ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

五輪

2016年03月21日

関大生リオ五輪1号高野芹奈さんを800人が激励


高野芹奈さん4月から関西大学人間健康学部に進学する高野芹奈さん(たかの・せな=18)が、UAEで行われたセーリング競技(ヨット)のアジア選手権49erFX(フォーティナイナーエフエックス)級で優勝。リオデジャネイロ五輪代表に決定し、関大生のリオ五輪出場第1号となった。

関大一高で19日、激励会が開かれた。800人の在校生に送られた高野さんは「リオでは15位を目指している。ハードルが高いが、五輪までの6カ月でトレーニングを頑張って、しっかり成長して15位を勝ち取りたい」と宣言した。

49erFX級は、リオ五輪から採用された女子2人乗りの種目。所属する和歌山セーリングクラブの宮川恵子さん(29)と組んで、五輪代表の座を手にした。セーリング競技では史上最年少での出場となる。【写真上・アジア選手権のメダルを手にする高野芹奈さん 写真下・関大一高の在校生800人から激励を受けた=3月19日】

関大一中3年の秋、同じ水泳部だった同級生に誘われ、ヨットに乗った。「海上をスーッと気持ちよく走って、運命的な出会いに感じた。これがやりたいんだと直感で思った。とりこになりました」と振り返る。

父・啓司さん(51)は、元カートレーサー。ブラジル出身のF1レーサーで牴斬の貴公子瓩噺討个譴晋離▲ぅ襯肇鵝Ε札覆砲舛覆鵑如峩榮燹廚般症佞韻蕕譴拭ちなみに関大生の姉は最子(もなこ)さんだとか。

五輪を本格的に目指したのは昨年の10月。競技歴3年4カ月のスピード記録で、世界の檜舞台に立つ。「自信も根拠もないが、勢いだけはある。ブラジルはセナの故郷。運命的だなあ、と感じています」。レーサーの血を引く芹奈が、リオの海上を爆走する。
【関連記事】燃えた!東佳弘さん応援会に関大生300人-2012年8月10日
高野さん
boomsports at 12:43|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年08月10日

燃えた!東佳弘さん応援会に関大生300人


東さん応援会ロンドン五輪陸上男子1600メートルリレーに出場した東佳弘さん(21=人3)の応援会が9日、関西大学千里山キャンパスで行われ、約300人がテレビ画面を通じて大声援を送った。【写真・凛風館に集まった300人が、大画面に釘づけに=9日・千里山キャンパス】

パブリック・ビューイング式の応援会場となった凛風館は、午後7時すぎから学生の異様なテンションに包まれた。現役関大生の五輪陸上競技の出場は、1936年のベルリン五輪に出場した大島鎌吉さん(おおしま・けんきち=85年没)以来76年ぶり。歴史的快挙を共有しようと、夏季休業中のキャンパスに大学側の予想をはるかに超える学生が集結した。

予選第2組がスタートし、第3走者の東さんにバトンが渡されると、チアスティックの音が凛風館の外まで響き渡った。日本は3分3秒86のタイムで6着。予選敗退が決まると、凛風館は水を打ったように静まり返った。

テレビのインタビューで東さんの「競技場の雰囲気が違うので緊張した。初めての経験だったが、いい経験ができました」というコメントが流れると、会場から「よく頑張った」「興奮をありがとう」の声が上がり、健闘を称える拍手が巻き起こった。決勝進出を逃し、ガックリと肩を落とした一部の男子学生は「飲みに行こうか…」と夜の関大前に消えていった。


boomsports at 04:54|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site