ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

早瀬万豊

2016年10月25日

【関西学生野球】自力V消滅一転…関大奇跡優勝


優勝決定関西学生野球秋季リーグの優勝決定戦が24日、わかさスタジアム京都で行われ、関大が8-3で立命大を破り、14年秋季リーグ以来4季ぶり35度目の優勝を決めた。【写真・4季ぶり35度目のリーグ優勝を決め、マウンドに駆け寄る関西大学の選手たち=わかさスタジアム京都】

奇跡が起きた。自力優勝が消え、臨んだ最終節で粘り腰を見せた。関学大との初戦こそ落としたものの、2連勝で勝ち点をもぎ取る。同大のVを消滅させた立命大とのプレーオフ。気まぐれな勝利の女神は、関大にほほえんだ。

メモリアルイヤーを、美酒で飾った。創立130周年を機に、千里山キャンパスに総工費5億円をかけた野球専用グラウンド・KAISERS BASEBALL FIELDが完成。大学トップクラスの球場が誕生した。

外野が神宮球場でも使用実績のある人工芝になり、全天候型のブルペンも整備。グラウンド整備に費やす時間が極端に減り、練習量が格段に増えた。

早瀬万豊監督(58=82年経済卒)が「これだけのグラウンドを造ってもらったからには成果が問われる。優勝しかない」と不退転の決意で臨んだリーグ戦。部員らの手で、5度宙を舞った。

レジェンドの教えも浸透した。プロ野球・阪急(現オリックス)の元投手で、阪神の1軍投手コーチなどを務めた山口高志さん(66=73年社会卒)がアドバイザリースタッフに就任。学生を指導し、後方支援した。スタンドから歓喜の瞬間を見守った山口さんは「久々に気持ちのいい大学の学歌が歌えました」と目を細めていた。

明治神宮野球大会(11月11日開幕)出場をかけ、トーナメントで関西地区第1・第2代表を決定する29日の関西地区大学野球選手権初戦で大商大と対戦する。広島東洋カープのように神っている関大が、2年ぶりの聖地を目指す。
【関連記事】千里山キャンパス新球場は甲子園&神宮仕様!-2016年8月30日
山口高志さんが関大野球部スタッフに就任-2016年4月5日
boomsports at 00:49|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年08月30日

千里山キャンパス新球場は甲子園&神宮仕様!


IMG_7728関西大学千里山キャンパスに野球専用グラウンド・KAISERS BASEBALL FIELD(カイザーズベースボールフィールド)が完成。8月25日に竣工式が行われ、硬式野球部員が同日から練習を開始した。【写真・関西大学千里山キャンパスに完成したKAISERS BASEBALL FIELD】

人工芝と内野の黒土が、夏空にまぶしく映えた。両翼95メートル、中堅118メートルは甲子園球場と同じ。外野には大学野球の聖地・神宮球場で使用実績のある人工芝が敷かれた。ブルペンは雨天でも可能に。総工費5億円をかけ、大学トップクラスの球場が誕生した。

体育の授業や、他の部と共用して使われてきた千里山北グラウンドを、創立130周年を機に改修した。楠見晴重学長(63)は始球式でマウンドに立ち「硬式野球部が、しっかり野球に取り組むことができる素晴らしいグラウンド」と周りを見渡した。

外野が人工芝になり、グラウンド整備に費やす時間が極端に減る。関西学生野球の秋季リーグ戦開幕を前に、早瀬万豊監督(はやせ・かずとよ、58=82年経済卒)は「今までよりも練習の時間や量の確保がしやすくなる。これだけのグラウンドを造ってもらったからには、成果が問われる。優勝しかない」と、新球場効果に期待した。
【関連記事】山口高志さんが関大野球部スタッフに就任-2016年4月5日
高知・安芸市営球場に関大野球部記念碑完成-2016年3月6日
IMG_7723

boomsports at 05:14|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2016年04月05日

山口高志さんが関大野球部スタッフに就任


山口高志さんメーンレジェンド母校に帰る。プロ野球・阪急(現オリックス)の元投手で、引退後は阪神の1軍投手コーチなどを務めた山口高志さん(やまぐち・たかし、65=73年社卒)が、今季から関西大学野球部のアドバイザリースタッフに就任。3季ぶりのリーグ制覇、そして神宮へ。伝説の豪腕が、学生の指導やスカウトの面で母校の野球部を支援する。

照れや遠慮はなかった。親子以上に年が離れた野球部員に対し、豪快な投球フォームを交えながら指導する。「びっくりするのは選手の多さやなぁ。昔は15人くらいやった。まだ名前と顔が一致しない」と笑いながらも、150人を超える部員に目を光らせた。

阪神投手コーチ時代には、藤川球児、岩田稔といった投手を大成させた。昨年、同球団を退団。2月、プロ野球関係者が学生野球を指導するために必要な学生野球資格を回復した。

「何年も前から犧埜紊亙豺擦廼気┐蹐茘瓩函∪菁敲の意見があった」。野球人生の集大成の場所を、関西大学のグラウンドに選んだ。【写真上・学生を指導する山口高志さん(左) 写真下・早瀬万豊監督(左)と山口高志さん=安芸市営球場】

3月上旬に行われた高知・安芸キャンプにも帯同した。いまの野球部員の上級生と下級生の仲の良さに、隔世の感があったという。

「チームワークの輪をもって制するというか、チームワークが先に来るのもいいんじゃないかな。でも、仲良し軍団になってもらっては困る。明るく、楽しく、厳しく」。厳しくの部分に、グッと力を込めた。

同部の早瀬万豊監督(はやせ・かずとよ、57=82年経済卒)は、スタッフ就任効果を期待する。「学生への刺激になると思っている。プロで41年続けられたのはとんでもないこと。言動や行動に、どれだけの重みがあるか感じて欲しい」と、山口さんの指導を見つめる。

リーグ戦ではベンチ入りこそしないが、スタンドから毎試合見守るという。「プロや社会人でやる選手もいれば、高校野球の指導者になる人もいる。しっかり指導するので、勉強して4年間で卒業して欲しい」。山口さんの指導の基には、学生や球界の未来を見据えた高い志がある。
【関連記事】高知・安芸市営球場に関大野球部記念碑完成−2016年3月7日
早瀬監督
boomsports at 03:19|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年03月07日

高知・安芸市営球場に関大野球部記念碑完成


記念碑2関西大学体育会野球部が春季キャンプを行う高知県の安芸市営球場に、同部の創部100周年と同地でのキャンプ50周年を記念するホームベースをかたどった石碑がこのほど完成した。

楠見晴重学長(62)と早瀬万豊監督(はやせ・かずとよ=57、82年経卒)、アドバイザリースタッフの山口高志さん(65=73年社卒)ら大学関係者と横山幾夫安芸市長(60)が出席した除幕式が6日、同球場で行われた。

安芸市営球場は、阪神2軍のキャンプ地としても知られている。関大野球部は阪神と同じ1965年(昭和40)から、3月上旬の10日間を南国の地で過ごしている。【写真上・記念碑を前にした関西大学楠見晴重学長(左)と横山幾夫安芸市長 写真下・早瀬万豊監督、山口高志さんら同部関係者が一同に会した】

この日の最高気温は19・6度。安芸ドームと呼ばれる屋内練習場もある。ミスタータイガースと呼ばれた同部OBの故・村山実さん(59年商卒)が阪神時代、気候の良さや施設の充実を誇る同市とかけ合い、関大の安芸キャンプが始まった。

除幕式で楠見学長は「野球部の輝かしい歴史も、安芸でキャンプさせてもらってこそ。連携を深め、野球部の発展とともに、安芸市と一緒に歩んでいきたい」とあいさつ。横山市長も「地元も関大野球部が来るのを楽しみにしている。キャンプ以外でもいろんな交流ができれば」と話した。

これまで1000人を超える野球部員が、安芸の地で汗を流した。早瀬監督は「先輩に厳しくかわいがってもらった思い出がある」。昨年まで阪神の1軍投手コーチを務めていた山口さんは「毎日狡が来るな瓩隼廚い覆ら布団に入っていた」と、青春の記念碑を見つめていた。
記念碑
boomsports at 02:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年01月26日

夢の球宴!?関大野球部100周年記念式典


岩田選手・山口コーチ関西大学体育会野球部の創部100周年を記念する式典が24日、大阪市内で行われ、同部関係者ら約550人が詰めかけた。同部は1915年(大正4)に創部。阪神投手として222勝を挙げた村山実さん(故人・59年2部商卒)や、監督として阪急ブレーブスの黄金時代を築いた上田利治さん(78=59年2部法卒)など、約1300人の卒業生を輩出した。

OB唯一の現役プロ野球選手・阪神の岩田稔投手(=06年経済卒)や山口高志投手コーチ(64=73年社卒)、大阪桐蔭高野球部を4度の全国優勝に導いた西谷浩一監督(45=93年2部経済卒)らが出席。関大北陽高OBで野球評論家の岡田彰布さん(57)も姿を見せた。【写真上・式典に出席した阪神・岩田稔投手(右)と山口高志投手コーチ 写真下・岡田彰布さんは岩田選手に「20だ!20!」】

トークショーに出席した岩田さんは「関大野球部も頑張っている。春・秋、その先も神宮に出場できるように頑張って欲しい。僕もしっかり成績を残せるように頑張る」と後輩にゲキを飛ばした。すると岡田さんから「20だ!20!」と声が。阪神元監督からの“ムチャ振り”に虎の左腕は「20勝します!」と叫び、大学関係者らに自己最高の勝ち星を公約した。

早瀬万豊監督(はやせ・かずとよ、56=82年経済卒)は「またいい報告ができるよう取り組んでいく。これからが本番だと思っている。関大はこれから100年も200年も続く大学。大会野球部として、存在感をアピールしていきたい」と気持ちを新たにした。

昨年、94年以来39季ぶりの優勝に導いた名将は、部の新スローガンを「熱くなれ」と定めた。阪神が2014年まで採用していたものと同じかけ声の下、節目の年をリーグV、全国制覇で飾る。
岡田監督
boomsports at 22:48|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年11月16日

神宮球場が紫紺一色!関大1500人大応援団


神宮球場【明治神宮大会・大学の部準々決勝】学生野球の聖地で関大パワーが結集した。関西地区第1代表の関西大学は16日、神宮球場で創価大と対戦。1死満塁から始まる延長タイブレークの10回裏、石田光宏投手(20=経済3)が創価大の1番正木健太郎内野手に右越えサヨナラ打を浴びた。

阪神投手コーチの山口高志さん(64=73年社会卒)を擁して優勝した1972年(昭和47)第3回大会以来、42年ぶりの夢舞台。約1500人の大応援団から、惜しみない声援と拍手が送られた。

延長10回表、1死満塁で始まるタイブレークで、関大は3番西田尚寛内野手(21=人間健康3)からの打順を選択したが、続く4番藤嶋宏俊外野手(21=人間健康4)とともに連続三振に倒れる。

10回裏、石田投手が創価大の先頭打者に投げた113球目は、ライトの頭上を大きく越えた。エース右腕は「最後はスライダー。しっかり投げ切れなかった。また神宮に帰ってこられるようしっかり練習したい」と唇をかんだ。

早瀬万豊監督(はやせ・かずとよ、56=82年経済卒)は「タイブレークは初めての経験。もう少し4回生にいい思いをさせたかった」と、ラスト試合になった最上級生を思いやった。

社会人野球の日本生命で3度優勝経験がある指揮官は今年1月1日の就任直後、全部員に「全国制覇」と大きく書かれた「野球部執行方針」を配った。【写真上・神宮球場の応援台に立った関西大学応援団団長の黒澤花衣さん 写真下・紫紺一色に染まった神宮球場の一塁側スタンド 】

心が動いて、体が動く、本物を目指すー。練習と試合前に一人を指名して読ませ、意識の統一を図った。95年(平成7)以来、39季ぶりの関西学生リーグVに導いた“早瀬イズム”。全国制覇の目標は成し遂げられなかったが「中身が詰まったいい試合ができた。しっかり守れたのが財産。成長したという感じです」と、就任1年目で長足の進歩をしっかり感じている。

一塁側スタンドは、紫紺一色。関大からもこの日朝、大阪を出発したバス7台250人が“弾丸ツアー”で神宮に駆けつけた。楠見晴重学長(61)は、関関同立の学長懇談会出席のあと、急きょ飛行機を使って球場入り。「野球部は、よくここまで来れた。タイブレークは紙一重。十分頑張ったと褒めてあげたい」と健闘をたたえた。

歴史ある神宮の応援台に立った関西大学応援団の女性団長・黒澤花衣さん(22=法4)は試合終了後、球場の片隅で人知れず泣いていた。「やっぱり、勝たせられなかった無念が残る。私自身、悔しさがある。応援台から、球場に駆けつけてくれた多くの人の顔が見えた。そんな関大を誇りに思うし、関大生であることも誇りです」と、声を振り絞った。羽織袴を脱ぐ黒澤さんは、関大職員に内定。来年4月からは違う形で関大生の学生生活を応援する。

池内啓三理事長(71)は、スタンドを見つめながら「卒業生も多く集まった。何しろ42年ぶりのこと。本当に素晴らしいことです」と相好を崩した。“ホーム”の創価大に比べ、数倍規模の大応援。試合には敗れたが、熱気のこもった関西大学学歌が神宮に響き渡った。
一塁側スタンド


boomsports at 22:27|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site