ブースポブログ

関西大学と関大前の情報紙「ブームスポーツ」のWEB版です。次号第12号は10月上旬に発行します!

梅田

2016年06月21日

関西大学千里山、梅田両キャンパスにスタバ出店


22大手コーヒーチェーン・スターバックスが、関西大学千里山キャンパス内に進出することが20日、分かった。同キャンパスに建設中のイノベーション創生センターに「関西大学千里山店」として9月、オープンする予定だ。

また、同月開学予定の梅田新キャンパスにもスタバが誕生する。同チェーンの大学構内への出店は東京大、筑波大、名古屋大、龍谷大、立命館大に次いで6大学目7店目(大学病院をのぞく)。すでにオープニングスタッフの募集が始まっている。

イノベーション創生センターは、総合図書館と悠久の庭間に建設中の地下1階、地上4階建の共同研究拠点。スタバは悠久の庭に面した1階に出店予定で、一般の学生も利用できる形になりそうだ。

梅田新キャンパス1階にオープンするスタバは、カフェと本屋が合体したブックカフェ形式となる。千里山、梅田両キャンパスの2店舗とも、レンタル大手TSUTAYAなどを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)がスタバとライセンス契約を結び運営する。

新通学路の建設など、130周年記念事業が進む関西大学。学内へのスタバ開店は、多くの関大生にとって一番の目玉になりそうだ。【写真・関西大学に出店することが決まったスターバックスコーヒー。千里山キャンパス内の店舗イメージ図とともに、すでにオープニングスタッフの募集が始まっている】
boomsports at 04:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年03月03日

「関大、ちらり。」ジュンク堂書店でフェア開催


出版部フェア1関西大学出版部が、梅田にある大型書店・MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店とのコラボ企画「関西大学出版部フェア」を、30日(月)まで開催している。同店5階のレジ横に特設展示コーナーを設置。関大での研究をまとめた学術図書60タイトルを販売中だ。【写真上・出版部フェアのポップを制作した社会学部の吉田真世さん(左)と堀古芙美さん 写真下・関西大学出版部の書籍60点が展示・販売されている=MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店】

氷上の哲学者・町田樹さんが「一日こもる場所」として挙げたこともある梅田の大書店。しかも人文・芸術書が並ぶ5階フロア。「財産的刑事制裁の研究」「住まいと集落が語る風土」「英語語法学をめざして」…普段なら絶対スルーするであろう本が並ぶ一角に「関大、ちらり。ー新たな学びがここにあるー」のキャッチコピーと、色とりどりの展示ポップが躍っていた。

関大の学問をちらりと見るようなキャッチコピーと、ヴィレッジヴァンガードにも負けないポップは、社会学部で消費者心理を学ぶ池内裕美ゼミの学生10人が制作した。学術図書のお堅いイメージを崩すことに苦心した堀古芙美さん(21=社3)は「同世代の人にもフェアに来て欲しい。手にとって身近に感じてもらえるように、どうしたら目をひくのか考えました」と振り返る。

60タイトルそれぞれを紹介するポップは、本の狙いやターゲットを約20文字で表している力作ぞろい。台紙は図書の分類ごとに定められている色に合わすなど、小技も効いている。吉田真世さん(21=社3)は「売場を見たときに、こんなすごいことになっているとビックリした。同じ関大生に、コーナーを見るだけでもいいので、寄ってもらいたい」と来場を呼びかけた。

60年近い歴史を誇る出版部史上初となる大型書店、そして学生とのコラボ。同部の津毛志奈子さんは「先生だけでなく、学生の協力がなければできなかった。全体で盛り上げていっている関大を垣間見てもらえたらとてもうれしい」と話す。連日午前10時〜午後10時まで。本購入の方にもれなく出版部オリジナルバッグがもらえる。
出版部フェア2

boomsports at 04:32|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年10月25日

関大が梅田にキャリアセンター、法律事務所も


_MG_7720関西大学が24日、JR大阪駅前の梅田スクエアビル13、14階にサテライト・オフィスを開設すると正式発表した。同地にはキャリアセンター、弁護士事務所「あしのは法律事務所」、心理臨床センターカウンセリングルームが併設。11月5日から本格オープンする。同ビルは阪神百貨店南側に位置し、マルビルや商業施設E-MAと隣接。ディアモール地下街と直結している。【写真上・梅田に新設されたキャリアセンター 写真下・梅田スクエアビルはJR大阪駅前の好立地=撮影・金洋秀】

各キャンパスにあるキャリアセンターを梅田にも新設することで、関大生はより効率的な就職活動を行える。関西大学は2016年8月に梅田キャンパスを開学する予定だが、池内啓三理事長(71)は「2年は待てないことや様々な要望もあって開設した。学生をしっかり支援したい」と開設意図を説明する。

就活生の新拠点は13階にあり、たたみ100畳分の広さ。就職相談や証明書の発行、資料や求人票の閲覧ができる。休憩スペースもあるほか、無線LAN、Wi-Fi、コピーサービスも完備。楠見晴重学長(61)は「就職の仕組みなどが変わるのも開設の背景にある」と、採用選考スケジュール変更に臨む学生への支援強化を強調した。

関西大学が立ち上げたあしのは法律事務所は、法科大学院の大仲士和教授(64)、尾島史賢准教授(36)が代表弁護士を務め、15人の専任弁護士が所属予定。大学が法律事務所を開くことができないため、業務委託という形になる。大仲教授は「業務の分野は一般の法律事務所と同じ。法科大学院卒業生の弁護士への実務指導や、院生に行わせる無料相談も実施する」と法科大学院の充実を図る。

キャリアセンターの開館時間は来年1月までは月〜金曜の午前10時から午後6時まで。2月以降は月〜土曜の午前10時から午後7時までとなる。
【関連記事】関大がJR大阪駅前に就活拠点、法律事務所開設−2014年10月20日
IMG_9525
boomsports at 11:31|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年10月20日

関大がJR大阪駅前に就活拠点、法律事務所開設


梅田スクエアビル関西大学がJR大阪駅前の梅田スクエアビル(大阪市北区梅田1丁目)に、キャリアセンターを新設することが20日までに大学関係者の話で分かった。同ビルは阪神百貨店や商業施設E-MA(イーマ)に隣接し、ディアモール地下街と直結。休憩場所や情報取得の場としても使える。年内の本格稼働へ準備を進めており、就活に臨む関大生には便利な新拠点になる。

また、関西大学が自ら立ち上げた弁護士法人「あしのは法律事務所」が来月にも開設。同じ場所に事務所を構える。卒業生の弁護士を雇用する方針で、法科大学院の志願者増加につなげる狙いだ。

キャリアセンターと法律事務所は、2016年8月に開学予定の梅田新キャンパスに入る計画で、梅田スクエアビルへの入居は約2年間。現在中之島図書館の別館にある関西大学中之島センターの機能を移す。同志社大や桃山学院大も、同ビルにサテライトオフィスを構えている。【写真・キャリアセンターが新設される梅田スクエアビルは、ディアモール大阪と直結】
boomsports at 08:54|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2014年07月16日

関大が梅田新キャンパス 天六は40億円で売却


新キャンパス予定地関西大学が天六キャンパスを阪急不動産に約40億円で売却し、大阪市北区鶴野町の梅田ゲートタワービル横に新拠点を開設することが16日、分かった。

キャリアセンターの新設や、千里山キャンパスにある学部・大学院の一部機能を移転する構想で、事実上の梅田キャンパスとなる。関西大学は創立130周年を迎える2016年(平成28)に、阪急電鉄が同地に竣工予定の9階建ビルを購入。梅田のど真ん中に新拠点が誕生する。

天六キャンパスは1929年(昭和4)に開学。1960年(昭和35)に工学部が千里山キャンパスに全面移転してからは、主に2部(夜間部)の授業が行われていた。1994年(平成6)に2部が千里山キャンパスに移転。2部廃止後はエクステンション・リードセンターや法科大学院の授業が行われてきたが、2009年(平成21)からはほとんど使われていなかった。

梅田ゲートタワービル横の土地は約806.57平方メートル(約244坪)で、現在は駐車場となっている。阪急梅田駅から徒歩4分の好立地で、まずは社会人向け授業の開講や、大学院臨床心理研究科を移転させる計画だ。【写真・新御堂筋やホテル阪急インターナショナルなども間近に見える関大の新拠点予定地=大阪市北区鶴野町】

関西大学広報課は、ブームスポーツの取材に「いろいろな構想があるが、学内のコンセンサスはこれから。梅田に新学部ができたり、既存の学部が移転するかどうかはあるかもしれないし、ないかもしれない。何とも言えない」と話した。

今年9月3日には、天六キャンパスでお別れイベントが行われる予定。10月には解体工事が始まる予定で、苦学生の青春を見守ってきたキャンパスはマンションに生まれ変わる。
boomsports at 17:47|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
天気

Archives
最新号

お問合せ/購読
チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site