ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

人間健康学部

2016年09月25日

高野芹奈さんが語ったリオ五輪秘話


セナさん2リオデジャネイロ五輪セーリング(ヨット)女子49erFX(フォーティーナイナーエフエックス)級に出場した高野芹奈さん(たかの・せな=18、人間健康1)は、20チーム中最下位で、メダルレースに進めなかった。一時は競技をやめる決意をするほど落ち込んだという高野さんは、悔しさをバネに2020年東京五輪出場を目指す。

リオでの悔しさが、東京へ向かう原動力となる。「もうヨットをやめようかと思った。そこまで落ち込みました」。最下位で終わった五輪舞台。上位10チームで争われるメダルレースは、観客席で迎えた。

開催国ブラジルのペアが優勝。金メダルに喜ぶ選手と観客の熱狂ぶりが、失意の高野さんを奮い立たせた。メダルは自分が獲りに行くしかない—。「その時の一体感が忘れられないんです。神様ってずるいなって」。次の目標に向かって、前を向いた瞬間だった。

日焼けした肌。男子学生にもひけをとらないたくましい体。ひと夏の経験が、高野さんを強くした。「選手ひとりひとりの顔つきから、4年間に対する思いがうかがえた。事前準備や休憩中にも感じた」と、ライバルから世界最高峰のレースに臨む覚悟を学んだ。

本番では、練習時とは違う風が吹いた。セーリングの日本選手団は、工具などの盗難被害にも遭った。「行く前は、いつも通りにすればいいと考えていた。でも普通のレースではない。こんな経験が18歳でできたことが本当に良かった」。五輪には魔物がいる。使い古された言葉を、胸に刻み込んだ。

選手村で撮った1枚の写真が宝物になった。テニスの男子シングルスで銅メダルを獲った錦織圭選手とのツーショットだ。【写真・錦織圭選手とのツーショット写真を見せる高野芹奈さん=関西大学堺キャンパス】

「錦織さんはピカンとしていました。誰も声をかけなかったんですが、自分が写真を撮ってもらったあと長蛇の列ができていました」と笑う。日本テニス界に、96年ぶりのメダルをもたらした世界的プレイヤーからパワーをもらった。

和歌山を拠点に、宮川恵子さん(30)とのペアで臨んだリオ五輪。4年後を見据え、東京で新チームを作ることを明かした。「ますますやる気になっている。東京五輪でメダルを獲得したい」と力強く語った。中3でセーリングを始め、わずか3年4カ月でオリンピアンとなった高野さん。関大での4年間で、さらに長足の進歩を遂げる。
【関連記事】リオ五輪出場高野芹奈さんに高橋大輔さんから金言-2016年7月1日
boomsports at 16:14|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年08月19日

大繁盛!関大生海の家「KUcafe」


関大生海の家2関西大学人間健康学部・安田忠典准教授(49)のゼミ生が、和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で海の家を開店した。8月15日までの1カ月間、ゼミ生41人が交代で現地に住み込み、ハワイアンスタイルの海の家「KUcafe」を運営。多い日で1日約20万円を売り上げる繁盛ぶりだった。

ファミリービーチで知られる海水浴場で、やたら店員が元気な海の家があった。イルカと泳げる海に向け、見せつけるようにはためく関西大学の幟(のぼり)。日に焼けた関大生が、威勢のいい声を出していた。

関西大学は今年1月、和歌山県、田辺市との間で地域活性化に関する連携協定を締結。同市の観光協会から、海の家の運営を委託された。「人間健康学部の学生が作る健康ロコモコ丼」「あなたのためにトロピカルカクテル作ります」…メニュー作りや調理、食材の調達や、店員のシフトまですべてゼミ生が決めた。

海の家を開くゼミも、そうないだろう。安田准教授がゼミ生に話を持ちかけると、みんな喜んだという。「一緒に生活して、ケンカして、目標に向けて一緒にやって。お互いのことを尊重できるようになれば」と、学生の奮闘ぶりに目を細める。【写真上・扇ケ浜海水浴場に開店した安田ゼミ生による海の家 写真下・看板メニューは健康ロコモコ丼=2016年8月13日】

約9万人が訪れる海水浴場。海の家には家族連れも、ナンパ目的の人も、ややこしい人も来店する。そんな中でも、トラブルなく真夏の1カ月間を完走した。店長役を任された古川泰蔵さん(22=人間健康4)は「この店に来てよかったな、関大生の接客態度はいいものだ…と思ってもらえるように心がけた。むちゃくちゃ楽しい夏を過ごせているなぁと思う」と、日焼けした肌に目をやった。

田辺市には熊野本宮大社があり、古代から多くの人が参拝に訪れていた。地元で大切に受け継がれてきたおもてなしの精神を、関大生が海の家で学び、そして実践する。安田准教授は「熊野の人はみんな楽しそうに生きている。ゼミの学生に体験してもらいたかった。値打ちありました」と、教室では決して体験できない授業の成果を感じていた。
健康ロコモコ丼













boomsports at 05:14|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年03月21日

関大生リオ五輪1号高野芹奈さんを800人が激励


高野芹奈さん4月から関西大学人間健康学部に進学する高野芹奈さん(たかの・せな=18)が、UAEで行われたセーリング競技(ヨット)のアジア選手権49erFX(フォーティナイナーエフエックス)級で優勝。リオデジャネイロ五輪代表に決定し、関大生のリオ五輪出場第1号となった。

関大一高で19日、激励会が開かれた。800人の在校生に送られた高野さんは「リオでは15位を目指している。ハードルが高いが、五輪までの6カ月でトレーニングを頑張って、しっかり成長して15位を勝ち取りたい」と宣言した。

49erFX級は、リオ五輪から採用された女子2人乗りの種目。所属する和歌山セーリングクラブの宮川恵子さん(29)と組んで、五輪代表の座を手にした。セーリング競技では史上最年少での出場となる。【写真上・アジア選手権のメダルを手にする高野芹奈さん 写真下・関大一高の在校生800人から激励を受けた=3月19日】

関大一中3年の秋、同じ水泳部だった同級生に誘われ、ヨットに乗った。「海上をスーッと気持ちよく走って、運命的な出会いに感じた。これがやりたいんだと直感で思った。とりこになりました」と振り返る。

父・啓司さん(51)は、元カートレーサー。ブラジル出身のF1レーサーで牴斬の貴公子瓩噺討个譴晋離▲ぅ襯肇鵝Ε札覆砲舛覆鵑如峩榮燹廚般症佞韻蕕譴拭ちなみに関大生の姉は最子(もなこ)さんだとか。

五輪を本格的に目指したのは昨年の10月。競技歴3年4カ月のスピード記録で、世界の檜舞台に立つ。「自信も根拠もないが、勢いだけはある。ブラジルはセナの故郷。運命的だなあ、と感じています」。レーサーの血を引く芹奈が、リオの海上を爆走する。
【関連記事】燃えた!東佳弘さん応援会に関大生300人-2012年8月10日
高野さん
boomsports at 12:43|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年01月14日

関西大学が和歌山県、田辺市と連携協定


調印式関西大学は13日、和歌山県と同県田辺市との間で、地域活性化に関する連携協定を結んだ。【写真上・調印式に臨んだ(左から)人間健康学部の安田忠典准教授、和歌山県の仁坂吉伸知事、関西大学の楠見晴重学長、田辺市の真砂充敏市長 写真下・懇談する楠見学長、仁坂知事、真砂市長(左から)】

和歌山県が進める「大学のふるさと」制度に関大が参画。教職員や学生が、田辺市の活性化や少子高齢化などの問題に取り組む。 

また、熊野本宮大社にほど近い田辺市本宮町の森林3.58ヘクタールを無償で借り受け、森を守る「企業の森」制度にも参加する。

4月から授業の一環として、関大生が同市へのインターンやボランティアを行うほか、学生が主体となって森林保全活動に関わっていく。

和歌山県庁で調印式に臨んだ楠見晴重学長(62)は「関西大学には3万人の学生がいる。地域の課題を解決して、地域に貢献したい。解決に向けて、様々な取り組みをしていきたい」とあいさつした。

同県の仁坂吉伸知事(65)も「地方のみでは人材は限られてしまう。新たなアドバイスや刺激をいただきたい。和歌山に来ていただいてどんどん活動してほしい」と関大生の活躍に期待を込めた。

田辺市では、人間健康学部の安田忠典准教授(48)が中心となって、子どものキャンプツアーや関大生が地元の祭に参加するなどの活動も。また、化学生命工学部、環境都市工学部と同市の企業が、みかんの皮から抽出した成分を利用した健康食品の開発を行っている。

安田准教授は「学童保育やビーチの活性化など、もっとお手伝いできることはないかと…。学生も講義を聞いているだけでは得られない異次元の体験ができる」と、地元の人との交流をさらに深める。

さまざまな取り組みの新たな拠点となる田辺市の真砂充敏市長(58)は「観光メニューなども提案してもらいたい。田辺市を存分に活用していただいて、大学生がいる街を目指したい」と、関大生のパワーを用いたまちづくりに挑む。
調印式2

boomsports at 03:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site