選手権はどうでしたか
「少し複雑な気持ち。観客の中で滑りたかったし、心から選手を応援している気持ちもある。今までとは違う感じで見させてもらいました」
【関連記事】織田信成さん会見1「2人の決断尊重したい」ー2014年4月3日
boomsports at 09:40|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

織田信成さん会見1「2人の決断尊重したい」


織田さん演技2ーきょうの演技会に参加していかがでしたか
「今回も参加させていただき光栄。復興へ向けて大きな輪を広げて行けたらいいなと思います」【写真・コットンクラブを熱演し、笑顔を見せる織田信成さん】

ー現役を終えて今はどんな気持ちですか
「毎日練習をしていたので練習がないさみしさもあるが、いろんなことに挑戦させてもらっていて、出会いや経験をさせてもらっている。毎日が新鮮です。プロスケーターとしては自分の持っている技術が衰えないよう練習していきたいと思っている。いろいろ前向きになっているのが今の気持ちです」

ー 一歩引いたところで浅田選手や高橋選手を見てどう思う
「浅田選手も高橋選手も日本のスケート界を引っ張ってくれた第一人者。大きな存在だと思う。浅田選手、高橋選手が今からどういう決断を下して、どういう道を進んで行くのかわからないですけど、今まで成績だけじゃない、たくさんのものを残してくれた。お疲れ様、ありがとうという気持ちもあるし、これからもまだまだ見たいという人もたくさんいる。でも浅田選手、高橋選手の決断を僕達が一番尊重してあげないといけないと思っています」
【関連記事】織田信成さん会見2「ソチに負けない演技を」ー2014年4月3日
boomsports at 09:35|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

織田信成さん会見2「ソチに負けない演技を」


織田さん募金活動-コーチ業はどうですか
「いま午前は自分の練習をして、午後は子ども達が学校終わって来るので教えている。時々いろんなお仕事をさせてもらっているので、コーチの方は毎日継続して教えられていないが、コーチも難しいなぁという感じです」

ーきょうは何を見せたいと思って滑りましたか
「みなさんソチ五輪でいろんな演技を見て、感動したと思うので、その感動に負けない演技を見せたいと思いました。復興に向けての演技会なので、一生懸命やることが一番、僕らにできること。練習からしっかりやっていこうと思いました」

ー世界選手権は
「後輩達からたくさんメダリストが生まれた。羽生選手の金、町田選手は同じ関大で銀。誇りに思う。浅田選手の金もすごい。みんなの笑顔が見られて、いい大会だったと思います」
【写真・演技会終了後募金活動を行う織田信成さん】
boomsports at 09:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年02月18日

高橋、町田 来春関大卒業 学長は“残留”熱望


楠見学長・応援会高橋大輔さん(27=文院2)と町田樹さん(23=文4)が、来年2015年3月に関西大学を修了、卒業する見込みであることが分かった。15日に行われたソチ五輪応援会で、楠見晴重学長(60)が明らかにした。楠見学長は職員やコーチ、大学院進学などで“関大残留”を熱望。帰国後にも2人と話し合う意向だ。【写真・15日のソチ五輪応援会で取材を受ける楠見晴重学長=千里山キャンパス】

高橋さんは2004年に文学部に入学。08年4月に大学院に進学し、休学期間を含めて10年間関西大学に在籍している。楠見学長は1月に高橋さん、町田さんと懇談。「高橋君は修士論文を書きますと言っていた」と話し、高橋さんが来春の大学院修了に向け、修士論文にとりかかることを明かした。

関大生としてトリノ、バンクーバー、ソチ五輪に出場。バンクーバー五輪では、現役関大生初となる銅メダルを獲得した。楠見学長は「まだ白紙ですが、関大と何かしらの形で関わり続けて欲しい。彼を受け継ぐ人材が出てもらいたい」と話し、指導者などへの就任を望んだ。

関大では1月30日まで秋学期試験が行われていたが、町田さんはソチ五輪へ向けた調整と並行して試験を受けた。楠見学長は「町田君は“試験を受けてソチへ行きます、卒業します”と。私としては試験を受けるなとも言えないし…」と苦笑していた。

休学期間をはさみ、4月には6年目の関大生生活を迎える町田さん。卒業へは第2外国語・中国語の単位取得と、卒業論文の提出が必須だ。卒論のテーマには芸術とフィギュアスケートを選び、選手村にも卒論の文献を持参した。高橋さんや織田信成さん(26=文院2)のように大学院進学という選択肢もあるが「本人の希望もある。2人の帰国後にも話したい。まずはご苦労さんと声をかけてあげたい」と楠見学長は話した。

町田さんはソチを“最初で最後の五輪”と表現。「新しいプロジェクトを進行させたい。自分が競技人生を終えて、スケート界に携わる人材になるのであれば、ソチという舞台は大きな経験の場。五輪の運営や進行の仕方など、多くのシチュエーションを観察して学んでいきたい」と話しており、大学卒業とともに選手生活を退き、新たな夢へ踏み出すことも視野に入れている。

昨年12月の全日本選手権を最後に現役引退した織田さんも、修士論文を提出しての大学院修了が一番の目標だ。関西大学の名を全国にとどろかせた3人が来春、学び舎から同時に巣立つ可能性が出てきた。
【関連記事】関大ソチ五輪応援会で350人熱狂!涙の関大生もー2014年2月15日
町田樹さん会見3「渾身のガッツポーズを」ー2014年1月17日
boomsports at 01:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年02月14日

大輔4位町田11位発進 きょう深夜に関大応援会


バンクーバー五輪応援会3ソチ五輪フィギュアスケート男子SPが日本時間14日に行われ、高橋大輔さん(27=文院2)が86.40点で4位、町田樹さん(23=文4)が83.48点で11位でスタートした。羽生結弦さん(19=ANA)が男子SP史上最高の101.45点をマークし首位に立った。

ロシアの“皇帝”エフゲニー・プルシェンコ(31)が棄権し、現役引退を表明する波乱の幕開け。29番滑走で登場した高橋さんは「自分の滑りはできなかったが、精一杯はやれた。なかなか厳しい戦いだが、まだ終わっていない。精一杯やれること、最高のパフォーマンスを目指してやるだけだと思います」と話し、フリーの演技に望みをつないだ。

大トリの30番滑走だった町田さんは、ミスもあり表情に悔しさをにじませる。「メダルが手に届く位置にいる。日本はバレンタインデーですよね。逆バレンタインできるよう頑張ります」と自身を奮い立たせた。

関西大学千里山キャンパスでは、きょう深夜26時(15日午前2時)から凛風館1階で応援会が行われる。学生や教職員約200人が、巨大スクリーンで男子フリーの競技を観戦。ソチのリンクへエールを送る。同キャンパスで深夜にイベントが行われることは極めて異例だ。

高橋さんが2010年バンクーバー五輪で銅に輝いて以来、現役関大生のメダル獲得がかかる。4年前の応援会では、500人の関大生が歴史的瞬間を目撃した。深夜の千里山キャンパスが、歓喜の輪に包まれる。【写真・4年前のバンクーバー五輪応援会=2010年2月19日】
boomsports at 05:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年02月05日

高橋大輔さんのSP曲変更なし 関大HP上で声明


53)作曲家・佐村河内守さん(さむらごうち・まもる=50)の楽曲が、実際には別人の作品だった問題で、ソチ五輪フィギュアスケートの男子SPで「ヴァイオリンのためのソナチネ」を使用する高橋大輔さんのマネジメント会社が5日、関西大学の公式ホームページ上で「高橋大輔を応援して下さっている皆様へ」と題したメッセージを掲載した。

メッセージでは「高橋ならびに我々関係者は本件を存じておりませんでした。今後も本ショートプログラムの変更は致しません。今はオリンピック直前の大切な時期ですので、やるべきことに真摯に取り組み、本番を迎えたいと思います」とあり、SP曲を変更しないことを明らかにした。

両耳が聞こえない作曲家として現代のベートーベンといわれた佐村河内さんだが、90年代後半から作曲をしておらず、同曲も別の男性が作曲していた。【写真・高橋さんのマネジメント会社のメッセージが掲載された関西大学の公式ホームページ】

boomsports at 17:46|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年01月19日

臨スポで町田樹さん壮行会 関大では応援募金


町田さん臨海壮行会1ソチ五輪フィギュア日本代表に選ばれた町田樹さん(23=文4)が18日、練習拠点の大阪府立臨海スポーツセンターで行われた壮行会に出席した。16日に行われた公開練習では仕上がりの遅れを口にしていたが、約100人の練習生や同センター関係者から激励され「本当にうれしい。勇気づけられている」と感激。大舞台での奮闘を誓った。また、関西大学では高橋大輔さん(27=文院2)と町田さんへの応援募金http://www.kansai-u.ac.jp/mt/archives/2014/01/post_821.htmlがスタート。臨スポと関大で応援態勢が敷かれた。【写真・大阪府立臨海スポーツセンターの練習生や、関係者から送られた国旗を広げる町田樹さん】
【関連記事】町田さん壮行会1「勇気づけられている」ー2014年1月19日
boomsports at 12:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

町田さん壮行会1「勇気づけられている」


町田さん臨海壮行会2壮行会でのあいさつ「このリンクは数え切れないたくさんの方々の温かい思いやご支援で成り立っているリンクです。本当にささいなことかもしれませんが、僕が五輪に行くことで恩返しができたらいいなと思っている。感謝の気持ちとか恩返しをするためにはソチの舞台で最高の演技をすることが必要なので、がんばっています。自分を制する者はより強いとおっしゃっていましたが、僕もまだまだ自分をコントロールしきれていない未熟者。毎日自分に負けちゃいそうな時もあるが、朝6時からみなさんと練習させてもらって、みなさんの頑張りとかを見て、僕も頑張らなきゃな、と勇気づけられています」

「僕は決して小さなころから生まれ持った才能を持っているわけではなく、たくさん挫折してきた。今までたくさんの試合で滑ってきましたけど、8割くらい失敗の数々だった。でも、本当に多くの方々に支えられて20年間スケートをやってきたんですけど、その20年の努力が実り幸せです。僕にできたんだから皆さんにもできると思う。ここ臨海スポーツセンターとがんばっていきたいと思う。ソチの生中継は深夜なので、鍋をやると聞きましたが、大西先生といいお肉を差し入れられるよう頑張ります」

ー五輪を初めて意識したのは
「4年前のバンクーバーの時に最終選考の全日本で、僕は第1補欠となったんです。4位で。その時にもうひとつ繰り上がれば代表選手になれる、ということで自分ももしかしたら、と思った。そこからですね。それまでは意識しませんでしたし、考えたこともなかった。そこからの4年間もずっと平坦ではなく、このままじゃダメだという日が続きましたね」

ーきょうの壮行会は
「本当にうれしかった。最近練習もうまくいかなかったし、順調にいかなかった。調子も上がってこず、失敗ばかりして落ち込んで、自分に負けちゃう日々が続いた。自己嫌悪の、反省ばっかりする日々が続いたんですけど、こういう温かい会を開いてくれて、本当に応援してくれているんだなというのが心から伝わりうれしかった。あと出発まで2週間しかないですけど、一日一日自分に負けそうな時はきょうのみんなの笑顔だったり応援してくれている姿を思い出して自分に負けないようにしなきゃな、と改めて決意しました。つらい中やってきて自分に負けそうで“きょうは練習したくない”という日もあるけど、あんな小さな子達が朝早くから来て、頑張っているから自分も負けられないという気になれる。きょうも応援してもらったけど僕がみんなに何かをしているわけではなく、みんなが僕を応援し、支えてくれている。今後、みんなのためにできること、貢献できることを模索しながら、恩返しをしていこうという思いが強い」

ー子ども達から話しかけられることは
「ルックスがガキなのでよく話かけられますよ。話が合います。みんな素敵なコーチがいるので、技術指導はしません。“まちだくん”と呼ばれています」【写真・臨海スポーツセンターの練習生や関係者からの激励を受け、親指を立てる町田樹さん】

ー臨海で一番心に残っていることは
「きょうのあの瞬間が、会のことが心に残りました。このリンクほど多くの方の支援で成り立っているリンクは、日本中どこにもない。僕が五輪に出ることはささいなことかもしれないが、恩返しになる。五輪や世界選手権の舞台で、いい演技をしていい成績を残すことで、感謝の気持ちが伝わると思う。そういう方々の思いがなければ、今の僕はありえない。感謝の気持ちで立ちたいと思う」

ー自分を奮い立たせるためにしていることは
「ソチを念頭に置いた場合、ライバル同士のやるかやられるかの真剣勝負だと思っている。僕はやられるのか、やられたいのかと思って、いや、ぼくはやる方に回りたい。そういう思いだけです」

ー一番心が折れそうになった時は?
「やっぱり全日本の時です。体が動ける状態ではなかったし、靴も右だけダメな状態だったので。正直あきらめかけていた。全日本まで20年間つらかったけど、2013年1年は全日本まで本当に過酷だった。耐えてきたのは全日本で勝って出場権を得るため。せっかくここまで過酷なことに耐えてきたのに今ここで、もう少しのところであきらめるのか?絶対にだめだと自分にいい聞かせて最後までやってやる、とう気持ちでやってきた。無我夢中の状態だった。本当に体が動ける状態じゃなかった。命がけだった」
【2に続きます】
【関連記事】町田さん壮行会2「歯車を合わせていく」ー2014年1月19日
boomsports at 12:27|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

町田さん壮行会2「歯車を合わせていく」


町田さん臨海壮行会3【1から続きます】
ーうまくいかないという発言があったが
「毎日いろいろあるわけですけど…。調子悪いというか、コンディションがまだ万全ではない。そのたびに自分に腹が立つ。練習やめたいなとかつらいとか、もやもやした気持ちになるけど…。みんなの頑張りだったり、こうやって応援してもらっていて、そういう時にでもしっかり自分に負けずに、こういう時こそどれだけ努力できるかと思う。臨海スポーツセンターがなければ今の自分はない。ソチの出場権も得られていないと断言できます」

ー調子が悪いのはジャンプですか
「特にジャンプが不安定です。スケートはジャンプ、ステップ、スピン、いろんなスケーティングとかいろんな歯車がかみ合ってひとつの作品になっている。何かひとつが狂ってくると、プログラム自体のコンディション悪くなる。いまそういう感じですが、ソチまでに絶対間に合わせます。どんどん歯車を合わせて、ひとつの作品に仕上げていきたい。これは僕だけに限った話ではない。どこかに不安があると、プログラム自体のコンディションが悪くなっていく。フィギュアはそれだけ繊細な競技」

ーソチまでにどんなストーリーを描いているか
「ソチは最初で最後の五輪。人生一度きりの舞台。絶対に後悔したくないし、堪能したい。フィギュアだけではなく他競技のトップアスリートも集結する貴重な経験の場。いい演技をしていい成績をかっぱらって、自分の学ぶべきことをすべて学んでできることはすべてやって帰りたい。欲張りです」

ー五輪までのスケジュールは
「ここ(臨海)で腰を落ち着かせて、毎日練習して出発します。毎日5時に起きて、朝練して、あとは昼か夜に3〜4時間ですかね…」【写真・大阪府立臨海スポーツセンターで行われた壮行会であいさつする町田樹さん】

ー靴へのこだわりは
「靴の軽量化が進んで、みんな軽い靴へと行くんですけど、軽い靴は一概にベストではない。その人に合った靴の重さなり、ブランドがある。僕にとって小杉スケートの靴とエッジが一番。ハンドメイドだから安心感がある。エンジニアも一流なので安心してゆだねています」

ー重さが競技に影響が出てくる?
「これから研究していくべき分野。軽いと力やいろんなポジションはとりやすいが、ジャンプになってくると軽いことが一概にいいのかと言われるとそうとも言えない。遠心力とか振り子の力もあって跳んでいる部分もあるので、一概に軽さがジャンプの向上につながるかといえばそれは謎だと思う。スパイラルにも負担がかかるしより簡単に持続時間が長くできるので、美を追求するには軽い靴がいいかなと思う。僕も来年からは軽い靴を視野に入れていきたい」

ー臨海のリンク環境は
「僕は小さな頃からジプシーをやっていて、広島のリンクは半年しかやっていないリンクだった。岡山とか山口とか福岡とか島根とか…。車に2時間かけて往復4時間ですよね。それで練習時間は1時間で、学校終わってから行くので、帰りは夜12時過ぎることがある。大変な思いをしてきた。それだけにリンクのあるありがたさは誰よりも分かっているつもりです。アメリカの環境は整っていて、育成するためのリンクはあるので、環境はいいと思う。ただ、良すぎて依存することがけっこうあるし、異文化のストレスだったり一概には言えない。いろいろ経験してきてここに帰ってきて本当にいろんなことがあって、いろいろな思いがつまったリンク。危機を乗り越えたリンクだからこそ気が引き締まる。これほどいい環境はないと思う。どのリンクに携わる人も五輪選手を出したいという思いは当然。そんな思いに貢献できたことは光栄。あとは出場するだけでなく、求められる演技や結果を出したいと思う」
boomsports at 12:12|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年01月17日

町田樹さんが臨スポで公開練習


町田さん公開練習・メーンソチ五輪フィギュア日本代表に選ばれた町田樹さん(23=文4)が16日、練習拠点の大阪府立臨海スポーツセンターで練習を公開。「仕上がりは30〜40%。五輪には必ず間に合わせます」と危機感を口にしながらも、約1時間の練習で4回転ジャンプを何度も成功させた。会見では「苦渋の決断をした」と、大西勝敬さん(おおにし・よしのり=59)をメーンコーチにソチの舞台へ挑むことを明言。新エキシビションや今後の目標、臨海スポーツセンターへの思いについて語った。【写真・町田樹さんは約1時間、100人の報道陣の前で練習を公開した】
【関連記事】町田樹さん公開練習1「苦渋の決断をしました」ー2014年1月17日
boomsports at 05:47|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

町田樹さん会見1「苦渋の決断をしました」


町田さん公開練習1会見冒頭のあいさつ「昨年は僕にとって激動でそして過酷な年だったけど、最後まであきらめず強い気持ちを持って、邁進してきたつもりです。多くの皆様に支えられながら幸運にも昨年末の全日本で2位という成績を得られ、ソチ五輪に出場できることになったんですけど…。僕は五輪に出場したことがないだけに出発まで半月なんですけど、いまだに実感がわかないというか、イメージがなかなかできない」

「五輪でどういう風にすごしているのか想像ができないので、五輪は僕にとって未知数ではある。五輪で動揺しないように一日一日、自分に厳しくやってきたいという思いがある。なかなか自分に負けちゃう日もあるわけで、反省しながら、力強く進むつもりです。大西勝敬先生も一緒に五輪に行ってくれるんですけど、大西先生は五輪を経験しているので、いろいろ学びながら一緒にやっていきたい」

ーイメージが湧かないというのは?
「五輪に対するモチベーションが上がらないというわけではない。ソチの舞台で自分が演技していることはイメージが湧くんですけど、選手村がどういう所なのかとか、どういう一日を送るのかとか。怖いとか不安ではなくて、実感が湧かない。だからこそ楽しみでもある」

ー誰かに経験談を聞いたりしますか
「行きの飛行機が長いので、大西先生と話しながら経験談を聞きたい」【写真・大阪府立臨海スポーツセンターで、約100人の報道陣を前に練習を公開した町田樹さん】

ー今の状態はどうですか
「準備万端が100%だとすると、30〜40%。正直仕上がりは遅れている。危機感はあるんですけど、五輪までには必ず間に合わせます。ジャンプの精度が悪いですし、4回転もいい時も一回目から降りない時もあるし、不安定な部分がある。なかなか”いい練習ができた”という日が少ない。反省する日が多々ある。きのう鈴木(明子)選手が公開練習で“五輪なんだから辛いのはあたり前。当たり前なんだからそれを受け入れて、楽しみに変えてやっていく”という話をしていてその通りだと思いました、鈴木選手も五輪は2回目なので、僕も五輪までそう過ごそうと思いました」

ー大西勝敬コーチがメーンコーチとして五輪に帯同する
「今シーズン、春から大西先生と一緒にここまで来られたんですけど、秦先生、アンソニー先生同様、大西先生は僕にとって素敵なコーチ。どん底の僕を救ってくれた恩師。五輪は誰と行くべきかということを全日本選手権終了後に悩んだが、大西先生と行こうと苦渋の決断をしました。一緒にいる時間が一番長くて、今シーズンの僕を一番知っている。大西先生は五輪は2度目で経験もある。五輪は旅行じゃない。GPや全日本は失敗も成功も自己責任だけども、五輪は自己責任ではすまされない大会。誰と一番行くべきかと考えた時に、大西さんが一番いいだろうという決断をしました」
【2に続きます】
【関連記事】町田樹さん会見2「原宿での一夜が…」ー2014年1月17日
boomsports at 04:37|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

町田樹さん会見2「原宿での一夜が…」


町田さん公開練習3【1から続きます】
ー大西さんにコーチを依頼したきっかけは?
「いきなり大西先生にコーチを依頼したように見られていますけど、ノービスジュニアのころから毎回偶然か必然か分からないけれど、ジュニアグランプリで一緒に行く機会があった。初対面や接点が全く関係ではなかった。お互いのことをある程度知り合っていた仲なので頼めた」

ーいつごろ依頼したのか
「昨シーズンの全日本の大敗から今後どう取り組むべきかスケートを続けて行くかと考えた時に、基礎が自分にはまだまだ足りない、学ぶべき事柄ではないか、基礎を学ぶべきなのではないかという時に大西先生の名前が浮かんだ。昨年1月の国体で、昔からやってきた仲間の最後の演技を見たいなと思って代々木体育館に行ったんですけど、大西先生に原宿の喧騒で偶然出会った。大西先生のお弟子さんの演技を見て“素晴らしい”と伝えたら“飲みに行くぞ”と誘拐されまして、僕の思いを何時間もしゃべらせてもらった。そこからのスタートです」

ー時系列としてはアメリカから帰ってこようと思ったのが先?
「大西先生とやってみようと思ったのが先。そろそろアメリカの環境でやるのも潮時かな、限界かなというのが頭の片隅にあった。うまく大西先生に師事する決断とアメリカへの決別への思いがマッチした」

ーお酒は飲める方?
「人並みには。ビールが好きです。全日本選手権が終わるまでは絶っていました。全日本が終わってステファン(ランビエール)と飲んだのが最初のビール。幸せでした」【写真・公開練習では4回転ー3回転のジャンプを披露した町田樹さん】

ー大西先生と飲んだ時は
「気持ち悪くなるまで飲みました。路頭に迷っていて何もする気がおきない状態だった。精神的に苦しい状態でした。大西先生が話を聞いてくれて、救われたという思いもある」

ーどんな話をしましたか
「いろいろと今後どうしたいとか相談してもらって、もしよろしければ4月からサポートしていただけないでしょうかとお願いしました」

ー大西先生の指導のどんな所に惹かれる?
「命をかけてくれているところ。氷上でのサポートはさることながら、毎日ランニングで一緒に自転車で伴走してくれている。雨が降った時なんかびしょ濡れになりながら、傘をさし続けてくれたり…命がけでサポートしてくれている。五輪や世界選手権でしっかりいい演技をして、成績を出したい」
【3に続きます】
【関連記事】町田樹さん会見3「渾身のガッツポーズを」ー2014年1月17日
boomsports at 04:02|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

町田樹さん会見3「渾身のガッツポーズを」


町田さん公開練習4
【2から続きます】
ースケート人生の中で、自分で決め出したのはいつごろですか
「大学に入って、大人と言われるようになってから。自分の意志で行動しないといけない。他人から押しつけられて物事をやっても、自分にやりたいという意志がなければ意味がない。主体性が一番大事になってくると思ったので、大学に入ってからは自分で自分のことを決めて、自分の道を行くという考えを持っています」

ー自分で決めるということは、責任も出てくる
「失敗も成功も自分のせいなので楽ではありますし、大西先生がそばにいてくれて僕が間違った判断をしていると思われた場合は注意されます。自分では決めるけど、他人の意見を聞かずに自由奔放にやっていくというスタンスではない。いろんな人の意見を聞いて、最終的に自分が判断するスタンスなので、多くの人に支えてもらって、いろんな人から学ばせてもらってここまで歩んできた」

ーコーチの快諾はお酒の席で?
「じゃあやろうという話でしたが、お酒の席だったのでその場では契約はなかった。2月、3月と話を詰めていって、こういう体制ができあがった」

ー五輪に向けては?
「五輪に向けて新しい技をするとか、演技構成を変えるとかは今のところありません。メダルを狙おうと思えばミスが許されないことは分かっている。ひとつひとつの技のクオリティやその向こう側にある作品のクオリティが求められる。全てにおいて質の向上が求められるので、達成できるように毎日練習している」

ーエキシビションの白夜行は終了?
「あの時で終了です。新しいプロジェクトが進行中です。乞うご期待ということで…五輪でやるかは謎ですけど」【写真・新しいエキシビションについても話した町田樹さん】

ー火の鳥はソチ五輪を見据えていた?
「それはないです。ただ、もう1シーズン続けられるかいなかを考えた時に、来年ソチだから続けようという決断はしました」

ーソチではどんなことが楽しみ?
「ソチのリンクで渾身のガッツポーズをしていることが楽しみ。日本にいると物事に追われ日々せわしなく生活しているので、ソチに行ったら自分の時間が持てたりして、それこそもちろん自分の競技でメダルを獲るために生活しているんですけど、ソチには3週間いるので自分の時間がたくさんある。新しいプロジェクトを進行させたい。僕のスケート以外の目標とか勉強を進めたいし、スケート以外のいろんなことができるんじゃないか。自分が競技人生を終えて、スケート界に携わる人材になるのであれば、ソチという舞台は大きな経験の場。フィギュアスケート以外のトップアスリートも集まる学べる場。五輪の運営や進行の仕方など、多くのシチュエーションを観察して学んでいきたい。

ープロジェクトとは?
「何個かありますが、今はお話できません。映画や執筆活動ですか?何十年後に挑戦してみようかな…エキシビションは進行しています」
【4に続きます】
【関連記事】町田樹さん会見4「影響を受けている人は」ー2014年1月17日
boomsports at 03:37|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

町田樹さん会見5「五輪がリンクへの恩返し」


町田さん公開練習6【4から続きます】
ー読書をするようになったのはいつ頃ですか
「中学、高校くらい。この競技は移動が半端ない。最初はゲームと読書だったが、ゲームはだめだと思い、すべて売り払いました」【写真・多くの報道陣に囲まれながら会見を行う町田樹さん】

ー読書の効用はありますか
「本は自分で読んでいて自分が実体験していないにもかかわらず、本の中で経験したことになるというか、本を読めば経験したことになる。いろんなことを学べる。時と場所を選ばないので、すごく自分を成長させてくれるメディアですね。あと、字を追って紙をめくることが精神安定剤みたいになっている」

ー競技に役に立つところは
「自分のクリエイションに役立っているというか、生かされています。本からインスピレーションをもらうし、エキシビションの白夜行は、本の世界そのまま。映画化やドラマ化されたので、僕がフィギュア化しようということで取り組んだ作品。本を読んでいなければプロジェクトはなかったし、読書はクリエイティビティが上がっていく感じがする」

ーマーカーで本に線を引いたりする?
「本には自分の何かを足すということはしない主義。この表現面白いな、とかこの言い回し使えるな、というものはノートに書く。海堂尊さんの表現にあこがれます」

ーいままで最高傑作だった本は
「この作品が僕の中で一番大事というものはない。好きな作家さんの作品はすべて素敵ですね。あと…アンチ電子書籍なんで。やっぱり紙が精神安定剤。語彙力があると言われると嬉しいですけれど、おかげでよくわからないことをしゃべり出したりするし、語彙力があることイコールいいことだとは思っていない」

ー試合ごとに印象的なフレーズが出てくる
「正直、今シーズンは期待されているというか…(笑)。やばいネタないぞネタないぞ…とか。行きの飛行機でこういう演技をしてこういう発言をしようと考えたり、セルフプロデュースというかプロモーション上でのキーとしてやってきたつもりです」

ーこの臨海のリンクについては
「このリンクは支援の会や数え切れない方々のご支援のおかげで成り立っているリンク。多くの方々の思いが詰まっているし、毎日リンクで滑らせてもらっていて気が引き締まる。そういう方々の思いや支援がなければここで練習できていない。五輪に出られたのはひとつのささいな恩返しになる。ソチや世界選手権での演技で感謝の気持ちが表せると思う」
boomsports at 02:49|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年01月09日

【関大壮行会】大輔&樹 世界一の演技誓った!


高橋さん町田さん入場ソチ五輪フィギュアスケート男子日本代表に選ばれた高橋大輔さん(27=文院2)と町田樹さん(23=文5)の壮行会が8日、関西大学千里山キャンパスで行われた。

会場はホールは関大生や教職員、ファンら1000人で超満員。大学開学以来最多となる50社100人の報道陣が殺到した。午後6時、黄色い声援を浴びながら高橋さんと町田さんが入場すると、会場のボルテージが最高潮に達した。【写真・関大生やファンの黄色い声援を浴びながら入場する高橋大輔さん(右)、町田樹さん】

3回連続の五輪出場となる高橋さんは「最後の五輪、最高の演技で金メダルを持って帰れたらと思う。スケート人生最高の演技を約束する」と宣言。右足の状態については「けっこう順調です。自分的には80(パーセント)くらい」と話した。

初出場の町田さんは「最初で最後の五輪。うまくいけば僕はメダルを獲れる。火の鳥をソチで飛翔させたい」と不退転の決意を見せた。同キャンパスではフィギュア男子フリーが行われる2月15日未明、パブリック・ビューイング方式の応援会が行われる。
【関連記事】高橋さん会見1「最高の演技で金メダルを」ー2014年1月9日
boomsports at 04:46|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

高橋さん会見1「最高の演技で金メダルを」


高橋大輔さん壮行会1【壮行会あいさつ】「応援してくださった方には、全日本選手権でヒヤヒヤした場面を見せてしまった。ビッグチャンスをもらった。27になって五輪に出られると思っていなかったが、続けてこられたのも皆さんの応援のおかげ。最後の五輪、最高の演技で金メダルを持って帰れたらと思う。スケート人生最高の演技を約束する。応援よろしくお願いします」【写真・関西大学から贈られた国旗をステージ上で広げる高橋大輔さん】

ーきょうの壮行会は?
「一番最初の壮行会はまだ学生で…いまも学生なんですけど、友達もいるという中での壮行会だった。前回の壮行会は卒業していたが…後輩がいたりする中での壮行会。今回はスケート部の仲間は来ているが、ふだんあまりすれ違うことのない、知らない学生達が集まってくれた。今回の壮行会もあったかい雰囲気で、こんな若い子達も応援してくれているんだなと感じられたのが一番うれしい。3回目で一番うれしかった壮行会だった」

ー3年前の世界選手権でソチを目指すと決めてから、どんな道のりでしたか?
「やると決めてから、一瞬だったと思っている。本当にやり切れたのかどうかというところでクエスチョンは残りますけど、自分の中では精一杯やってきたつもりです。あと一カ月、覚悟を持ってやるつもりではいます。いいことも悪いこともたくさんありましたけど…何が起きても後悔がないように」

ー3年前に思い描いていた自分と比べては?
「あまりその時には思い描いていなくて、どれだけ成長できたかとか…そういうことを思っています。成長できていないかもしれないですし、ジャンプは追いついていないですけど…でもスケートはジャンプだけではない。他の部分は成長できたかなと思っています」

ー先月の一カ月はどんな経験?
「前回のケガ(前十字靱帯)の時はもうできないと思っていて、そこからリセットしたゆっくりのスタートだった。今回のようなせっぱつまった段階でのスタートは、経験したことがなかった。正直しんどい一カ月だった。今後の自分にとっていい経験になったと思うので…なんでこの時期にと思ったけど、よく変えるのも悪く変えるのも僕自身」

ー右足の状態は
「少しずつ…。もう少し時間がかかると思っていたがけっこう順調です。治ると思っていますし、気合で直します」
【2に続きます】
【関連記事】高橋さん会見2「右足の状態は80%」ー2014年1月9日

boomsports at 04:20|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

高橋さん会見2「右足の状態は80%」


高橋大輔さん壮行会2【1から続きます】
ートリノ、バンクーバーと比べて、今回の五輪はどんな感じですか
「言葉での表現が難しいですけど、覚悟を持ってというのがしっくり来る。3回目が一番重たい。特別な五輪ではあります」

ープログラムは
「微調整は考えている。一回手直しして、もう一回見てもらう…いつになるかは決まっていないのですが、プランはあります」【写真・町田樹さんとともに、応援団の激励を受ける高橋大輔さん】

ー全日本選手権後、織田信成さんとは何か言葉を交わしましたか?
「引退発表の時は“お疲れ、ありがとう”と。帰ってきてからは、普通に今まで通り。彼とは練習を一緒にしているんですが、いま調子いいんですけど(笑)。やばいな、へこむな〜と思う。練習中はあまりしゃべらないですし、終わった後彼はレッスンに行く。でも、僕も引退したらお互いゆっくり話すんだと思う」

ー足の状態を踏まえた上での練習は?
「年末はスケートを休んで…無理しすぎたので。その間はトレーニングをして、年始からは4回転の練習もしています」

ー臨海スポーツセンターが12年間の存続が提示された
「期限はあるがそれでも長い。とてもうれしく思う。スケート界にとっても変化の年。環境を整えるというのが、スケーターにとって大きなテーマだと思う。臨海は今でもたまに滑るし、リンクがなかった時の大切な場所。関西はリンクが少ない。僕というより、スケーターにとって大切な場所」

ー町田さんに言葉をかけるとしたら…
「ないくらい。精神的実力的にもありますし、場数も踏んでいる。むしろ彼らのパワーに乗っかって、がんばって引っ張ってもらいたい」

ーソチにはいつ向かう
「決まっていないですけど、治療もあるので調整しつつ、足の状態を見てから」

ー足はどれくらい回復した?
「自分的には80くらい、いっていると思う」
【関連記事】町田さん会見1「ソチは未知なるフロンティア」ー2014年1月9日
boomsports at 03:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

町田さん会見1「ソチは未知なるフロンティア」


町田樹さん壮行会1【壮行会でのあいさつ】
「盛大な壮行会を開いていただきありがとうございます。国内試合、GPと過酷でしたが、みなさんのご声援のおかげで夢の舞台に立てることができました。ソチ五輪は経験したことがない未知なるフロンティア。またとない学びの場と確信している。一世一代のチャンスをモノにできるよう頑張っていきたい。最近メディアに出させてもらうことが多くなったが、話が長いと言われる…。ソチでは演技を通じて伝えたい」

ー年末年始は
「鳥取県倉吉市の神社で、おみくじを引きました。吉でした。いいこと書いてあったんですけど、全然覚えていない。おみくじを捨てちゃったので…忘れちゃいました」

ー氷に初めて乗ったのは?
「2日です」【写真・関西大学から贈られた国旗をステージ上で披露する町田樹さん】

ー周りの反応で五輪に出るのを実感しますか?
「皆さんおめでとうと言ってくれるが、なかなか実感わいてこないです」

ー五輪で滑っているイメージは?
「ソチはGPファイナルで滑っていますけど、五輪は会場の雰囲気とか、試合運びとか、そういうのは想像できるんですが…。2月2日に行くので、自分の競技まで1週間以上ある。どんな生活が待っているのだろうとか、どんなところに滞在するのだろうとか、どんな練習が待っているんだろうかとか、ドキドキワクワクですね。未知なるフロンティアと呼んでいます」

ー間が空くのは?
「得体が知れない部分がある。GPだと2日前に来てショートやってフリーやって、帰ります〜みたいな感じですけど。今回はそういうわけにはいかない。まったく経験したことがないので恐怖心はあるが、やるしかない。新しい所にいっても動揺しないように、しっかり準備して僕ができることをやるのが人事(じんじ)なのではないかと思う」

ー全日本が終わってからは
「ゆっくり過ごしました。本当に去年は過酷だったので、シャットダウンしてました」
【2に続きます】
【関連記事】町田さん会見2「メダルは獲れる」ー2014年1月9日

boomsports at 03:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

町田さん会見2「メダルは獲れる」


町田さんあいさつ【1から続きます】
ー代表に決まってからは
「一日一日の重みを感じます。昨年の大会はGPしかり国内しかり、成功しようが失敗しようが、全部僕の責任で、過酷でしたけどそういう意味では気が楽でした。だけども五輪や世界選手権は、自己責任だけでは説明できない重みを感じる。そういう意味での責任だったり、重みは感じます」

ーメダルは意識しますか
「もちろんメダルを獲りに真剣にいきますし、うまくいければ僕は獲れると思います」【写真・ステージ上で挨拶する町田樹さん】

ーどんなところに練習の主眼を置いているか
「やっぱり試合が続いたのもあって、フリーの最後の方は勢いが減速してしまいがちだった。ソチの舞台は最初で最後。悔いの無いように、ショートもフリーも最後まで気持ちよく滑れるようにしたい。それをするためには、技を決めないとしけないし、表現も直さないといけないし、やるべきことはある。ただ、五輪だからと言って特別にこれをするとか、秘策があるとかそういうわけではない。基礎を淡々と、虎視眈々(たんたん)とメダルを狙いながら、いつもやっていることを、ソチで舞う姿をイメージしながら、もう一回しっかりやっていきたい」

ー高橋大輔選手には
「五輪の舞台を3回も経験している。彼から学ばしてもらいながら、動揺しないようにソチでしっかりやっていきたい。1週間強一緒に過ごすことは、貴重な学びの場と確信している」

ー関西大学はどういうところか
「いち学生なので偉そうなことは言えないが、つづりは違いますがユニバーシティの中の大きなシティ。都市のような大きな規模の大学で、伝統もある。いろいろな方がお世話やサポートをしてくれている。恩返しというか、最後の大きなお礼ができたら」

ーメダルはどういうところがポイントに?
「ミスがあった時点でメダルはないでしょうね。人事を尽くして天命を待つというか、自分がやるべきことをしっかりやれば」
【3に続きます】
【関連記事】町田さん会見3「火の鳥をソチで飛翔させたい」ー2014年1月9日

boomsports at 03:14|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

町田さん会見3「火の鳥をソチで飛翔させたい」


町田樹さん壮行会【2から続きます】
ー臨海スポーツセンターが、当面12年間、存続が提示されている
「マジですか?心から感謝している。いま“ソチ五輪出場おめでとう高橋大輔選手、町田樹選手”と横断幕がかかっている。毎日それを見ながら練習していて、しっかり頑張らなきゃなと思う、僕だけでなく、高橋選手も同じ。いま有望な選手が育っているので、存続が決まるのはうれしい。臨海に限った話ではなく、自分のホームであろうがなかろうが、自分ができることをするのが日本でやっているスケーターの義務だと思う」

ーソチではどう飛翔したいか
「ソチのリンクは青が基調の素敵なリンク。火の鳥の赤で、青い空をしっかりぐんぐん高みへ飛翔していくさまが描けると思う。ソチの舞台は、僕の火の鳥にとって最高の舞台。最大限飛翔させたい」

ーロシアが(テロなどで)いろいろあるが情報収集などは
「していないですね。ロシアの威信にかかわるので、しっかりやってくれるでしょう」
【写真・壮行会終了後、会見に臨む町田樹さん】
boomsports at 03:04|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年01月08日

【速報】大輔&樹 五輪壮行会に1000人殺到


国旗・高橋大輔さん世界一の演技誓った!ソチ五輪フィギュアスケート日本代表に選ばれた高橋大輔さん(27=文院2)と町田樹さん(23=文5)の壮行会が8日、関西大学千里山キャンパスで開かれた。【写真上・ステージ上で関西大学から贈られた国旗を広げる高橋大輔さん(右)、町田樹さん】

会場は学生や教職員、ファンら1000人で札止め状態に。大学史上最多となる50社約100人の報道陣が殺到した。午後6時、高橋さんと町田さんが姿を見せると、ボルテージは最高潮に達した。

高橋さんは「スケート人生最後の五輪で、金メダルを持って帰れると思う。最高の演技を約束する」と宣言。右足の状態については「80%くらいの状態。けっこう順調です」と話した。

五輪初出場の町田さんは「最初で最後の五輪。うまくいけばメダルを獲れると思う。ソチの舞台は未知なるフロンティア。恐怖心はあるが、やるしかない」と不退転の決意を見せた。【写真下・応援団に激励され拳を握る高橋大輔さん(右)、町田樹さん】
高橋さん町田さん2
boomsports at 21:34|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site